人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: sansuke_7
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:CD CLUB DJ JASRAC アーティスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

6 ● blueheaven
●18ポイント

おそらく違法でしょう。

黙認というか、海外の権利者は日本でこのような利用がなされている事実を知らないか、知っていてもコストや手間の関係で行動に移せない状態なのではないかと思います。

国内のJASRAC等は対応していない。

というのは確かにその通りでしょうが、JASRAC等の窓口がない場合は個別のアーティストに連絡を取って許可を得て利用する必要があります。

従って、JASRAC等が対応していないというのは無断で利用してよい口実にはならず、むしろ、全く連絡を取る努力を行わなかった悪質さを物語るものです。

レディム(カラオケ)にオリジナルのリリックを載せた時点で著作権はクリア

という言い分はよく理解できません。

元の作品を利用して派生作品(derivative work)を作っているのですから、クリアどころか、派生作品についても原作品の権利者のコントロールが及び得るところです。

(ベルヌ条約二(3)、日本の著作権法28条等参照。)

現地価格の何倍もの価格で取引されている海外アーティストのレコードは、その価格の中に著作権使用料も含まれている。

これも「著作権使用料」という言葉の内容がよく分かりませんが、推測すると、複製・改変して利用することを許諾することについての対価、ということなのでしょう。

権利者から直接購入する際に交渉の結果このような使用料を含んだ値段を支払ったなどの特別の事情があれば、著作権使用料を支払ったので合法的に利用できると主張する根拠ともなるでしょうが、普通に売られているものを普通に高値で買ったというだけのことであれば、それだけを理由に著作権の問題がクリアされているとは言えません。

現地価格よりも高値である理由には、輸送量や税金、人件費、物価の違い等さまざまなものがあるでしょうから、高値であることから直ちに著作権に関して何らかの許諾があると考えることは難しいでしょう。

それにもしもこのような論理を認めてしまうと、およそ海外向けに高値で販売した場合にはその国で自由に複製・改変されてしまうことになり、妥当ではありません。


6-6件表示/6件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ