人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドイツの教育者・フレーベルさんが作ったといわれる「積み木」。 では、その「積み木」が出来る以前の子供たちは皆、どのようなモノを使って・どんな遊びをしていたのでしょうか? 何か有力な情報があったら教えて下さい!(日本における情報は結構です。)

●質問者: tooh11
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ドイツ フレー ベル 子供 教育者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● double_ka
●35ポイント

0721

http://q.hatena.ne.jp/1142941495

◎質問者からの返答

これは、どのように受け取れば宜しいのでしょうか?無回答ということですか?


2 ● rennet
●35ポイント

フレーベルさんは1782年生まれ。

ローテンブルクにあるおもちゃ博物館に展示されている人形は1780年からのもの。

少なくともお人形はあったようですね。

ドイツ おもちゃの国の物語

ドイツ おもちゃの国の物語

  • 作者: 川西 芙沙
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ローテンブルク (Rothenburg)その8 〜フランツィスカーナー教会・人形おもちゃ博物館〜

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ