人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今年の大河ドラマの主人公でもある「山内一豊」の読み方には書かれている本によって色々あります。

?やまのうちかずとよ。
?やまのうちかつとよ。
?やまうちかずとよ。
?やまうちかつとよ。

と1人の人物で4通りの読み方がされています。本当のところ、どれが正しい読み方なのでしょうか?

●質問者: takarin473
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:大河ドラマ 山内一豊
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● kyouko200
●17ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%86%85%E4%B8%80%E8%...

?やまうちかつとよ。 のようです。

「山内」「一豊」の読み というところに詳しく説明が書かれています。

『一豊の山内氏は既出の『寛政重修諸家譜』には「やまうち」とひらがなでルビがふってある。』これが決定的じゃないでしょうか。


2 ● Broadway
●17ポイント

ちょっと失礼します。

山内一豊の名前の話が載ってるWeb頁です。

昔は「濁点」を書かなかったので、

「かずとよ」を「かづとよ」

と書き写したりしている間に、

「かつとよ」

となったりする事も当たり前に考えられます。

4つの内、厳密にどれが正しい、とは決め手が無いのが現状でしょう。

ちなみに、広辞苑には「やまのうち・かずとよ」で載っていますが、

電子辞書の百科辞典マイペディアには、「やまうち・かずとよ」で載っています。

まずは御紹介まで。御役に立てれば幸いです。


3 ● pxb12663
●16ポイント

http://www.kochinews.co.jp/rensai06/050416chiyokiji01.htm

こういうサイトを見ると、どれが正しい・正しくないというのはもう結論が出そうにないですが、一般的には「やまのうちかずとよ」ではないでしょうか?

ただし、家系内では「やまうちかつとよ」と伝えられているそうですから、「やまうちかつとよ」が正解なんですかね。


4 ● TomCat
●16ポイント

http://katsutoyo.blog44.fc2.com/blog-entry-3.html

基本的に、子孫である山内家では、

「やまうちかつとよ」と書いているそうです。

このことは先日、NHKでもそう言っていましたので、

ほぼ間違いないものと思われます。

少なくとも「やまのうち」とは読まないというのが

子孫の主張なので、NHKも「やまうち」としている、

とのことでした。

「かつとよ」の「つ」については、

発音上は「ず」とされることが多いですが、

昔は文字表記上濁り点を打たないことも多々ありましたから、

基本は「つ」となるようです。


5 ● uochoco
●16ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%86%85%E4%B8%80%E8%...

「やまうちかつとよ」が正しいらしい。「の」は入らないらしい。呼名の方は、この時代、清濁を厳密に区別していなかったであろうから、仮名は「かつとよ」でも発音は「かづとよ」だったかも知れない。言語学など未発達の時代であるから、言ってる本人からして気づかぬうちに濁っていたこともありうる。四国では、比較的近年まで古い発音が残っていたそうだから、そのあたり、不明瞭だった他郷の発音を明らかにするさいに異同があったのかもしれない。戦国武将特有の「げんかつぎ」のようなこともあったかもしれない。一の訓の「かつ」が数に通じるとすれば、本来は「かず」である(cf 数ふ「かぞふ」)。しかし「勝つ」に通じるのかもしれない。よく分からない。

こちらを読むと質問者に火が点いていて面白い。

http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=1982146


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ