人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人脈を切ることについて、あなたの考え方を教えてください。

●質問者: jj_tomato
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:あなた
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

1 ● akila
●20ポイント

つい最近の事です。

私はただ一人の人間との縁を切る事にしました。しかし、その人との縁はとても深く、この十年の間に知り合った人ほとんどが共通の友人です。とても迷ったのですが、その人物につながる人脈を絶つ事にしました。

人生においては、転機がいくつか存在します。その転機が劇的なものであればあるほど、それまでの人間関係を含む自分の環境を変える事になります。重大な決意があれば、過去の人脈を断ち切る事も、必要だと考えています。

今、あなたも人脈を切るか悩まれてるのでしょうか?であれば、時には必要ですとお答えします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

それだけの決意をされたのは凄いですね。

私は現在、人脈というものをどう取り扱うべきか悩んでいる状況です。


2 ● nano327
●20ポイント

自分や相手にとって必要であれば人脈を切る事もあると思います。

利益を守るため、自立するため、新しい人脈を得るため・・・理由はさまざまです。

私は自分が自立するためと、相手へなんの感情ももてなくなったため(恋愛だけでなく普通の人間関係で憎いとも嫌いとも思えないほど無関心になった)で人との関係を断ったことがあります。

後者は友人から残酷な決断だったと言われました。

私の決断が正解なのか、間違っているのかは今でも分かりませんが、自分が生きて行くためには必要なことだと思っています。

◎質問者からの返答

興味深いですね。

自分にとって必要ということについてはなんとなくわかります。

相手にとって必要かを判断するのは難しそうです。

学生時代に同性の友人を切ったことがあります。

相手にとって私の存在が妨げになると考えたからですが、今でもその前後の自分の言動について悔やむことがあります。

自分が生きていくために必要と考えられるのは強いですね。

他の人の選択に合わせて、余りを選択するほうが全体の調和が取れるのではないかとつい考えてしまう人がいると思います。少なくとも私にはそういう傾向があります。


3 ● konoha788
●20ポイント

「人脈を切る」という言葉に違和感を覚えつつ。

昔は不安。。。

でも結婚してからは「最低一人は味方がいるから」と開き直れています。

やっぱり色んな人との縁がチャンスにつながってるのも事実だけど、不安なころはやったらめったら人と出会って、全ての縁を良い方向にもってゆこうとしてました。

遠くなってる人にもマメに連絡して、たくさんの人に執着してた感じです。

今はだいぶ心理的に切ってラクです。

必要なことがある時だけ、つながればいいし。

それは切れてるうちに入らないのかもしれないけれど、

できるだけ誠実に接しようと思うと、たくさんは疲れるので

少ない信頼できる人と関係を優先するという意味で

心の中でバッサリ切りました。

◎質問者からの返答

参考になります。

つい最近、以前に職場で知り合った女性(恋愛関係ではない人)にさっぱりと切られました。

確かに彼女にとって私と関わるメリットはないだろうし、ラクになっていてくれたらと思います。


4 ● TomCat
●20ポイント

人脈は宝ですが、それだけの重みがあるだけに、

どうしても断ち切らなければならない場合も有り得ます。

しがらみを断つために切らねばならない人脈もありますし、

恋の終わりと共に断たれる人脈もあります。

円満でない転職で断たれてしまう人脈もあります。

私もそういうことを、いくつか経験してきました。

そういう時、ああ、人はこうやって孤独になっていくのかな、

なんていう実感がひしひしと迫ってきます。

でも、時に、どうしても切らなければならない人脈、

というのはありますよね。

私はずっと以前、非常に粗暴な行為を特徴とする

人脈の中にいたことがあります。

要するに不良だったんです。

このままじゃいけないと気付いた時、

まず、その人脈を断つ必要に迫られました。

これがなかなか出来ないから、一度足を踏み外すと、

人はなかなか元に戻れないんです。

それを断って、私は完全に孤独になりました。

誰とも話の出来ない日々がしばらく続きました。

話す相手はいくらでもいるはずですが、

人脈を断ったことで、そのくらいの孤独感に苛まれたんですね。

でも、それで今の私があります。

ま、そこまでいかなくても、自分の人生を変えるため、

あるいは軌道を修正するため、あるいは自由を得るため、

様々な理由で、人脈を断つ必要が起こることはあるでしょう。

その時は、本当に自分にとって必要なことであると確信するならば、

恐れずにそうすることです。

しかし、切ってはならない人脈というものもあります。

肉親であるとか、恩師であるとか、親身にお世話くださった恩人であるとか。

自分の責任以外破局の原因のない恋人、なんていうのも、

そんな中の一つでしょう。

それでも断ち切らねばならないとするならば、

これは自分自身の人生に極めて深刻な影響を及ぼす可能性が高いと考えて、

慎重に熟慮してください。一時の感情で判断してしまうのは禁物です。

どうか、それだけご注意を。

そうでなければ、ある程度は思い切りの問題です。

本当に必要があるなら、時に決断も必要です。

◎質問者からの返答

人は孤独ですね。

そこは間違いなく強く同意できます。

そうした仲間から抜ける時、「正しい社会」的な視点からは、「目を覚ました」ということになるかもしれませんが、主観的には、仲間を見捨てる、あるいは裏切ることになると想像します。

罪悪感の重さについてはうまく想像できません。

貴重なご経験のお話をありがとうございます。

人は時に差し伸べられた手、差し出された手、あるいは待っていてくれる人を見捨てて生きていくものなのでしょうか。


5 ● kyouko200
●20ポイント

あくまでも私の意見ですが、

人脈を切るにはさまざまな理由があるでしょうが

どんな場合においても最終手段、だと思います。

良いか悪いかと聞かれれば悪い方だと思います。

どんな人でも仮にも自分と関わりがあった人と縁を切るのはもったいないです。話して聞いて話し合って、聞いてもらえないなら手紙を書くのでもいい、人脈を切らない精一杯の努力はするべきです。

それから沢山悩むべきです。時間をいっぱい使って本当に人脈を切るべきか、どうしたら人脈を切らないですむかとかを考えるべきです。仮にも悩んでいる間は、人脈は繋がっているですから。

◎質問者からの返答

興味深いですね。

そういった考え方を持ったことはありませんでした。

私は自分の利用価値には自信があるものの、人間的な価値に自信がないからかもしれませんね。

人とのつながり方について考えさせられるところはあります。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ