人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: webisu
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:お薦め エンデ ゲド戦記 シリーズ ダイアナ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

6 ● etsuya
●15ポイント

ナシスの塔の物語 (青春と文学)

ナシスの塔の物語 (青春と文学)

  • 作者: みお ちづる
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • メディア: 単行本

ファンタジーはお好きでしょうか?

「ナシスの塔の物語」は、砂漠の小さな町ナシスを舞台に主人公の少年が悩み苦しみながらも成長していく話です。

心にじんわりくる話だと思います。

◎質問者からの返答

ファンタジーは入りこめるモノとそうでないモノと

ハッキリ分かれてしまうのですが

これは入れそうです

ありがとうございます


7 ● jo_30
●30ポイント ベストアンサー

「余りファンタジーファンタジーしていないもの」

「子どもが読んでも楽しく、それでいて大人が読んでも楽しいもの」

「よく構成されているもの。しかし設定に懲りすぎてもいないもの」

……という感じでしょうか。

個人的に一押しは童話作家立原えりかさんです。言葉の美しさ、現実の延長線上に描くファンタジー。辛口でそれでいて希望的な所のある童話です。短編ですが「まぼろしの祭り」「花食いライオン」あたりは戦慄するような筆の冴えです。

おなじく戦後派の女性童話作家では、あまんきみこさん。「すずかけ通り三丁目」や『運転手の松井さん』が出てくる(必ずしもシリーズものではない)短編など、忘れられない「日常のとなりにある異世界」を描く作家です。

最後にエーリヒ・ケストナーから「小さな男の子の旅

ケストナーと言えば「エーミールと探偵たち」や「ふたりのロッテ」などが有名ですが、これは短編。彼らしい、改めて読んでもうならされる作品です。

◎質問者からの返答

沢山の推薦ありがとうございます

要約していただいた条件は、自分でも気付いていませんでした。まさしく指摘して頂いた通り!

自分の好みを再認識できました。


8 ● mmdgpc
●20ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562032057/qid=1143...

ファンタジーのジャンルが好きみたいなので。

私もほとんど読みました♪

ロアルドダ?ルのブラックなファンタジーも好きですし、エンデのような正統派作品も好きなんですね。

シリーズではない物ですと上記サイトの「仔犬のローヴァーの冒険」なんかどうですか?

指輪物語で有名なJ.R.Rトールキンの作品です。

正統派ファンタジーかな。

魔法にかかってしまったローバーが、自分を取り戻す為に冒険をするお話なのですが、トールキンが自分の子どものために書いた物なのですっきりとまとまった作品です。

《オマケ》

「ローワンと魔法の地図 リンの谷のローワン」エミリー ロッダ 著

シリーズ(?)になってしまってますが、初刊完結ですのでこれも面白いですよ。

今までにあまりなかったような少年が主人公ですので、違った視点でよめます。

◎質問者からの返答

指輪は読みましたが、この作品は知りませんでした。具体的な人に向けて書かれた作品には名作が多いですよね。

読んでみます。

ありがとうございます

「おまけ」は緊迫感のあるお話のようで

興味惹かれました


9 ● nachtzug
●20ポイント

時の旅人 (岩波少年文庫)

時の旅人 (岩波少年文庫)

  • 作者: アリソン アトリー
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

時を越えて冒険をする少女の物語です。読んでいるとイギリスの田舎の自然の美しさが眼前に広がります。私にとっては、エンデの『はてしない物語』のように、分厚いながらも途中でやめることができず、夢中で読んだ記憶があります。

よろしければアマゾンのレビューもご参照ください。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001145316/hatena-q-22


もう一冊、おすすめしたいのですがシリーズものはなし、とのことで躊躇しております。

床下の小人たち (岩波少年文庫)

床下の小人たち (岩波少年文庫)

  • 作者: メアリー ノートン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

全部で第五作まであるようですが(私は四作目まで読みました)一冊で完結しているので、この『床下の小人たち』だけでもおすすめしたいと思います。

アマゾンのリンクも貼っておきます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001140624/hatena-q-22

◎質問者からの返答

「時の旅人」は名前を聞いたことありましたが、失念していました。記憶喚起にご協力ありがとうございます

「小人たち」も確かに面白そうです・・・

小さい系統に弱いですね、私。


10 ● sokyo
●20ポイント

おはようございます。


ペギー・スー(1) 魔法の瞳をもつ少女 (角川文庫)

ペギー・スー(1) 魔法の瞳をもつ少女 (角川文庫)

  • 作者: セルジュ・ブリュソロ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫


では、『ペギー・スー』はいかがでしょうか?

フランス発のファンタジーです。ファンタジー度はやや低め。

続編がたくさん出ていますが、シリーズといえるのかはちょっと微妙かも。

それぞれの本の独立性が高めなので。


ほかには、


星兎

星兎

  • 作者: 寮 美千子
  • 出版社/メーカー: パロル舎
  • メディア: 単行本


なども。

すごく短い本です。『星の王子様』に似ている感じ。

◎質問者からの返答

二冊とも装丁に惹かれます

ジャケ買いならぬ装丁買いをしそうです

「スー」は少し怖い感じ?がありそうですね

「星兎」は正統派なシンプルデザイン。

確かに王子様と通じるところがありそうです

ありがとうございます


6-10件表示/10件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ