人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ポリ塩化ビニルを作りたい!
と考えたとき、
身の回りのもので作れますか?

作れる場合はその方法をお願いします。
作れない場合はその理由をお願いします。

●質問者: alchery
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ポリ塩化ビニル 身の回り
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● uochoco
●30ポイント

ありふれてるものをなぜ作らなきゃならないのか疑問です。塩化ビニールモノマーの生成から始めてそれを重合させたいのでしょうか。


http://www.prtr-net.jp/factsheet/data/1-077.html


塩化ビニールモノマーは沸点 -14℃ と常温で気体で、引火性・毒性があり、家庭で扱いたくない物質です。合成方法は何とおりもあるが、いずれも原料が気体なので実験しづらい。実験室的には、カーバイド(炭化カルシウム)からアセチレンを生成させ(昔の縁日のアセチレン灯)、アセチレンに塩化水素を作用させて塩化ビニールを得るのが手軽でしょう。塩化水素は便所の洗浄剤を煮れば発生しますが、薬局で塩酸を買った方が手っ取り早い。

アセチレンを用いる場合、何か触媒が必要かもしれません。水銀化合物など、毒劇物が必要かもしれません。また、原料ガスの水分を除去するために、生石灰またはシリカゲルをつめた管を通す必要があるかもしれません。この実験をしたことがないので、これ以上は分かりません。そこまでするくらいなら、塩化ビニルモノマーが販売されているのでそれを買いましょう。ただし取扱注意。

モノマーをフラスコなどの密閉器に導いて重合開始剤を添加すれば重合しますが、そのままでは性質のよい重合体が得られないので、他のモノマーと共重合させるなど、あれこれ工夫があるようです。

※家庭で実験するのは無理があるのであきらめましょう。


2 ● m1q
●40ポイント ベストアンサー

http://chemistry.bbs.thebbs.jp/1122021392/e100

こちらの892-893に同じような質疑がありますが、個人のレベルでの製造はちょっと難しそうですね(材料調達、熱処理等)。

当方製造方法には全くの門外漢ですが、日常的にさまざまな素材に接することが多く、塩ビについては以前から興味があったので便乗して調べさせていただきましたが、やはり塩化ビニルの生成時およびその後の処理方法についてが気になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ポリ塩化ビニル

ご存知の通り、塩化ビニルは「ダイオキシン」や「環境ホルモン」等で大きな社会問題となっています。論拠の真偽に諸説ありますが、現時点では一般ユース意外で扱うにはリスキーな素材のように思えます。特に廃液や製造後の廃棄物については、さすがに一般ゴミというワケにはいかず、処理コストもそれなりに派生してくることでしょう。

どのような用途でご利用になるのかがわかりませんが、改めて他の合成樹脂等で代用する可能性を探ってみてはいかがでしょうか?最近では一般ユーザーさん用に良い素材も出ていますよ。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ