人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Coomassie brilliant blue が、タンパク質と作用する詳細な原理が知りたいです。例えば、タンパク定量Bradford法では、Coomassie brilliant blue G-250が、酸性条件下、タンパク質と結合して長波長シフトするそうですが、どういった機構で、タンパク質と結合し、Coomassie brilliant blue のトリフェニル骨格の共役系が広がるのでしょうか?まず、タンパク質のどこと結合するのか、というところから知りたいです。また、Coomassie brilliant blue には、RやGといったものがありますが、2つともタンパク質作用原理は同じでしょうか?この2種は、構造的には、どう違うのでしょうか?
お願いします。

●質問者: akiral
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:Blue シフト タンパク タンパク質 作用
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん

http://72.14.203.104/search?q=cache:bwnzt4iMKpoJ:www.sanyo.c...

の115ページ右欄にそのようなことが書いてあるのかもしれません。(疎水性の変化?)

もともとは

http://www.sanyo.co.jp/giho/no77/pdf/7715.pdf

を見やすくしたものです。ってサンヨーだ!

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%82%BF%E3%83%B3%E3...

からみつけました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ