人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【横田めぐみさんは死んでいるのでは?】
北朝鮮に「拉致」された横田めぐみさんについて、政府は生存を
前提に交渉していますが、生存している、という「根拠」みたいなのが
あるのでしょうか?
私が金正日であれば、このような「生き証人」はさっさと口封じに
殺してしまいます。
なので、常識的に考えれば、「既に殺されている」と推測するのが
自然ですが。
それとも、「口封じ」ができない何らかのウラ事情が北朝鮮側にあるのでしょうか?

あるいは、本当はめぐみさんは死んでいるにもかかわらず、
「生きていて監禁されている」というフィクションを作り上げることにより
監禁罪の時効進行を停止させ、国内幇助犯の検挙をしたいため?
先日の原さん拉致事件の強制捜査のように。

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:めぐみさん ウラ フィクション 事情 北朝鮮
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 23/23件

▽最新の回答へ

[1]同感 muramatsu1988

それか役職が上のほうまでいってたりして


[2]死亡の証拠がなければ生存と推定するのが当然 TomCat

一般の誘拐被害者だって、死亡の証拠がない限り、

生存しているという前提のもとに行方を追うのが普通です。

死亡したという事実は全く確認されていない。

これが「ノンフィクション」なんです。

それ以外の予想は、全て現段階では「フィクション」です。


[3]>2 政府の対応と推測は別 itarumurayama

政府としては「生存を前提」とした行動を(ポーズとしても)取らざるを得ないと思います。

ただ、冷静に第三者的に見れば、「死亡した」と考えるのが自然じゃないか、と思えるので質問しました。

以前亀井静香氏が「多分もう殺されているんでしょうケド」とホンネ?を言ってしまって、批判されたことがありました。


[4]>1 遺骨鑑定がネーチャ誌で疑問視されている itarumurayama

ありがとうございます。

日本政府と学会の威信をかけて「遺骨は偽者だ」と鑑定しましたが、これについては英ネーチャー誌が「偽者と断定する論拠が科学的には存在しない」と疑問視しています。

「日本政府は、科学的には断定できない事実を、政治的に曲げている」と科学界では思われているようです。

http://itaru-m.hp.infoseek.co.jp/p/40-3.htm


[5]>4 たしかに証拠が少なすぎる komap2

なのに日本政府の対応があれだけ「生きている」と主張出来るのはおかしいですよね。

「死んだ」で済ませられない理由が何かあるんでしょうか?


日本国内の行方不明者は1?2年もすればほとんど捜索もしなくなるというのに、何十年も前のことをこれだけ必死に追いかける姿勢が疑問です。

日本政府も一部の国民と一緒にマスコミに踊らされてるとしか思えません。


[6]>3 言いたいこと言えない世の中 komap2

石原都知事も昔ポロッと本音出して批判されたことありましたね。

おっしゃるとおり、冷静に考えたら死んでるのに、それを言うと「人道的じゃない」なんて批判される世の中でいいんですかね。


どっちが北朝鮮的思想だかわかりませんよこれじゃ。


日本政府に何らかの裏の力が働いてるんでしょうか。


[7]>6 人道の問題と言うよりも何が確認された事実かという問題です TomCat

重大な事件について未確認の予想を口にすれば、

それは問題だと言われてしまって当然です。

それは拉致問題に限らず、あらゆる事件で同じでしょう。

ましてや、横田めぐみさんについては、

拉致時点で生存していたことは確かですし、

北朝鮮内でも生存は確認されているわけですから、

今でも生存していることが前提とされるのは当然です。

公人が何の確認もされていない風説を口にすれば、

人道以前に事実認識能力の問題として批判されることになるでしょう。


[8]>7 政治家も冷静な分析はします komap2

確認された事実のみしか口に出来ないということは無いと思います。

たしかに政治家はそういった傾向がありますけど。


被害者への配慮というか言い方の問題だと思います。

「生存の可能性は低いと思うが、捜索に全力を尽くす。」

「たぶん殺されてるんでしょうけど。」

同じ意味でも被害者に対する配慮がだいぶ違いますので。


まあそれは極端な例ですが、北朝鮮が「死んでる」と言っているのに「生きてる」と主張し続けなければいけない状況はやっぱりおかしいかなと。

「死んでるなら証拠を見せろ。証拠がないなら生きてる。北朝鮮の言うことは全部嘘だ。」

って冷静な対応とはとても思えません。


[9]>8 ちょっと違いませんか? TomCat

北朝鮮が「死んでる」と言っているのに「生きてる」と主張し続けなければいけない状況はやっぱりおかしいかなと。

これはちょっと違いませんか?

日本側は死亡したという事実が確認出来なかったという、

ごく当たり前のことを主張しているに過ぎません。

それにこれは政治問題ではなく、刑事事件なんです。

政治家が事件について私見を述べても、何の意味もありません。

政治の役割は事件解決のためにいかに国の機関と

外交能力を機能させるかであって、

事件の成り行きの噂を語ることではないはずです。


[10]>8 「殺せば文句ないだろう」 itarumurayama

>死んでるなら証拠を見せろ。証拠がないなら生きてる。

>北朝鮮の言うことは全部嘘だ。

これ、言い方としては最悪です。

この発言を逆手に取られて、「生きているめぐみさんを殺して」

遺骨を証拠提出することだって考えられる。

日本の原則論一本槍戦略(戦略ですらないが)は、北朝鮮側が「じゃあ横田めぐみさんを殺せば文句ないだろう!」と開き直りに追い込む、最悪の方法じゃないですか?


[11]>10 それは逆でしょう TomCat

北朝鮮は公式に拉致を認めているんです。

もし不法に拉致された被害者が帰国出来ずに死亡していたりしたら、

それこそ責任問題だけじゃ済まなくなります。

いくら日本と考え方の違う国でも、そのくらいのことは分かるはずです。

向こうの外務当局だって、そのくらいの事情には精通しているはずですから。

したがって、本来であれば、たとえ死亡していたとしても、

生きていると言い張るのが当然です。

なのになぜ自国が不利になる死亡説を持ち出して来たのか。

そちらの方にこそ裏があると疑うべきでしょう。

予測で物を語るなら、めぐみさんは生きている。

そして帰国させられない何かの重大な事情がある。

そう考えることが自然だと、私は思います。


[12]>9 政府としての対応も噂の範疇かと。 komap2

>>日本側は死亡したという事実が確認出来なかったという、

>>ごく当たり前のことを主張しているに過ぎません。

そうでしょうか?

「死亡した事実が確認出来なかった」という主張ならわかりますが、「経済制裁も考える」とまで日本政府として発言してるんですよ。

どう考えてもこれは「生きてることがわかってるんだからさっさと出せ」と言わんばかりの意見ですよね。


それこそ噂の範疇でしか無いと思うんですが。


[13]>11 矛盾してますよ komap2

>>もし不法に拉致された被害者が帰国出来ずに死亡していたりしたら、

いやいや、この30年間で1人も死んでなかったら逆に不自然すぎますよ。

それこそ北朝鮮はそれぐらいわかってるでしょう。

北朝鮮は横田めぐみさん以外にも5人ほど死亡してると言ってますが、そこまで疑わしい内容かどうかに疑問が。


遺骨が偽物だったことが一番の原因のような気がしますが、普通に考えて北朝鮮の体制で拉致した人間の遺骨を何年も取っておくわけないですよね。

遺骨なんてどうせ見てもわからないからとりあえず偽物渡せば多少は穏やかになるだろうと思って渡してきたんだとしか思えませんが。

そのせいで深読みしすぎる人が増えて「生きてる」と勘違いさせたような。



>>なのになぜ自国が不利になる死亡説を持ち出して来たのか。

>>そして帰国させられない何かの重大な事情がある。

その事情が予想もつかないのに、北朝鮮はあえて不利になる死亡説を持ち出してきたとどうして言えるのでしょうか?

一般的に考えたら自国が不利になる死亡説は使ってないと考えるのが自然ですよね。


「何かわからないけど、何かあるに違いない」ってのは自然な考えとはほど遠いですよ。


[14]>12 私も政府の対応には大いに疑問を持っています TomCat

「死亡した事実が確認出来なかった」という主張ならわかりますが、「経済制裁も考える」とまで日本政府として発言してるんですよ。

私もここに、逆の意味で政府の対応に大きな疑問を感じています。

実は政府は生存を信じていない、という姿勢を感じてしまうんです。

だって、拉致されてるんですよ。捕らわれてるんです。

人質に取られてるんですよ。

人質の安全を考えることが何をおいても重要じゃないですか。

なのに、人質の安全を脅かすようなことばかり。

何かと言えば国家間摩擦を起こして、

むしろ何かを挑発しているようにすら受け止められてしまいます。

どっかの官房長官なんか、もうただの嫌北的な視点でしか

物を言わない感すらあります。

生存を前提にその救出を第一とするならば、

もっと慎重な外交姿勢があってしかるべきと考えます。


[15]>13 予測で物を言うならそういう視点もあると言うことです TomCat

どちらも予測。

全く事実としては確認されていないことなのですから、

ご説の通り私の上の仮定が矛盾しているとすれば、

それと同じレベルで死亡説も否定されるべきものだ、

ということです。


[16]>15 いやいや、自然な考えとしてはそうではないでしょう komap2

予測は予測ですが、一般的な見解の問題です。


さきほど書いたように死亡説は理論的に言って可能性の高い説です。

拉致されて30年間1人も死んでないのは北朝鮮の体制、経済状況からも不自然なのですから。

いくら日本人は寿命が長いとはいえ、それは衣食住や医療が安定してる状況での話で、そうではないところならせいぜい50歳ぐらいです。

江戸時代の寿命は40歳ぐらいだったと聞きますし。


もちろんそういう視点で考えることも出来るとは思いますが、死亡説か生存説かで冷静な判断を問われた時、生存説が有力と言い切る根拠よりも死亡説が有力と言える根拠のほうが圧倒的に多い状況です。


「生存してて欲しい」ならわかるんですが、この状況下で「生存してる可能性が高い」を選ぶには疑問があるということです。


[17]>16 全ての予測はそれを事実と混同した時点で不自然な物となりませんか? TomCat

予測で物を語ったら、何が真実に合致しているかなんて判断出来ません。

主観から発する予測を主観で自然不自然と評価していったら、

もう話は果てしなく現実から離れてしまいます。

こうした出来事の判断基準には、

ただ確認されている事実のみを採用することが大切です。

もちろん私も、自分が書いたからといって、

単なる例示の予測などに固執はしません。

むしろ不確かな主観を基準とした予測を疑問視する意見にこそ賛成です。


[18]>17 事実を証明するのは困難です。 komap2

日本政府の対応は「予測を事実」として決めつけたものだと思うんです。


>>ただ確認されている事実のみを採用することが大切です。

しかしながら、何事においても「過去の事実を確認する」ということは非常に難しいです。

過去の出来事を証明するのは簡単なことではありません。

通常の刑事事件でもそうですが、証拠をどれだけ集めても、推測の域から脱することはありません。

あくまでも、「どの程度信頼性があるか」だけです。

それを調べるのは我々一般人では無理ですので、国がするしかありません。

その国が「これは事実だ。」と言っているのですから、国民に対してその証明をする必要があると思います。

ところが、現在その証明が示されていません。


これでは、ただ事実だと国民に教える北朝鮮の体制と変わらないと思います。


[19]>14 一人の人質が大量の犠牲者を生みます。 komap2

>>人質の安全を考えることが何をおいても重要じゃないですか。


ちょっとこの辺で国際社会との意識の差があるかもしれません。


何よりも人質の安全。普通の社会ではそうなんですよ。

しかし対テロリストの場合はちょっと違います。


国際的に「国家はテロに屈しない」という決まり事があります。


イラクで人質取られた時も、強気な姿勢で望んで一人殺されましたよね。

ただ、これは別に「人質が死んでもいい」と思ってるわけではないんです。

テロリストに対して少しでも弱みを見せれば、その国家はあらゆるテロの標的となります。

だから例え大統領が人質になっても、強気の姿勢は崩さない。

大量の犠牲を出さないために国家が取る態度。


これが国際社会の感覚です。

今までの例から、慎重な姿勢で人質を助けるのが難しいことを知っているのです。


北朝鮮に対してはテロリストと同じ扱いです。

一応国家として機能している以上、声を出して「北朝鮮はテロリストだ」とは言えないでしょうが、ただひたすら相手の要求を飲んだり時間稼ぎをしてるようではテロに屈してるのと同じことです。


[20]100ptに変更できません・・ itarumurayama

盛り上がっているので50Pt→100ptに変更しようとしたのですが、うまく行きません。

このまま行くとあと数件のレスで完了しそうです。

その場合はまた続スレッドを立てます。

しかし、ゲーム・ネタでない「いわし」で、ここまでポイント消化するのは初めてじゃないでしょうか?

1対1の論争になって階層が深くなれば、自然とポイントは消化されるということでしょう。


[21]>20 ちょうどいいですね komap2

たしかにまともなネタでこれほど早く消費するのは珍しいですよね。

ほとんど2人で消費したような感じになってしまいましたが(笑


ただ、討論としてはちょうどいい頃合いですし、同じ内容で新しく立ててもたぶん続かないと思いますので、次は違う内容で立てたほうがいいかもしれません。


質問者さん、TomCatさん有意義な場をどうもありがとうございました。


[22]>19 結局仮想敵国叩きには死亡説が都合がいいと TomCat

まあ、タイトルはちょっと辛辣な言い方ですが、

要は拉致被害者救済は二の次であるということですね。

そういう主張なら理由としては納得出来ます。

賛同はしませんが、お考えの根拠は理解出来ます。


[23]>18 だから確認されたことだけを当面の判断基準とすることが大切なんです TomCat

どれだけ推測を並べてみても、

死亡が確認されていないということだけは

明らかな確認事項です。

とすれば推定生存として対応していくのが当然です。

これに対して元々生存が確認されていた人に対して

「その後の生存が確認されていないから推定死亡」

とする考え方は、推定が入りすぎです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ