人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゲーム理論を用いて、公益通報者保護法の影響を分析してください。
内部告発を推進するこの法律は、組織に対して個人が牽制するという対立関係が起こります。この対立関係が起こるメカニズムとその影響をゲーム理論を使って説明してください。

公益通報者保護法のニュースを聞いてブログにエントリーを書いたのですが、この組織と個人との間の関係がゲーム理論で記述できるのではと思いました。
http://www.dlareme.org/archives/000176.html

私は、以前ゲーム理論に興味を持ったが勉強しなかった人です。

●質問者: tmoriya
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:はと エントリー ゲーム理論 ニュース メカニズム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

[1]利得の変化 tonarino-shiba

公益通報者保護法をよく知らないのですが。

●告発者の利益の保護 ?〉告発の可能性の増大

●告発の妨害に対する規制 ?〉妨害の効用の低下

この法案の有用性は、

?告発者の利得が負から正になっているか

?告発に対する妨害の効用が正から負になっているか

?確立を考慮に入れた上で不正の利得が正から負になっているか

で、決まります。

しこしゲーム理論をかじってみて利得行列を描いたらどうですか?(関係者の利害の一覧表のこと)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ