人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

休学のため、現役(22歳で大学卒)より3年遅れになった場合は、2年遅れの場合と比べて就職(新卒)は急に厳しくなる、不利になると聞きます。
実際に、2年遅れまでなら受けられるが3年遅れになると受けられない(つまり年齢制限が25歳未満)という企業の割合はどれくらいですか?

また、表向きには年齢制限がない(あるいは制限がゆるい)募集条件のため、
応募自体はできても、実際にはその後の面接や書類審査で、年齢が高いことを理由に落としているところもあると聞きました。
そのような企業も含めると、3年遅れ(25歳)は2年遅れに比べてどの程度採用されにくいのですか?

これついての解説やデータなどが載っているページを紹介してほしいですが、
回答者様が詳しく回答をしてくださる場合は、ダミーアドレスでもOKです。

●質問者: z2z2z2z
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:アドレス ダミー データ 企業 回答者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●16ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

上場企業の場合は殆ど外しますね。

そもそも理由が不明確で何年もずるずるしているという印章が強く感じられるためです。一般サラリーマンは、直面する課題を解決して給与を貰っているというのが常識です。このため、理由もなく何年も足踏みをしている人間は、直面する問題を解決する能力がないと判断されるからです。

例えば海外にワーキングホリデーで2年間留学していたとか、何かしら前向きな理由がある場合は、考慮されますが、浪人・留年の場合は言語道断という感じですね。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

浪人・留年ではなく、はっきりとした理由があって休学した場合に、就職への影響について

2年遅れと3年遅れとではどのくらい

差があるのかが知りたいです。


2 ● にしk
●16ポイント

年齢制限は理由を示さない限りできないことになっているので、タテマエ上はどこの会社も新卒の年齢制限は書きません。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/dl/le...

一般論としては著しく不利です(書類で落とされる確率が高い)ので

まず書類で落とされない工夫をしましょう。

・応募書類に「なぜ3年も休学したのか」を詳しく書く

病気などの休学なら、療養中にどのような人生経験を積んだか書く

その他に理由があるなら、その内容と経験を書く

面接まで行けば、ある意味有利もあります。質問内容が休学期間に集中することは明らかなので、ヤマが張りやすい。

一浪+院卒だと思えば年齢的にはまだ若いので、院卒に相当するポテンシャルがあることを納得させられればこっちのものです。

◎質問者からの返答

なるほど、建前上はどこの会社も年齢制限を書けないということは、

どこの会社も受けること自体はできるんですね。

ただ、その後に書類で落とされる可能性が高い。

書類で落とされない工夫や面接のことなど、とても参考になりました!

院卒に相当するポテンシャル・・・・なかなか難しいですね。

よく2年までの遅れならそれほど不利にならないが、

3年となると厳しくなると聞きますが、その差についてはどうでしょうか?


3 ● merida
●16ポイント

下記は国家公務員の受験資格年齢です。大卒者を対象とした資格は25歳でもOKなものが多いですね。

http://www.lec-jp.com/koumuin/age/ncs_class1/index.shtml


民間企業についてはまとめたページが見つからなかったので、私の勤めている会社の場合を述べさせてもらいますが、3年遅れは2年遅れに比べて急に就職が難しくなるといったことは聞いたことがありません。

何年遅れたかということよりも、その遅れた期間に何をしていたかということをきちんと説明できていれば面接・書類審査はパスすると思います。

◎質問者からの返答

国家公務員の受験資格年齢、参考になりました。

民間企業のデータがあればいいのですが、回答者様の会社の例も

参考になりました。2年まではあまり問題ないが

3年遅れると就職が厳しいと聞いたのでその点が気になっているのですが、

3年と2年では特に差はないということですね。

ありがとうございます。


4 ● sarumonkey
●16ポイント

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/10/s1031-4k.html

H14年のデータですが、一番下の新卒者と、既卒者(卒業後3年以内の第2新卒者)の採用比率をみると、新卒94.6%に対し、既卒4.8%と厳しい数字になります。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/07/dl/s0705-10a05.pdf

また、既卒者の採用条件も、新卒と同等に考えてくれるところは、減り、「資格」や「職務経験」など中途採用者と同じ査定条件で審査されるケースが増え、条件は厳しくなります。

1の方の回答どおり、大手企業ならなおのこと、何年遅れか?ではなく、どのような理由でずれたのか?を気にすると思われます。

「単位が足りなかった」「心身の病気療養ななどの理由」といった原因の場合、ビジネスパーソンとしての資質に不安をもたれて、不採用になる要因は増えると思います。

当然、本質的な実力を重視する会社も多くなっていますので、学科試験で好成績で、かつ面接試験で、納得感のある「遅れた理由」が説明できれば、採用の可能性もあるとは思いますが、大手ほど、「独特な経歴」は不利になりやすいとは思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ既卒者と新卒者の比較ではなく、

休学によって卒業が2年遅れた場合と3年遅れた場合(つまりどちらも新卒)について知りたいです。

2年か3年かであまり差はなく、遅れた年数よりも

理由が重要になる、ということですね。また、

大手企業ほど不利になるのですね。


5 ● Guadagnini
●15ポイント

昨今、理由無くフリーターや派遣の道を選ぶ学生さんも多いのに、正規就職を目指される事はとても意義深いと思います。

http://www.gazobbs.net/test/read.php/titech/2476/l50

このような掲示板がありました。3留卒業生の就職先の一部が具体的に出ていました。


また、今までのご回答者もご指摘のように

1.何のために休学したのか

2.休学の結果、自分のスキルとして具体的に何を得たのか

が他人に一目瞭然であれば、問題は無いと感じます。具体的には、今後の在学期間内に何かの資格を得ることが重要かと思います。就職に有利な資格は文系・理系で大きく異なりますし、ご専攻の学科にもよるでしょう。

差しさわりのない程度に、そのへんをご開示なされば、さらに有益な情報が集まるのではないでしょうか。


どのようなご事情があったにせよ、今後のご健闘を心よりお祈り致しております。天は自ら助くる人を助く、です。

◎質問者からの返答

掲示板、参考になりました。ありがとうございます。

やはり休学の理由や、休学期間・在学期間で何を得たかが重要なんですね。

在学中に突然病気になって2年間休学し、現在体調は良くなってきましたが

もう1年休学するかどうか悩んでいます。2年までの遅れは就職にそれほど影響ないが3年となると厳しくなると聞いたので、休学するかどうかを

決めるにあたって2年と3年の違いが気になっています。

励ましの言葉、どうもありがとうございます。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ