人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「言霊」って何ですか?できれば短い文章で明確な定義を示してください。条件付きの「何々の場合の言霊はこうである」というのも歓迎です。

●質問者: akamata
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:定義 言霊
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 22/22件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●5ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E9%9C%8A

◎質問者からの返答

ありがとうございます。拝読いたしました。

上記サイトには「言霊(ことだま、ことたま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと」とありました。

「霊的な力」が「言葉に宿る」とはどういうことなのか,正確な意味がとりにくい表現ですが,とても参考になりました。


2 ● onihsan
●1ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E9%9C%8A

言葉に宿る霊的な力の事

◎質問者からの返答

ありがとうございます。KairuaAruikaさんと同じサイトですね。

うーん,「霊的な力」。「言葉に宿る」。

うーん,「言葉」のどこに宿るんだろう。謎がつきません。


3 ● Asuca
●6ポイント

愛の言霊 〜Spiritual Message〜

愛の言霊 〜Spiritual Message〜

  • アーティスト: サザンオールスターズ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005-06-25
  • メディア: CD

♪愛の言霊

(Spiritual Message)

作詞 桑田 佳祐

作曲 桑田 佳祐

サザンオールスターズ

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

宴はヤーレンソーラン

呑めど What's Cha Cha

閻魔堂は 闇や 宵や宵や

新盆にゃ丸い丸い月も酔っちゃって

由比ヶ浜 鍵屋 たまや

童っぱラッパ 忘れ得ぬ父よ母よ

浮き世の侘しさよ

童っぱラッパ 名も無い花のために

カゴメやカゴメ 時間よ止まれ

エンヤコーラ!!

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

縁はヤーレンソーラン

千代に What's Cha Cha

釈迦堂も 闇や 宵や宵や

鳶が湘南浪漫 風に舞っちゃって

縁の先ゃ 黄泉の国や

童っぱラッパ戦過 う人の

涙か蝉しぐれ

童っぱラッパ 祭り囃子が聴こえる

遊べよ遊べ ここに幸あれ

エンヤコーラ!!

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

THE MESSAGE FROM T.C.

IT SOUNDS LIKE AN M.C.

THE MESSAGE FROM T.C.

COME-A COOL RAP TO ME

(Dubadiba...)

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

禮!...

幾千億年前の星の光が

人の世の運命を僕に告げるの

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

過去に多くの人が 愚かな者が

幾千億年の星の光見て

戦をしたり 罪犯したなら

ぼくもまたそれを繰り返すのか

生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話

夏の旋律は 愛の言霊

今は滅びた星の光なのに

見つめるままに 夢に見るたびに

涙ぐむのはなぜなのか

そして僕はどこから来たのか

この魂は誰のものなのか

Yeah, Yeah, Yeah

(生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話)

(夏の旋律は 愛の言霊)

(生まれく叙情詩とは 蒼き星の挿話)

http://www1.ocn.ne.jp/~naka222/index2000245.html

意味不明です

◎質問者からの返答

うーん確かにこれでは意味はよく分からないですね。

ただ,これは想像でしかありませんが,歌うという行為を職業にしておられる方は,いわゆる「言霊」についてちょっと敏感なのかもしれませんね。

ともかく,ありがとうございました。今度CDも聴いてみます。


4 ● TomCat
●20ポイント

人に体と霊があるように、言葉の波動にも物理的な要素と霊的な要素がある、

と考えるのが「言霊」の基本的な考え方です。

太古、神は言葉の波動を使って様々なことを成したと言われます。

人の発する言葉にも霊魂が宿り、それが霊的に様々な影響を与えると考えます。

言霊による意味の解釈は、あいうえお一音一音にも与えられ、

またひとつのつながった語にも与えられます。

たとえば「あ」には、たしか50何通りの解釈があり、

「い」にもほぼ同様の多様な解釈があったと思いますが、

これが「あい」となると、あ=天、い=心・意志、

といった解釈になって、愛とはすなわち天の意志である、

などと説明されることになってくるようです。

「はてな」を言霊的に解釈すると、

は=強く広がる、て=完成する、な=成就する、

ということで、とても成長力のある良い言霊のようです。

◎質問者からの返答

なるほど。「言霊による意味の解釈」は興味深いです。

記号自体にあらかじめ意味が付加されているわけですね。

「緑黄赤」で,

緑=進んでも良い,黄=安全に停止できない場合以外は止まれ,赤=止まれ,

みたいなものでしょうか。

なんにせよ,「言霊」理解には「言葉の波動」に含まれる「霊的な要素」というのがキーのようです。

ありがとうございました。


5 ● えふよこ
●5ポイント

http://www2u.biglobe.ne.jp/~siren/sub/es08.htm


大辞林を引いてみると、

言葉にあると信じられた呪力

とあります。

もう少し噛み砕いて考えてみると、

(口に出して)言葉にしたことが、

(直接関係がないにもかかわらず)実生活におこってしまうことがある。

その言葉のもつ影響力や説明しがたい力のことを「言霊」といいます。


例)

「明日は雨が降るかも」→明日雨が降る

受験生に対する「すべる、おちる」→実際に試験に失敗


昔、山岸凉子さんという漫画家の「ブルー・ロージス」という作品を読みました。

その中で、主人公の幼少期にこんなエピソードがあります。

主人公は母親から、来客にお茶を出すように頼まれます。

そのときに「お茶碗を割らないようにね」と言われます。

主人公は「わっちゃだめ、わっちゃだめ」と気をつけるのですが

結局割ってしまいます。

母親から言われたことによって、過度に注意が働いてしまい

逆にその言葉に縛られてしまったんだ、と作品中で主人公が語っています。

ここに働いた言葉の力が「言霊」ではないかと。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

実は私がこのような質問をいたしましたのは,この山岸さんの漫画のようなことを知人に聞かされたからです。

私はそのときこう思いました。それは「言霊」が原因ではなく,「言葉」を受け取ったときに湧き上がった「感情」が問題じゃないのかな?と。

山岸さんの漫画でいうと,「お茶碗を割らないようにね」という「言葉」から「わっちゃだめ、わっちゃだめ」という心境が作り出されたわけですが,これは受け手次第で変わるものでしょう?と思ったわけです。

このようなものに対してまで「霊的な力」(別の解答者さんの言葉を混同するようで申し訳ありません)が云々としはじめると,なんでも「言霊」で済ませてしまえる気がします。

あ,「言葉」の中の「感情」を湧き上がらせる何かが「言霊」ってことなのかな?

長々と返信してしまいすいません。


1-5件表示/22件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ