人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

すでに単行本化されているマンガで、あなたの好きなシーンをお教え下さい。実際に読みたいと思いますので、ご回答の際は以下の項目を全てご記入頂きます様お願いします。

1.マンガのタイトル名と作家名
2.あらすじ
3.好きなシーンの巻数とそのページ(できれば最も重要なシーンを1ページだけ、がいいのですが、複数でなければ意味がわからないとお考えの場合は5ページ以内でお願いします)
4.ジャンルは問いませんが、いわゆる「成人もの」はご遠慮下さい。

なお、マンガは日本語が使われているもので、絶版になっていないものをお願いします。(「はまぞう」を使ってご紹介頂けると大変助かりますが、必須ではありません。)

●質問者: Guadagnini
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:あなた いもの はまぞう ジャンル タイトル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 24/24件

▽最新の回答へ

[1]空に羽が・・・ etsuya

暁の歌-藤田和日郎短編集 2 (2)


1.「空に羽が・・・」藤田和日郎・作

2.恐怖の女王が支配する世界で、皆に邪険にされながらも独り立ち向かおうとする男の話です。

3.短編集『暁の歌』の88ページ目、傷だらけの主人公がそれでも戦う理由に胸がいっぱいになりました。

4.ジャンルはファンタジーでしょうか、異世界の話です。


こんな感じでよろしかったでしょうか?


[2]少女マンガ界でも屈指のラストと言われている。 itarumurayama

http://item.furima.rakuten.co.jp/item/55821891/

吉田秋生・BANANA FISHの最終シーン。

(文庫版では第11巻、通常版では第19巻)

説明が長くなりますが、アッシュが「殺されてかけているのに」

真の友人・英二の手紙により「安らかな気持ちで」世を去るシーンです。

これはファンの間でも論争になりましたね。

中には「アッシュは死んでいない」として同人誌に続編マンガを描く

アッシュ・フリークもいました。


[3]>2 吉田秋生のYASHAも途中まで読んだのですが itarumurayama

結婚して金欠になって買えなくなった。

あの中で永江十市(弟)に永江茂市(兄・医師)が遺言で語っているシーンが印象的。

何巻か忘れましたが。

ナゾの殺人ウイルスで確実に死に至る茂市が、十市に対して

「何があっても(主人公の)「静」を支えろ」と

遺言しています。

「YASHA」は、遺伝子操作で出来た「超人類」双子の兄弟、静と凛の相克物語。

凛はナチス張りの「劣性人類抹殺計画」を推進

(それは自分たちモンスターを生み出したホモサピエンスへの復讐でもある)し、

それに対して静はその計画の阻止のために戦う。

しかし、静が時折垣間見せる「超人類」ぶりに、幼馴染の茂市は

不安を感じていた。

これに対して、「静と凛は地球上で2人しかいないネオ・サピエンスであり、

その孤独感、連帯感をわかってやってくれ」と遺言するのが茂市です。

十市もこれで吹っ切れて、静の孤独な戦いに協力すれうことになりました・・・

って、こんな文章じゃ下手過ぎて全然伝わらない。

これは1巻から是非とも読んでほしい。


[4]プラネテス Motamota

プラネテス (1)

プラネテス (1)

  • 作者: 幸村 誠
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: コミック


「プラネテス」 第1巻 幸村誠


第1話「屑星の空」 P.29

妻を事故で亡くした宇宙飛行士ユーリが、6年後に見たもの。


第2話「地球外少女」 P.88

宇宙に愛されなかった老宇宙飛行士と、宇宙で生まれ育った少女。

彼女の「海」へ駆けて行く少女。


[5]>4 ありがとうございます。 Guadagnini

ジャンルはSFでしょうか。面白そうですね。


[6]>2 ありがとうございます。 Guadagnini

このマンガのタイトルは知っていますが、読んだことがありません。そんなに有名なのですか、それは知りませんでした。

YASHAのほうも、ありがとうございました。


[7]>1 ありがとうございます。 Guadagnini

はい、そんな感じで満足です。

恐怖の女王...女という存在そのものが恐怖だと思うのですが、どんなもんでしょうか。その女王って。怖そうですね。ジャンル解説が無ければホラーかと思いそうです。


[8]燃えよペン osara

燃えよペン

燃えよペン

2:東京の炎プロダクション、ここで1人の熱血漫画家が城を築き命がけで作品に取り組んでいた。

漫画家、炎尾燃!月刊連載3本!どこにでもいるごくありふれた漫画家の1人である。

今回はその一部をつまんで紹介させてもらう事によって、君も漫画家の熱い血潮を感じてほしい!!全ての漫画家がこうだと思ってもらいたい!

(本編4ページ目参照)

とにかく熱い熱い男の話です。

3:メディアファクトリー版では200?202ページ。

他のバージョンでは解りませんが、11話「完全無欠計画編」の8?10ページ目あたりです。

私が仕事やプライベートやなんやで追い詰められた時、良くも悪くも心の励みにしています。

というか島本先生の漫画に出てくる格言はどれも熱く熱く、直球ストレートで、心が弱っている時に読むと滅茶苦茶ガツンと響き、また明日を頑張るぞ!という気分にさせてくれます。

あと「吼えよペン」という続編もありますが、そちらもオススメです。


[9]1.らいか・デイズ(むんこ) ha0

らいか・デイズ 2 (2)

らいか・デイズ 2 (2)

  • 作者: むんこ
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2005/10/03
  • メディア: コミック

2.6年2組 児童会会長・春菜来華の日常。

3.2巻77ページ。

4.四コママンガ。

谷内六郎さんの絵のような世界を描ける漫画家さんです。


[10]わずかいっちょまえ syaki

わずかいっちょまえ

わずかいっちょまえ

<<あらすじ>>

死んでしまった犬の【マッハ号】が、女神の力で1年だけ下界に帰ってきた。

飼い主の和好(わずか)ちゃんは母子家庭でその母親も仕事ばかり。

幼馴染の太一にいじめられたり、新任の先生に淡い恋を抱いたり・・・

そんな和好ちゃんをマッハ号は影ながら見守るが。


作者は「名作物(ハイジやフランダースの犬のような、社会に翻弄される子供たちの物語)」を意識して描いており、

全1巻(8話)という長さに綺麗に収まっていると思います。

正義が勝って全てがハッピーエンド、ということは有りませんが、希望のある終わり方です。


好きな場面はP192のマッハ号が天に還るシーン。




この物語、幽霊犬であるマッハ号が、一番現実的な考え方をする大人です。


[11]>8 ありがとうございます。 Guadagnini

マンガの編集者を描いた『編集王』は読んだことがありますが、マンガ家を描いたマンガはまだ読んだことがありません。面白そうですね。


[12]>9 ありがとうございます。 Guadagnini

谷内六郎さん、好きでした。面白そうですね。


[13]>10 ありがとうございます。 Guadagnini

フランダースの犬路線ですか!最終回は涙で見れませんでした。涙腺が異様に弱いのですが、そんな私でも読みきれるか不安です。


[14]JOJOの奇妙な冒険 castle

ジョジョの奇妙な冒険 (26)

ジョジョの奇妙な冒険 (26)

・ジョジョの奇妙な冒険26巻 荒木飛呂彦

P162-P167

第三部のクライマックスシーン。

ラスボスDIOにたどり着くための最後の砦ヴァニラ・アイスとの死闘の果てに訪れた結末とは。

第三部屈指の激闘でしょう。


[15]はみだしっ子(シリーズ) m1q

故・三原順先生の傑作です。

かなり古い作品にて、当時の少女漫画の絵柄や文法に抵抗を感じられる方も多いかと存じますが、内容的には極めてハードでシリアス。慣れあいやお涙のいっさい介在しないシビアなストーリーと緻密な構成力に、人生について深く深く考えさせられる大傑作です。すばらしいまとめページがおありなので、http://tateno.pos.to/mihara/あらすじや細部については割愛させていただきますが、ざっと説明すると、親に拒否されて4人の子供達が各地をさまよい、(といっても「ポーの一族」的ファンタジーではありません)生と死、さまざまなヒエラルキー等極めて厳しい状況の中、徐々に大人になっていくという(ある意味)ロードムービーです。

私が最も好きなページは最終刊中盤で(ページ数は忘れてしまいました。申し訳ありません)、あらゆる意味で追いつめられた主人公グレアムが海で入手自殺を計り、追いかけてきたもう一人の主人公アンジーがそれを阻止しようと、彼らが以前犯した犯罪に使われた拳銃でグレアムを射殺しようと脅す所です(未遂に終わりますが)。二人の関係性、それまでの伏線の一致、ここまできてこの先どう話を収めるのか?という興味等クライマックスをいって良い名シーンだと今でも強い印象を持っています。

古い作品ですが各種復刻版が出ており入手は容易だと思います。

是非ご一読されることを強くお勧めいたします。


[16]imagine(イマジン) yukiko99

イマジン (11)

イマジン (11)

イマジン(imagine)槙村さとるさん著

テレビドラマにもなったシリーズで、母と娘、それぞれの恋愛感を知ることのできるマンガです。マンガにしておくのはもったいないほど心理学が盛り込まれています。

娘の”ゆう”は、初めての恋をし、その恋を続けてゆくに添って自我を目覚めさせてゆき、恋だけで終わらない本当に強く愛するということを模索して行く。一方、会社経営をしている母も、年下の男性と恋愛をして行くのだが、彼女は大人としての付き合いを重んじ、本当に大切なものが何かを見極め、一緒に成長してゆく・・・というお話でした。

(あらすじって難しいですね^^;)

好きなシーンは11巻のP46の

「失敗をしても楽しい」という言葉を発するのですが、その強さに憧れて、今でも少し落ち込んだときに、失敗も楽しもう!と思わせてくれます。

あと、同じ11巻のp140の

「一つのことで一流なら、何にだって応用が効くんだ」っていう言葉に感動しました。


[17]>14 ありがとうございます。 Guadagnini

『ジョジョ』は、賛否わかれる第7部の『ストーン・オーシャン』しか読んだことがありません。それだけでも十分ハマりました。第三部は人気が高いようですね。


[18]>15 ありがとうございます。 Guadagnini

『はみだしっ子』!なつかしいです。すっかり忘れていました。三原先生、おなくなりになられたのですか。ご冥福をお祈りします。


[19]>16 ありがとうございます。 Guadagnini

槙村先生といえば『愛のアランフェス』しか知らず、それもちゃんと読んだことすらありません。「一流を目指して頑張る」という展開が多いのでしょうか。P140にてご紹介頂いたせりふは、昨今の日本社会に足りないものかも知れませんね。


[20]>2 BANANA FISH と言えば akilanoikinuki

私もBANANA FISHUは好きです。それの続編でPRIBERT OPINIONというのがあります。その中でアッシュとショーターの出会いを描いています。私はその中で、悪魔のように冷徹に見えるアッシュが、子供らしく楽しそうに笑うシーンが好きです。


[21]ギャラリーフェイク nischiura2006

細野不二彦のギャラリーフェイクです。すみません、巻数ですが今事情があって家にあるのですが調べられなくてその場面を言葉(主人公藤田の台詞)で再現してみます。

その頃の佐伯の画風といえばルノワールの亜流であったりセザンヌの亜流であったり・・・ただもう憧れの都パリの土を踏んで有頂天のお上りさん画家に過ぎませんでした。

一方ヴラマンクは正規の美術教育も受けず独学で画家になった野獣派(フォービスム)の雄ーゴッホを尊敬し色彩を叩きつけるような筆使いが持ち味です。

佐伯の持参した作品を一瞥してヴラマンクは激怒します。

「アカデミズムに染まった下らん絵だ!馬鹿者!絵に全く生命がない!・・・」

1時間半もの間、その巨体を震わせ佐伯を罵倒し続けたと言います!この会見を機に佐伯の絵は一変します。

「芸術とは内面の告白である。他人(ヒト)マネなど言語道断!!徹底しておのれそのものを描くべし!!」

佐伯はヴラマンクの怒りをそのように受け止めたといいます。このころ描かれた佐伯の自画像は顔が無残に消されています。それは、佐伯の痛々しいまでのショックとー決して巨匠のマネでない・・・、新たなる自分を探し出す決意の表れだったのです!

私にこの場面をコンピュータで探す能力(リテラシー)があれば提示したいのですが、初心者なものでできません。

これを始めて読んだときは鳥肌が立つほど強い衝撃を受けました。それをうまく伝えられないのがもどかしいです。


[22]アニメがお仕事! ier135

1.アニメがお仕事 石田敦子

2.

アニメーター(アニメの絵を描く人です)をめざす兄弟が、

いろんな「アニメにかかわる人」を見て自分はどんな「アニメーター」になりたいのか、

自分はどんな思いでアニメを描いていったらいいのか、

アニメに自分がかかわっていくってどういうことなのか、を考えたり、そのせいでつまづいたりしていく青春モノです。

作者の石田さんが元アニメーターで、魔法剣士レイアースやらんまにもかかわっていた人なので

細かい描写がいちいちリアルです。

3.ワタクシが好きなのは、第一巻の193、194ページ。です。

すごく大事なシーンなのですが、せめてその話を最初から読まないとわからないかも……。

4.バリバリ全年齢です、おたのしみいただければ幸いです。


[23]>21 ありがとうございます。 Guadagnini

『ギャラリーフェイク』、たまに見ます。面白いですよね。そういえば美術品を完璧に複製することで有名なマンガもありましたよね。タイトルをど忘れしてしまいました...。


[24]>22 ありがとうございます。 Guadagnini

編集者が主人公のマンガ、マンガ家が主人公のマンガ、ときて、アニメーターが主人公のマンガが出てきたのですね。製作系の裏話が出てくるマンガは、作者がその業界に近いところにいるほうが説得力があって面白いですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ