人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

皆さんはどう思われますか。毎日の様にテレビで細野、河村議員が本心から、真面目に今回の件についてついて謝り、そして正直に答えています。それでも駄目ですか。特に細野、河村、長妻氏等は一生懸命に、国民の為を考え、切磋琢磨し、本当に頑張っていると思います。顔つきや目をみれば判ります。若くても、経験不足でも、心のある人は何とか登用させて欲しい、、と想うのは自分だけでしょうか。意見を聞かせて下さい。合掌。

●質問者: wakakichi24
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:テレビ 一生懸命 切磋琢磨 国民 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● 潮澤 昴
●18ポイント

毎日の様にテレビで細野、河村議員が本心から、真面目に今回の件についてついて謝り、そして正直に答えています。

別件ですが、情報提供主を明かさなくても良いと判決があった直後に提供者の名前暴露やっちゃってますよねぇ。


顔つきや目をみれば判ります。

どう分かるのか逆に教えて欲しいものです。


「批判の野党」と言ってはばからない政党ですよ?

与党になったらコロッっと言ってる事ひっくり返るのは目に見えてます。


2 ● TomCat
●18ポイント

http://www.goshi.org/autonomy/ikensyo.htm

特に細野、河村、長妻氏等は一生懸命に、国民の為を考え、切磋琢磨し、本当に頑張っていると思います。

このお考えには、私も賛同します。

彼らはきっと、これからの日本を変えていける力になります。

でも、それだけに、

若くても、経験不足でも、心のある人は何とか登用させて欲しい、、

こういう支持の仕方じゃダメだと思うんですよね。

彼らは新しい日本を作っていける力のある人材なんです。

なのに古い日本を作ってきた人たちに重用されることを期待したら、

その力が発揮出来なくなってしまいます。

私は民主党を、新しい日本を作れる勢力とは見ていません。

単に、政権交代しても、今の日本と何ら変わりない日本を引き継いでいく、

安全な代役に過ぎません。

改革勢力としては育ちきっていないんです。

その不足分を、旧自民人脈が支えています。

細野、河村、長妻氏といった人たちは、

その、今は旧自民人脈が埋めている部分に

取って代わっていける力を持っている。

ここがポイントです。

旧自民人脈に重用されることを期待するのではなく、

そこと丸ごと入れ換えてしまえる勢力に育てていくこと。

ここが大切です。

そして、その育てていく力を持つのは、私たち国民なんです。

ほかにも、いい「目」をしている議員は何人もいます。

それを見つけ、育てていける言論の力をどこまで国民個人個人が持てていけるか。

これが方法論として重視されていかなければなりません。

昔は政治というと、政治家以外は極めて限られた著名人、

文化人と呼ばれる人であるとか、評論家と呼ばれる人などしか

社会に対する発言力を持てませんでした。

マスコミに載らない言論は、全く広がりを持てない時代でした。

しかし今は、ネットが言論の場の時代です。

ニュースも論評も、個人が発信していける時代なんです。

そろそろマスコミがネットを後追いする時代になってきます。

その「メディアを手にした個人」が、いかに力を発揮していけるか。

ここが具体的な着眼点です。

上からの登用を期待するのではなく、下から押し上げていくやり方。

この足腰の強い大衆性の欠如が、今の民主党の最大の弱点でもあります。

そしてその弱さをまた、旧自民人脈が支えています。

ここに取って代わる国民性の発揮。

それで、新世代の議員が育ちます。


3 ● くいっぱ
●18ポイント

個人的な意見でしかありませんが、所感をのべさせていただきますと。

国会なる部分は、スキャンダルで足の引っ張り合いなどをしたり、あげ足とろうとして逆にすくわれたりなんだりとしていないで、


国会は国の指針を決めるところなのだから、

法律の審議をしろ。立法をしろ。予算を決めろ。


と言わさせていただきたい。

ライブドアの件や、耐震偽造の問題にしても、どちらもインパクトのある事項ではあるけれども、それは誰かの辞任に発展させるべく問題の責任をだれかに押し付けようとするのではなく、その質疑の結果、どういう法律が必要とされるのか、とか、予算を検討しなければいけないのかなどを検討するべきが本分ではないかと。


誰かの去就の問題がこれほど取りざたされるのは現在の選挙にコストがかかるから。じゃぁその問題はどうしましょうとか、を決めればいいじゃないかとか一国民としておもいます。

それでも、現在のスタイルを保持、権力を保有しつづけようとするから誰かの揚げ足をとろうとしたり、なんだりというところに、若手だろうとなんだろうと、その能力が浪費されていく。

これじゃ、いつまで経っても同じことの繰り返しです。


議員を辞める辞めないということで言えば、永田議員はとっとと辞めて、次回の選挙なり、自分の欠員なりで有権者に賛否を問えばいい。それはくだらない虚言に引っかかって振り回された責任ではないでしょうか。党派がどうこうという問題ではない気がします。

他の心ある議員?がその問題の収束のために力をつくしていることを思えば無駄なことこの上ないです。泣いてでもバショクは斬らないと。


国会議員は議論ばっかしてないで、決めることをじゃかじゃか決めて、その決まったことをわかりやすいように国民に説明することにそのよく回る弁をつかってほしいです。


4 ● sami624
●17ポイント

1.私には政治家という職業は、政治屋に過ぎないとしか思えません。

2.大凡一般的な民間企業であれば、直面する問題を解決するために給与を貰っているわけです。

3.国会議員の場合は、政治活動により?経済の安定的な成長?リスクのない安全な生活の確保?雇用問題の解決?年金・保険問題の解決等をすべきなわけです。

4.国会答弁を聞く限りでは、首相や与党議員の批判並びにスキャンダルの暴露により、与党の政治的信頼を失墜させ、野党が政権をとる方法を考えるとしか写らず、抜本的な政治改革になるような政治見解がなさ過ぎる。

5.未熟にも拘らず国会議員ですという看板をぶら下げ、昼のワイドショーと国会答弁の区別も付かないような議員に、政治活動が出来るとは思えないというのが実感です。

6.私の意見は個別の議員に対するものではなく、国会議員全員に求めているものです。要は政治活動による問題解決能力がないのなら、国会議員を辞めなさいということです。


5 ● gustav5
●17ポイント

国会の質疑が民事裁判でないのは百も承知ですが、文書の真正が認められて初めて係争事実の真否の判断が民事訴訟法上はできます。喧嘩を吹っかけたのは民主党ですが、いやしくも国権の最高機関の立法府で議員活動する以上は、きちんと証拠なりを固めて吹っかけるべきでした。形式的証拠力の問題は法律にかかわる人間なら誰だって知っておくべき基礎の基礎だとおもいますよ。

文書の真正とか必要最小限の法律の知識が民主党には無いんだ、という印象派どう考えてもぬぐえません。特に野党の第一党の中枢部にそれが無いというのは致命傷でしょう。仮に若手の質問者の方が羅列されてる議員の方が法律についての基礎知識を持っていて本とにやる気があるならば、なぜ、諭さなかったのでしょうか?(名古屋弁の彼はさすがに諭していたようですが)

議員本来の仕事は立法活動です。党内活動ではありません。質問者の方のニュアンスは理解できますがいまの民主党の議員の方のやるべき仕事はほんとに地道な法案提出とかだとおもいますよ。でないとほんとに愛想つかされますよ。どれほど見捨てないで応援している人がいるかは存じ上げませんが。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ