人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

下記内容のアンケートの結果を自由に予想してください。

?????
人力検索に於けるアンケートの母集団がリニューアル前よりも著しく偏っているような気がする件についての調査。
【参考】
http://i.hatena.ne.jp/idea/9406
http://i.hatena.ne.jp/idea/9375

Q01(択一)あなたはこのアンケートが行なわれていることを、最初に何で知りましたか?
○はてなからの質問登録メール
○その他(質問一覧ページ、トラックバックなど)

Q02(複数選択可)あなたの現在のメール通知設定を「http://q.hatena.ne.jp/あなたのユーザid/configalert」で確認して下さい。「カテゴリーによる質問通知」にチェックをつけている項目はどれですか?
□コンピュータ
□インターネット
□ウェブ制作
□ゲーム
□家電・AV機器
□趣味・スポーツ
□書籍・音楽・映画
□旅行・地域情報
□学習・教育
□科学・統計資料
□生活
□医療・健康
□美容・ファッション
□グルメ・料理
□ビジネス・経営
□政治・社会
□経済・金融・保険
□就職・転職
□芸能・タレント
□芸術・文化・歴史
□人生相談
□ネタ・ジョーク
□はてなの使い方
□1つもチェックをつけていません

●質問者: キチョー id:Kityo
●カテゴリ:はてなの使い方 科学・統計資料
✍キーワード:AV機器 あなた はてな アンケート インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 35/35件

▽最新の回答へ

[1]【質問者のツリー】質問文に書き切れなかった背景など Kityo

実際にアンケートを始めようとしていたのですが、Q02のための選択肢が多過ぎて登録出来ませんでした。(12個が上限らしい)

このツリーでは、各種の質問文に書き切れなかった背景を書きます。


[2]>1 質問者への直接お問い合わせも、このツリーへ!! Kityo

質問者への直接お問い合わせも、このツリーにどうぞ。


[3]>1 2,000人アンケートにする予定でした Kityo

500人くらいにしたほうが大幅に偏った結果が得られると思いましたが、それはそれで2,000人にしておいて、途中経過の写真でも取っておこうと考えました。

また多分7日間で2,000人の回答は得られないと踏みました。


[4]>1 アンケート自体のカテゴリ=科学・統計資料+はてなの使い方 Kityo

アンケート自体のカテゴリは「科学・統計資料」+「はてなの使い方」にする予定でした。


[5]メール受け取ってません muramatsu1988

めんどくさいから

□1つもチェックをつけていません

が一番ですかね


[6]>1 対象ユーザー=はてな質問者+はてな回答者 Kityo

対象ユーザー(アンケートに回答できるヒト)は「はてな質問者」+「はてな回答者」にしようと思っていました。

その他の絞込み(性別、年代、地域)はしないつもりでいました。


[7]予想 xnissy

完全に勘で答えます。中には適当にチェックをつける人もいるでしょうし、難しいですね。一応2000件回答が集まったものとして……

Q01
○はてなからの質問登録メール 50
○その他(質問一覧ページ、トラックバックなど) 1950

Q02
□コンピュータ 50
□インターネット 50
□ウェブ制作 50
□ゲーム 50
□家電・AV機器 30
□趣味・スポーツ 50
□書籍・音楽・映画 50
□旅行・地域情報 30
□学習・教育 30
□科学・統計資料 30
□生活 30
□医療・健康 30
□美容・ファッション 20
□グルメ・料理 30
□ビジネス・経営 30
□政治・社会 30
□経済・金融・保険 30
□就職・転職 30
□芸能・タレント 30
□芸術・文化・歴史 20
□人生相談 30
□ネタ・ジョーク 40
□はてなの使い方 50
□1つもチェックをつけていません 1800


[8]>5 私も、受取っていません Yumiko

mailを受取ってもすぐに見る事ができる訳ではありませんので、

無駄に溜まるだけのmailになると思い受取っていません。

私の場合は、時間がある時に普通にはてなを見に行き、答えられる

アンケートに回答しています。

私の感じでは、リニューアルしてからの方がアンケート終了が早い様な

気がします。 確認した訳ではなく、あくまで感じただけですけれども。

また地域設定があるので、回答できない物が増えた気もします。

「そんなのが関係しているのかなぁ」などと漠然と思っていました。

前置きが長くなりましたが、質問に回答致します。

Q01:この質問を何で知ったか?

A01:質問一覧ページから

Q02:カテゴリのチェックは?

A02:1つも付けていません

では


[9]>7 500サンプル前後で終了+「はてなの使い方」&「科学・統計資料」に偏ると、質問者は予想 Kityo

アンケート自体のカテゴリを「はてなの使い方」&「科学・統計資料」にしますから、Q02はそこに偏ります。

他のカテゴリにもしょぼしょぼ票が入るでしょうが。

アンケート一覧から探し出して回答するユーザーは意外と少なく、500サンプル前後しか票が集まらないと予想してました。


[10]>8 現在はアンケートが登録されたと言う通知メールは極端に少なくなっている筈ですので Kityo

以前はメール通知の設定に「アンケート」と言うカテゴリがあって、大多数のユーザーがこれにチェックをつけていたと思います。

以前は従って、アンケートが登録されると大多数のユーザーへ通知メールが送信されていました。

ところが現在(2006.03/13のリニューアル後)は、アンケート自体のカテゴリに興味を持っているユーザーにしか通知メールが送信されなくなっていると思います。

Yumikoさんの印象とは逆に、僕はむしろリニューアル後のほうがアンケートの票の集まりが悪いと感じています。

特に大量の票を求めるアンケートが、1,000票未満で終わるってことが結構発生しているのではないかと…。(以前は1,000票くらいは3日くらいで集まっていたのでは?)

こうしてみると、7日待ったのに50票も集まってないケースがありますね。(回答者を強く限定している訳でもないのに?)


[11]>1 設問を変形して、実際にアンケート出してみました Kityo

question:1143379456


[12]>1 引き続きこのいわしタイプ質問にも、回答をお寄せ下さい Kityo

実際にアンケートを始めていますが、それも見ながら予想を続けて頂いてOKです。


[13]【質問者のツリー】アンケート結果そのものの予想だけでなく… Kityo

アンケートの結果を自由に予想してくださいと言うのは、別に、どの選択肢に票が集まるかの予想のみを期待している訳ではないです。


[14]>10 メールは元々あまり機能しなかった気が・・・・ TomCat

従来、アンケートはピラニアが群がるごとく

怒濤の回答で速攻終了してしまうということが多かったですから、

メールを見てからやって来ても、

ほとんど回答のチャンスはなかったと思うんですよね。

ですから、従来から、アンケートの母集団の形成に、

メールはあまり関与していなかったと思うんです。

むしろ今アンケートに大きな変化があるとすれば、

おそらくアンケート画面の大幅な変更によって

今現在ロボット回答が無い、ということ。

どのアンケートも、だいぶ回答の伸びが以前に比べて

遅くなっていると思いますが、

それはおそらくロボット回答が無くなったせいだろうと思います。


[15]>14 それは分母の小さいアンケートに限った話では? Kityo

500未満程度の票を求める小さなアンケートでは、ピラニアに持って行かれるフシもあったかと思います。

1,000票、2,000票を求める奴だとメールが大いに関与していたと思うンですよね。


[16]>14 それに、母集団が積極的な奴に偏ると思いませんか? Kityo

これももちろん分母の小さいアンケートでは、システムの新旧を問わず、積極的にネットワークにアクセスする者の票に偏るのは仕方がないです。

でも、メールが届かないと「はてな」にアクセスしない“ものぐさな”者の票が入りづらくなったと思うのですよ!?


[17]>15 って言うか、僕はメールしか見てなかったけど Kityo

僕はメールで通知されたのしか見てなかったけど、メールを見てからでも分母の大きいアンケートでは結構回答のチャンスがありましたよ。


[18]>16 たしかにそれは言えています TomCat

従来はアンケートというと50人?100人で終わってしまうものがほとんどで、

それこそ数分で終了してしまう物が続出でした。

でもリニュ後は、大きな母集団を求めるアンケートが多くなりましたよね。

この変化は、すごく好ましい変化だと思っているんです。

この変化をさらに良い方向に育てていくためには、

メールを見て回答しに来る、という人を増やすことが大切ですよね。

アンケートについてはカテゴリとは別枠で知らせてくれる。

あるいは「アンケート全て」という選択が出来るようにする。

そういう制度は、私も是非欲しいと思います。

というか、今までは「アンケート」というくくりで

通知を受けることが出来たのですから、それはそのまま引き継ぎつつ、

「カテゴリでも選択出来るようになった」という追加で対処していくことが、

望ましかったろうと思います。


[19]>18 回答者&ポイントゲッターとしては通知が欲しいですよね Kityo

はてなアイデアミーティングでは、「アンケートと言うひとくくり+カテゴリ」と言うOR処理が「?面倒臭い/?分かりづらい」と言う理由でidea:9328を却下にしていました。


※?の分かりづらいは、理路整然とした説明/ガイド/ヘルプを用意するのが面倒臭いの意味でもあると思われ…?


[20]>18 質問者としては、通知メールを飛ばしたいンです Kityo

アンケートの質問者としては、(原則的には)なるべく多くのヒトに通知メールを飛ばしたいンですよ。

旧システム下では、「アンケートと言うくくり」があったことと、大多数のヒトが(安直に)ポイントゲットしたいと言う心理を持っていたこととが絶妙で、メールをあてにするタイプの回答者に満遍なく通知メールを飛ばせたんですよね。

ところが新システム下では、アンケート自体が所属するカテゴリに興味を持ったユーザーにだけ通知メールが飛ぶようになってしまったと感じています。

つまり「ゲームに興味のあるヒトにお尋ねします」の文面で始めるようなアンケートには良いかも知れませんが、「あなたはゲームに興味がありますか?」みたいなアンケートの通知メールが「ゲーム」カテゴリにチェックをつけたユーザーにだけ飛んで行くと言う気持ちの悪さ…。

もちろん元もとの母集団が「はてなユーザー」と言うくくりに偏っているのは仕方ないにしても、新システムはアンケートを出す側としては「悪くなった」としか思えないのでした。

(しかも、飛んで行く通知メールの絶対数が以前より減っている)


[21]>19 面倒でも分かりにくくもないと思うんですが・・・・(^-^; TomCat

まず処理は簡単ですよね。

通知メールを質問タイプ別に処理するようにすればいいんです。

質問タイプ:人力検索
 □コンピュータ
 □インターネット
 □ウェブ制作
 □ゲーム
   :
   :
 □全て
 
質問タイプ:いわし
 □コンピュータ
 □インターネット
 □ウェブ制作
 □ゲーム
   :
   :
 □全て
 
質問タイプ:アンケート
 □コンピュータ
 □インターネット
 □ウェブ制作
 □ゲーム
   :
   :
 □全て

これでユーザーには何の説明も要りませんし、

処理についても「アンケートと言うひとくくり+カテゴリ」ではなく、

「アンケートと言うひとくくり=アンケートにおける全カテゴリ」

と扱うだけで済むようになります。

要は、せっかく質問タイプを明確に分類したのに、

通知メールにその分類が全く活かされていない、

というところが問題なわけです。

「通知メールを質問タイプ別に選択したい。

各質問タイプごとに『全て』と指定出来るようにもして欲しい」

というアイデアだったと理解して検討すれば、

また違った結果になっていたことでしょう。


[22]>20 対象者の選択がしづらいアンケートじゃ役に立ちませんね(^-^; TomCat

つまり「ゲームに興味のあるヒトにお尋ねします」の文面で始めるようなアンケートには良いかも知れませんが、「あなたはゲームに興味がありますか?」みたいなアンケートの通知メールが「ゲーム」カテゴリにチェックをつけたユーザーにだけ飛んで行くと言う気持ちの悪さ…。

ああー、これは重要な視点ですね。

つまり、リニュ後のメール通知仕様では、

十分なリサーチが行いにくいと。

これはアンケートの使命から考えて、

早急に改善されるべきですね。

またRSSを使え、というのは回答したい人の視点に立った考え方で、

はてなに利益をもたらすのは質問者の方なんですから、

やはりここは質問者の立場に立った考え方で対処してほしいですよね。

自分の質問をPRしたいという希望は当然なのですから、

それはもっと重視されていいと思います。


[23]>20 Q03(択一)あなたはリニューアル前「カテゴリーによる質問通知」でアンケートにチェックをつけていましたか? osashimi

question:1143379456でも質問されてますが、タイトルのようなクロス集計もしてみるべきかもしれません。

以前と比べ、母集団の構成が変わったかどうかも調べてみる必要があると思うんですよね。


メールでの通知に頼っていたアンケート回答者が、以前と比べてどのくらい減ったのか。

その違いが大きければ問題だし、

ほとんど変わりなければ、アンケート通知を復活させてもあまり意味がないかもしれませんし。


[24]>21 それだッ、ナイスアイデアです! Kityo

TomCatさん、それはてなアイデアに進言して下さいませんか!?

…と思ったら、アイデアポイント枯渇していらっしゃいますね。いや、僕も枯渇しているンですが。:-)


[25]>22 心強い意見に感謝します Kityo

ありがとう。


[26]>24 はい、ポイント破産でアイデアからは夜逃げ中です(^-^; TomCat

どなたかうまくまとめて提案してくださると有り難いですね(^-^;


[27]>23 メールに頼っていたユーザの数は多いと思います Kityo

question:1143379456の票の伸び(回答数)を観察していました。

経過 回答数 最初にメール
1時間 152票 12票
2時間 238票 15票
7時間 351票 23票
1日 668票 36票

以前に票の伸び方を見守っていたことのあるアンケートでは、1時間ちょっとで200回答、翌日には1,000回答を超えていました。⇒http://d.hatena.ne.jp/Kityo/20050925/1127634488

以前の(question:1127633804)は「全てのはてなユーザー」対象で、今回のquestion:1143379456が「はてな質問・回答者」で若干条件が違うとは言え、1日経っても1,000回答に達しないのは僕には驚きです。


しかしもっと驚きなのは、最初にメールで知ったと言うヒトが668人中36人しかいないと言うコト。

最初の1?2時間はピラニアさんのほうがずっと多いと思っていたけれども、メールで訪れたヒトが36人しかいないとは、意外でした。

、5%と言う割合は充分に大きな少数派ではありますが。


[28]>26 誰かに、代わりに誰かにアイデアを進言して貰うために… Kityo

[29]>27 アンケートが伸びない理由の一つとしては osashimi

もしかしたらこの大規模リニューアルで、はてなから離れてしまったユーザーが続出したのではないかとも思うのですが、どうでしょうか?


それから、

メールで訪れた人が36人とは言っても、

以前にも同じ統計を取ったわけではないですよね。

もしかしたら以前でさえ

メールでアンケートに参加する人は50人くらいだったかもしれません。


[30]>29 気持ち悪い&気分悪い感が拭えません… Kityo

[31]>30 気持ちはわかります osashimi

自分も、何故アンケートカテゴリが無くなってしまったのかは不思議で仕方ありません。

アンケートを投げる側としては

最初から対象の母集団が偏ることが予想される現在のはてなの状況は歓迎すべきものではないでしょう。


ただ個人的には

はてなのアンケートの母集団は元からかなり偏っていたと思っているので、今更アンケートカテゴリが無くなった所で、それほど違いはないと考えているのです。


偏っていたと考えられる理由は色々ですがメールでの通知に関して。

自分も以前はアンケートの通知が届くように設定していた事もあるのですが、ほとんどのアンケートが100人設定だったためもあり、通知を受け取ってアクセスしてみても終了している事が多く意味がないのでやめてしまいました。

それ以来、アクセスした時にまだ終了していなかったアンケートのみに答えています。


リニューアル前もそういう人が多かったのではないかなと考えているわけで。


[32]>31 元からかなり偏っていたのは確かですね Kityo

そもそもインターネット環境にアクセス出来るような奴らばかりなので、充分に偏ってました。

その上更に偏ると言う…。


[33]>32 うーん、そりゃそうだ Yumiko

Kityoさんの仰る通りですね。

インターネット環境にアクセスできる人だけでも偏っている上に、

このはてなを見ている人もその中の一部、そして....

つまり、充分に偏っていますねェ。

では


[34]【質問者のツリー】この話題には、1週間は短過ぎる Kityo

このアンケートの偏りの件についての改善(と言うか元に戻して欲しい)を「はてな」に迫るには、盛り上げが不充分だったでしょうかね?

最後に一言ずつ、いや、ふた言以上でも好きなだけ、発言を残して行って下さい。>ALL


[35]>34 たしかに質問期間の延長が出来ないのは辛い・・・・ TomCat

やはり質問延長の復活が望まれますね。

リニューアルに伴う「新たな制度」の新設は、

歓迎されるべきものが多かったと思います。

しかし、この質問の主題である通知メールにせよ、

質問の延長にせよ、既にあったものを取り去るという変更には、

もっと慎重な態度が欲しかったと思います。

新たな追加はこれからのニーズを掘り起こしていくものですから、

これはある程度気軽にやっても構いません。

でも既にあった制度を何の事前アナウンスもなく取り去ることは

ユーザーのニーズをいかに理解していなかったか

という証明にもなる可能性があり、

これは職業プログラマとして致命的な欠陥の露呈になりかねません。

ユーザビリティの高いシステムの構築には、

「自己完結型パーソナリティ」をいかに排した

客観的考察が大切かということを認識する必要があります。

はてなは外部のシステム設計や制作のお仕事も請け負う会社なのですから、

自社サイトでその実力をしっかり見せていかないと、

今後の実績の向上が望めなくなってしまいます。

→参考文献

「絶望先生」第44話・注文は聞かない料理店

久米田康治・著、週刊少年マガジン2006年17(4/12)号

講談社・刊

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ