人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1,000円以下の化粧品は、石油系の原料を使っているので、肌にはよくないと先日美容師さんが言ってました。ということは、高ければ高いだけ原材料がいいと言えるのでしょうか?女優さんなどを使ってすごい広告料がいる分、高い化粧品も、原価は安いっていうのも聞いたことがあるし、何を信じて買えばいいのか、分からなくなりました。

●質問者: mii1216
●カテゴリ:医療・健康 美容・ファッション
✍キーワード:化粧品 女優 広告 石油 美容師
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/11件

▽最新の回答へ

1 ● mmdgpc
●15ポイント

http://www.saishunkan.co.jp/

一番は「信頼できる人から聞いた評価で購入」が良いと思います。

口コミでは、やはり良いものしか広がらないですよね。

“高ければ高いだけ良い”は人によって肌の質が違うので“合う・合わない”もあると思いますよ。

ようは、「値段ではない」ですよ。


2 ● dreammai
●15ポイント

http://homepage3.nifty.com/sinarybitowa/sakusaku/1_1.htm

http://nyaa.co.uk/~sach/okinawa/kaimen.html

1000円以上の物にも入っていますよ。

化粧ののりをよくするために、これぞ、これぞ、と、いろんな成分を沢山入れれば入れるほど、良い商品が作れるので、その成分を沢山使うと言うことは、お金もかかるし、私は、ブランド名で、売っている中途半端に高価な商品ほど、よくないと聞きました。

石鹸・シャンプーにも、だいたい入っていますよ。汚れを落とすには、一番効果的な、成分ですからね。

なので、良くすすぐことです。

石鹸は最低20回バシャバシャしないと石鹸が成分が肌に残るらしく、シャンプーは最低1分。



☆石油系化粧品の原料の代表的なもの☆

※保湿剤

BG = 1.3 ブチレングリコール

PG = プロピレングリコール

PPG = プロポリピレングリコール

※油分

ミネラルオイル、 マイクロクリスタンワックス = いずれも鉱物油

※石油系界面活性剤

MEA(モノエタノールアミン)

DEA(ジエタノールアミン)

TEA(トリエタノールアミン)

PEG(ポリエチレングリコール)

などが入っていないかをよく見て買うしかないですね^^

毒素を体から出す作用(デトックス)のある食べ物を食べて、蓄積されない用にしたいものですね。

http://fufu.lovepop.jp/2006/03/post_30.html

最悪な時は、こんな所もあるよ。

http://www.dsurgery.com/antiage/chelation.html


3 ● Guadagnini
●15ポイント

http://www.chifure.co.jp/column/q5.shtml

昔からご質問のような疑問を持たれる方は多く、そのような方々が中心となって適正価格のものを開発販売されてきました。

ただ、私自身は単純に「安価であればそれが最も良い」とは思いません。人によっては、高価なものを入手したり、見るからに高価そうな瓶に入っていたりすることが、何より心の充実に重要だからです。それは、製品の品質には直接関わらないことですが、肌のケアは心のケアも含むものです。ストレスの多い生活では肌のケアが万全でも吹き出物が出たりすることからも、肌と心の関係は明らかでしょう。


http://www.shiseido.co.jp/seibun/

また、1000円以下の化粧品でなくとも、石油系の原料を使用していることはあります。問題は、それが化粧品として利用するに十分精錬されたものかどうかではないでしょうか。安価すぎる化粧品は、原料が粗悪なものである可能性があります。

消費者としては、闇雲に心配するばかりでなく、化粧品の情報を可能な限り開示する会社を選び、その製品を使うことが、結果として安心な社会を作っていくことではないでしょうか。自分の安心安全とは本来、誰か他者がタダで用意してくれるものではなく、自分で勝ち取っていくものです。


http://homepage1.nifty.com/ysh/a006.htm

最も簡単な方法は、必ずパッチテストをすることです。これで自分の肌にあうかどうかをある程度チェックできます。但し、パッチテストは確実な方法ではなく、ある程度の傾向を表すことしかできません。パッチテストで陰性だったのにアレルギー反応を起こすこともあります。過信しない注意が必要です。では何が安全を確かめる確実な方法か?といわれれば、今のところは無いようです。


どうしても原料をお気になさるなら、良質の洗顔石鹸+良質のクレンジングオイル+日焼け止めの3点セットだけをおすすめします。紫外線を浴びすぎない+毎朝晩汚れをきちんと取る、これ以上の美容はないからです。

基本的に、人体の部位のどの皮膚にも、最低限必要な油分は人体が勝手につくり出しているものです。ですから、よっぽどの乾燥肌や60歳以上でない限り、何もせずに放っておいても大丈夫です。ただ、それでは紫外線や汚れからは守りきれないので、それだけはきっちりしておきましょう、というのが上記3点セットのココロです。


以上まとめますと、ご自分の肌に合いさえすれば何でも大丈夫と思います。その上で、原料がご心配なら紫外線対策+汚れ取りの最低限のお手入れのみがおすすめです。心配のしすぎもストレスの原因となります。ストレスはお肌の大敵だということをお忘れなく。


4 ● TomCat
●15ポイント

http://www.cosmetic-info.jp/prod/detail.php?id=930

とりあえずサンプルとして、

資生堂キオラクリーム(40g,税込21000円)の成分を見て見ると、

ご紹介したページのようになっています。

成分を順に見ていくと、

あらら、もう石油に関連する原料が出てきてしまいました。

続けてもう少し見ていきます。

もう、このくらいでいいでしょう。

基本的に、化粧品には多くの原料が配合されていますから、

価格にかかわらず、そこに石油に由来する原料は、

たいていの場合含まれます。

それが即座に肌に悪いかどうかはまた別の話になりますが、

化学工業的に生産される製品である限り、

多くの化粧品は石油の恩恵の上に成り立っている、

と言うことが出来るでしょう。

化粧品に使われている原料については、こちらのサイト

http://www.cosmetic-info.jp/index.php

から、かなりの数が検索出来ます。

そこで調べた成分の安全性については、

検索エンジンで「その物質名 安全性」などをキーワードとして

検索してみれば、だいたいの情報が得られると思います。

ちなみに私は、フェイスケアさえしっかり出来ていれば、

女性はすっぴんが一番美しいと思っています(^-^)


5 ● GRMM
●15ポイント

回答になってないかもしれないのですが。。。

私もmii1216さんと同じ疑問を感じていた一人です。

30を越えた当たりから自分の肌の衰えがとても気になるようになり、安いのも高いのも、取っ替え引っ替え色んなものを試すようになりました。

『自然派(石油系の原料を使っていない)』をうたっている所のモノも使用したことがありましたが、私には。。。?でした。(高価だし、手順が面倒でした)

今はとりあえず漢方系の、一応、自然派よりと言われているのを使用していますが、私には合っているかなーという感じです。

色んな商品、値段、効用のものが沢山沢山ありますが、

要は『自分にはどれが合うのか?これが合う!』でいいんじゃないかな。。。と最近は思うようになりました。

あと大事なのは、毎日のスキンケアと、食事と睡眠が何よりのケアなのかなー。。。と。←私は不精な性格なので、実施出来ていないのですが(´∀`;)

http://www.e-youyou.net/feature/backnumber/makeup/makeup2.ht...


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ