人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

幼い頃、虹のふもとに立った記憶があるのですが、
今となっては現実だったのか夢だったのか正直分かりかねる状態となっています。

当時、アニメのワンシーンで、
虹の上を歩くシーンがあり、その影響でその様な夢を見たのではないかとも思っているのですが、
20年以上も前の記憶なのに、
どうしても頭から離れません。

人は虹のふもと(根元?)に立ち、
虹を見上げることは物理的に可能なのでしょうか。

どうかご教授の程、お願い申し上げます。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:アニメ 教授 物理 現実 記憶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● tarepanda777
●19ポイント

http://www.pluto.dti.ne.jp/~suzuki-y/tokai/tokai2.html

>人は虹のふもと(根元?)に立ち、

>虹を見上げることは物理的に可能なのでしょうか。

無理です。虹が見える条件として角度などの要素があるため、自分の真上やすぐ目の前に現れたりすることはなく、常に条件のあった場所に出現します。虹の発生した場所に人や建物があっても、虹に包まれているように見えるだけで、実際にその人や建物の場所に行っても何も起きていません。


2 ● sainokami
●19ポイント

蟲にやられた可能性がありますね。

http://ahxyz.blog9.fc2.com/blog-entry-266.html

http://sleepydog.blog17.fc2.com/blog-entry-159.html

虹には飛行機でも近づけないとか・・・。


3 ● sami624
●19ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9

虹が出来るには、太陽光線を屈折度が異なるように分解する水滴が必要です。単純に水滴があれば虹は出来るのであって、写真のような大きなものでなければ、虹のふもとに立つことは可能です。夏場暑い時に外でシャワーを浴びれば、1?2m程度の虹が出来ますが、この程度ならふもとに立つことは可能です。


4 ● なぽりん
●19ポイント

噴水などで小さい虹をつくることは可能です。

1.晴れた日に背後、後頭部の上方に光源がくるよう立つ

2.目前にシャワー・噴水を降らす

つまり噴水とお日様の間に立って噴水を見れば虹が出ます。

雨後の虹も同じことで、後ろにお日様、前に水滴があれば見えます。

この場合、どれも、目の前に平べったく(視線とほぼ鉛直)映画スクリーンのように広がるように見えます。

だから、手前から向こう方向、つまり太鼓橋みたいに

アーチが出来たりすることは、光学上はありえません。

目の前に平べったくひろがる大きな虹の右端とか左端だけ

が見えることはあります。

http://www.jmcy.co.jp/~goto/photo2001/pp010909/Dscf0091.jpg

また水滴スクリーンが足りないことによる

部分虹はありえます。

噴水とお日様の間に立ってできる虹をみながら

左右に重心移動して体を揺らせばわかります。

ホログラフィーみたいに虹が早く動きます。

目線をずらすと上下左右にずれながらさーっとついてきて、

常にわりと平らですが多少は角度もつけられるでしょう。

ただ、夢の記憶でしたら太鼓橋も全部ありえます。

素敵な夢ではありませんか?


5 ● ryotanak
●19ポイント

大きな鏡に「虹と自分」を写せば、虹の根元に立ってる自分を見る事は論理的には可能だと思います。

ただし虹を見上げる事は不可能です。

小さな子供なら、鏡に自分と虹が映っててるのを見て、虹の根元に立ってたと勘違いしたのではないですか?

または親が取ったビデオに虹と自分が一緒に写ってるなんて言うのもあるかもしれません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/オズの魔法使い

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ