人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

とある問題を解いていて回答がないのにぶつかりました。ご教授ください。

現金に取って代わる一番よく使われるものはどれですか?
その理由とは何でしょうか?
銀行引受手形
銀行の預金証明書
地方債
短期国債

もう一つの問題はこのようなものです。
株式配当に影響を与える物はなんでしょうか?
今後1株あたりの収益が減少する。
負債資本比率の減少
株主の株の所有額の比率が増える。

●質問者: roadagain
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:とある 収益 国債 地方債 引受
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●60ポイント

1の問題について

?銀行引き受けて方は、引き受けた銀行の信用力により、換金性の尺度が変わります。昨今の金融機関破綻等に見られるように、破綻した場合は原則として紙くずです。

?法律上は証拠証券で有価証券ではないため換金性は最も低い。

?発行する地方公共団体の信用力に関わります。

?国の信用力に関わります。日本国内での話であり、全て日本・国内自治体・国内銀行を想定しているのであれば、?→?か?→?の順序です。?と?は内容により異なります。

2の問題

回答は→今後1株あたりの収益が減少する

配当金は未処分利益の範囲内で支払われますから、1株あたりの利益が減少すれば配当金支払可能額が減少する。

負債資本比率が減少しても、未処分利益が増加するケースはあります。例えば借入による大型投資をして設備増強をし、販売が好調で利益が増加する場合があり、この場合配当金は増加します。→×

株主の株の所有額の比率が増える→分掌の意味が分かりませんが、配当金は株主側の用件により金額が異なるものではなく、企業の財務内容によるものなので、論外です→×

◎質問者からの返答

大変ためになりました。理解できました。ありがとうございます!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ