人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネットショッピングでクレジットカード決済をする場合、サイトによって必要な項目が違います。例えば、クレジットカード番号と有効期限とカード名義だけで決済するサイトもあれば、住所などの情報を必要とするサイトもあります。なぜ、こうした違いがあるのか疑問を感じています。

ショップがクレジットカード会社と決済をするために必要な情報を教えて下さい。


●質問者: eno2i
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:カード クレジットカード サイト ショップ ネットショッピング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● imuyaiad
●35ポイント

http://ufjcard.com/merchant/kessai/001.html

一部推定もありますがご容赦ください。

決済するのに必要な情報は、これまではカード番号と有効期限だけのはずです。ただセキュリティの観点で、色々な手立てが打たれているのが現状です。

カード番号と有効期限だけであればスキミングをされた際に、第三者に不正利用される危険があります。(磁気ストライプ内に情報が入っているため)

そこでカードの裏面の署名欄に7桁くらいの番号を印字し、それを打ち込ませるような事例が出てきました。これだとスキミングだけでは情報を取得されません。(カード現物がないため)

その延長で考えると、たとえばWEB加盟店でクレジットカード決済契約をした場合、カード会社との間でカード番号や有効期限のほかに住所もアイデンティファイするための情報としてやりとりする可能性も考えられます。

ただこういったセキュリティを増したサービスは加盟店側にコスト負担を強いるため、ショップによって差があるのが現状ではないかと思います。

またセキュリティ以外の観点では、そもそも加盟店側が決済画面の中に顧客情報収集が目的で住所等を入力させているという可能性もあると思います。

JCB↓

http://www.jcb.co.jp/merchant/service/j-secure.html

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。本当に信頼のできるサイトでないとカードは使えませんね。


2 ● sami624
●35ポイント

クレジットカード決済に必要な事項は、カード番号と有効期限、追加的な事項としては暗証番号でしょう。

但し、昨今の偽造カード問題を踏まえて、便宜的に本人確認をする目的でそのほかの事項を確認しているだけですね。

http://www.sagasu.org/card/archives/2005/09/post_2.php

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。ということは、例えば、間違った住所を入力しても決済できるってことでしょうか。出来た場合は、そのサイトが情報収集をしていると考えられる訳ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ