人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東芝が次世代DVDの発売を延期しました。その背景と影響を教えて下さい。ブルーレイとの対比などもあればよいです。

●質問者: heiwa_peace
●カテゴリ:経済・金融・保険 家電・AV機器
✍キーワード:DVD ブルーレイ 東芝
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● bd_kaz
●27ポイント

背景:ワーナーの腰が引けた。ブルーレイ陣営になびいてる。

影響:HD DVD陣営、惨敗の予感。

大多数のユーザは、

http://homepage2.nifty.com/kenkun/scrap000481.html

こう思っているよね。


2 ● リョウヂ
●27ポイント

http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?i=20060322ea0...

数日前までは日経もこんな調子でしたが、、、

http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2006032501000072_Econ...

を見ると“映画ソフト”の遅れとあります。

思った以上にワーナーがソフトをリリースしてくれない(絞り込み?)なのかとも考えられます。

ワーナーは「マイクロソフトがWindows Vistaでフルサポートする次世代DVD」が勝ち組と睨んだ訳ですが、その肝心要のWindows Vistaがリリース延期されたので少し様子見に入ったのかもしれません。


ブルーレイ(BL)との対比で言うと両者とも“キラーシステム”である

が延期になっており、大勢に変化は無いと思われます。

しかし、当初HD DVD陣営が考えていた「BLより安価であることを利用して、先ずPC周辺機器として先行普及させる」策は度重なるWindows Vistaの失策により完全に破綻していると自分は考えています。

(かといって今更HD DVD陣営の味方になる家電メーカーは見当たらない

…Chinaの企業はわかりませんが。)


3 ● jyouseki
●26ポイント

http://it.nikkei.co.jp/digital/special/disk.aspx?i=200512131...

>HD DVDが採用する著作権保護システムの名称は「AACS(アドバンスト・アクセス・コンテント・システム)。プレーヤーなどのハードとディスク上のソフトに組み込み、違法なコピーソフトを利用できなくする仕組み。

>AACSの開発には、HD DVD陣営や対立するブルーレイ陣営、ハリウッドの映画業界や、IT業界から主要企業が参加している。当初は10月までに確定する予定だったが、両陣営の規格対立による綱引きなどから、スケジュールが大幅に遅れていた。

http://allabout.co.jp/computer/pc/closeup/CU20051207A/index....

「HD DVD」と「ブルーレイ」は製造コストの面では「HD DVD」が、記憶容量の面では「ブルーレイ」が有利で、一長一短があります。

「HD DVD」の方が現在のDVDに近い構造をしているので、ディスクを製造する機械も既存の技術の応用で済むので費用が抑えられます。

ただし、量産効果というものがあり、多く製造されればコストは下がります。

結局は市場を制覇した側の勝ちなので、両陣営は熾烈な争いをし、業界内さえ混乱させてしまいました。その結果、両方が発売延期というように、お互いに不利益を被ってしまったのです。

ユーザーにしてみれば次世代DVDの規格が2つあるより、1つである方がいいに決まっています。

このままいくと同じタイトルのソフトで「HD DVD」と「ブルーレイ」の2種類が店頭に並ぶことになりかねません。間違って買ってしまった場合、封を開けなければ返品を受け付けてくれるのが普通でしょうが、開けてしまった場合は難しいでしょう。

メーカーの都合で市場を混乱させるのは、やめてもらいたいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ