人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

MD-11がDC-10よりも早く、しかも就役から10年足らずで早々に退役したのはなぜですか?

●質問者: kodomono-omocha
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:DC md
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● urafum
●35ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1882222

同じ質問が出ています。

http://www02.so-net.ne.jp/~kaida/column/0011c.htm

操縦が難しいらしい。


2 ● tamikiku
●35ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/MD-11

海外では未だにMD11は就役していますので、日本航空での退役が早かった件として回答させていただきます。

JALでのMD11の引退が早かった理由については、下記のようなものがあります。

・当初の設計値よりも実際の機体重量が増加したため、航続距離が小さくなってしまった。

・競合するB777やA340と比較して、ランニングコスト面での性能が劣っていた。

・製造元のマクドネル・ダグラスがボーイングに吸収合併されたため、B777と競合するMD11は早々に生産中止となった。

・貨物機に改造される機体が多く、相対的に旅客機が減少した。

・現場の乗務員からは、尾翼面積が小さいため縦安定性が悪く、自動操縦が外れた瞬間に異常揺動が発生するという欠陥が指摘されていた。

過去にJALでは、異常揺動に起因すると考えられる事故も発生しています。

(客室乗務員が天井に頭をぶつけ意識不明となり、数年後に死亡)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ