人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【Google検索結果検証シリーズ】
「なんでこんなつまらないページが、Google検索で上位に来ているのか?」
とか
逆に「こんな立派なページが、なぜGoogle検索で下位なのか?」
のように
「Google検索結果と、あなたが実感したページの質との間にズレがある」
ケースを挙げて下さい。

例=「杉原千畝」
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%9D%89%E5%8E%9F%E5%8D%83%E7%95%9D&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

第10位に
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/7891/chiune.html
歴史ドシロウトの私が作ったページが来る(お恥ずかしい・・)。
本来、100位にも入るべきではない。

多分、私のトップページのページランクが「5」のため、その1コーナーでしかない杉原千畝コーナーも
ページランク「3」になって、検索上位になってしまう。

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:あなた まら シリーズ トップページ ドシロウト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

[1]自己レス itarumurayama

多分ブログ系統が上位に多数登録されていると思います。

私が特に感じたのは「福知山線事故」というキーワード。

最近は改善されましたが、事故直後では素人の感想的なブログが

多数上位に入っていました。

一鉄道ファンとして、事故原因について詳しい人と議論したいために

Google検索をかけたのですが、釣れるのが素人ブログばかりだったので、

腹立たしい思いをしました。

(決して自分が執筆した事故関連記事

http://itaru-m.hp.infoseek.co.jp/tetsuco/173.htm

がGoogle上位にヒットしないために恨み言をいっているわけでは・・)

もっとも、最近になって、事故体験者の方による貴重な体験記が

上位表示されるようになり、

http://io5.no-blog.jp/iolog/2005/04/post_60b2.html

http://www.kysd.net/fuku42501.html

これは非常に参考になります。


[2]ホリエモン craran

「ホリエモン」で検索すると

http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&c2coff=1&q=%E3%8...

堀江貴文さんのブログの次に

「ホリエモン マニア?堀江貴文社長(ほりえもん)ファンサイト?」なるブログがあります。

このブログの内容はというと…

「無」に等しいです。。。


[3]Adobe sokyo

こんばんは。

Googleで「Adobe」をキーワードに検索

http://www.google.com/search?q=adobe

すると、

http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

Adobe Readerのページが最上位に来ます。

気持ちは分かるのですが、

私はAdobeのトップページが最初に来るべきだと思います。

まあ、それも2位にくるのでたいしたズレではありませんが。


[4]>1 サーバによって重みが違う? msugai

やけにブログが上位に来る気がします。史料価値の高いブログってあんまりないので腹立たしい思いをします。Google検索中は資料を探していることが多いので、そういう時にぐだぐだなブログが上位にヒットすると、リンクスパムまがいに感じられます。

あと、自信ないのですが、XREAのサーバ上のURLのランクが低い気がします。ドメインやIPで差がつくことってあるんでしょうか?


[5]>3 ありがとうございます itarumurayama

そういう「主客転倒」のような事例もお待ちしています。

親会社よりも子会社の方が上に来ちゃったとか。


[6]>2 なんだこりゃ itarumurayama

確かになにもない・・・


[7]>4 ブログの過大評価はやめて欲しい itarumurayama

「福知山線事故」では

http://ouchigahoshii.com/article/8565788.html

がたったひとつエントリを書いているだけで19位(06年04月04日時点)です。

これは恐らく「事故から半年たった段階で執筆された珍しい(新しい)エントリ」だから上位評価されたものと思われます。

なので、最新度も加味されて表示されているようですので、ブログはますます有利です。

ブログが過大評価されるアルゴリズムを修正しないと、今度はGoogle検索自体が見放されてしまいますよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ