人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大学の研究室の後輩に、
「研究(学問)は好きだが、実験はそんなに好きではない」
というのがいます。
最新の研究内容とかは知らなければならないけど、
自分自身が実験をするわけではない、という職種
(専門的、先進的であればあるほどいいと思う。論文を読みまくらなければならないほどだとbest)
にはどのようなものがありますか?

もちろん、一つには、
大学教授などがあるとは思いますが……
(教授は自分で実験はしてないが、最新知見を心得ておく必要がある…)

●質問者: match7
●カテゴリ:就職・転職 科学・統計資料
✍キーワード:先進 大学 学問 実験 教授
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●19ポイント

1.単なる評論家ですね。

2.大学教授であっても当然自分で実験すべきであり、自分が実験に立ち会うから真実が分かるのでしょう。

3.実験は様々な条件があり、実際に実験室で立ち会った人間でないと、隅々の仮定についてまで理解し得ないでしょう。

4.よって表面的には自分で実験をしなくても職務遂行は可能に見えても、実際に第三者に公表する場合、若しくは発表をする場合は当然に真実の理解が必要であり、実験現場に立ち会っていない人間には、永久に不可能なことと言えるでしょう。

5.世の中にある様々なエネルギーや商品は、科学者の実験や現場でのひらめきにより獲得しえたものです。その場にいない者には真実の追究は出来ず、単なる評論家に過ぎないでしょう。

◎質問者からの返答

評論家に、"単なる"をつけるのはどうかと思います。

評論家も、それはそれで立派な仕事であり、別に、研究者本人と差別をつけるような存在ではないと思います。

(割とリベラルな研究者としての僕の意見)

そして、多くの教授は、別に研究の現場に立ち会っているとまでは言えないと思いますが……

(学生やポスドクの話を元に、予算獲得のために一般演説をするのが教授の主な仕事)

というわけで、評論家を薦められたわけですね。

ところで、評論家なんて、なろうと思ったらなれるものなんですかね??

(他で名をあげないと、評論家にはなれなくないですか??)


2 ● practicalscheme
●19ポイント

研究の分野によってずいぶん答えが変わってくると思うのですが、文脈からして、その分野の研究は通常実験を伴う、と考えて良いでしょうか。

そうすると、その後輩さんは「自分で手を動かして研究すること」が好きというよりは、「最先端の研究成果を知って知識欲を満足させる」ことが好きということだと思います。

ひとつのアイディアとして、そういう最先端の研究の現場と実社会とをつなげるポジションというのはどうでしょうか。職種としてあえて言うならコンサルタントになると思いますが(この名称は指す範囲が広すぎてあまり意味が無いですが)。最新の研究成果を知っていて、かつ経済や産業の動向も心得ている、という人材はtechnology transferに必要だと思います。

◎質問者からの返答

分野は、僕の後輩なので、生物系、

ただ、好奇心のある分野としては薬学とか医療系も含むでしょうか。

そういう推測は僕もしましたけど、

具体的に職種で何かありますかね?


3 ● momentum
●18ポイント

上記の条件を満たすものは,科学雑誌などの専門誌の編集者や論文検査員,査読員まあこの場合も,雑誌社からの依頼かまたは就職する際にある程度の経歴と見識が必要になるとは思いますが・・

どちらにしろ,研究に(好みの形で)関わりながら生きていくのって,とても大変なことだなと思います.

◎質問者からの返答

ああ、それがありましたね。

科学雑誌の編集者とか。

そういえば、Natureとか、ああいうところに就職してる人って、どんな経歴の人なんですかね??


4 ● fet-33
●18ポイント

生物学系の研究室にいた者です。

友達が実験試薬や機器を扱うメーカーの営業に就職していました。

大学教授や研究室への営業などは知識が無いとできませんが

実際に実験をするということは殆どないようです。

ただ、サンプルを作ったりというイレギュラーな仕事はたまにやっているようです。

◎質問者からの返答

確かに、実験試薬や機器の営業だと、

研究の知識は必要ですね。

3、4はいい具体例だと思います。


5 ● yas-mal
●18ポイント

「研究」という言葉でイメージされる「学術的な研究成果」とは少し離れてしまいますが、各企業の「知的財産」セクションはどうでしょうか?

自企業の研究開発の成果を把握し、どう生かしていくか、また、他企業の研究成果である特許をどう回避するか。

…という意味で、他人の研究を把握することが仕事になってきます。

海外のものも含め、論文を読む必要はかなりあるようです。

「技術的な意味の研究」が多いかも知れませんが、企業によっては、学術的な研究をしているところもあると思います。

これからますます重要視される職業だと思います。

◎質問者からの返答

知財も、論文読んだりとかの必要があるんですかー。

企業勤めじゃないから知らなかったなあ。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ