人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

こたつに入るなど、足を温めると眠くなります。

足に熱が加わると血管や血流などに変化がおき、眠くなるのでしょうか?できれば医学的に知りたいです。

●質問者: kitokito
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:こたつ 医学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● osashimi
●27ポイント

http://www.tokyo-gas.jp/mm/2/

こたつに入ると足などの下半身が暖められ血管が拡張して血液が下半身に

多く運ばれ、その結果相対的に脳に送られる血液の量が不足するのが原因

といわれています。食事の後に眠くなるのも同じような理由からです。

こう書いてあるメルマガもありましたが。


http://kasegou.fc2web.com/sleep/tairyoku.html

睡眠と体温の関係

人間の体温は1日のうちで1度ほどの高低差があり、

体温が下がるときに眠気がきて

体温があがるときに目が覚める仕組みをもっています

あかちゃんが眠くなると

手足が暖かくなってきます

これは手や足の毛細血管に血を流して

手や足から放熱しているのです

そのときには

からだからも汗を少しだし放熱を盛んにしていきます

そうなると

からだの深いところの温度は下がっていきます

この ふかいところの体温が下がると眠気が出てきます

http://suimin-syougai.com/2006/02/post_24.html

足にはツボが集中しているので、足を温めることで血行が良くなります。

忙しいとき、風邪を引いてお風呂に入れないときなどには、足湯は最適です。

足湯の場合、お湯は洗面器やバケツなどに入れるだけでいいのでお手軽です。

お湯の量は好みですが、くるぶしくらいまであれば十分でしょう。

お湯の温度は、ツボを刺激してときほぐす作用をねらいたいので、熱めのお湯が良いようです。

だいたい、45度?47度くらいの熱いお湯に、5?10分くらいつかると効果的です。

足がじんじんするくらいが良いようです。

眠るには体温が下がらなければなりません。

体温が下がるためには、熱の逃げ道が必要です。

足を温めることで血行が良くなるので、皮膚から熱を逃がすのです。

こちらの足を温めると血液の循環がよくなり、体温の放出がされるので眠くなるという論の方が説得力があるようない気がします。


2 ● ywata
●27ポイント

http://www.1total-support.net/suimin/21sikumi/

食事の後は眠くなる。→胃に血液が多く流れる。

こたつにはいると眠くなる。→足に血液が多く流れる。

脳に血液が行かなくなると、と誰かに教わりました。が・・・?調べてみると違うようです。(ポイント不要)


3 ● impetigo
●26ポイント

http://www.selfdoctor.net/mame/2004_11/mame2004_11.html

なるほど、赤ちゃんを見れば説明可能です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ