人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

労災保険の仕組みについて教えてください。

●質問者: perule
●カテゴリ:経済・金融・保険
✍キーワード:労災保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● akitakanao0226
●35ポイント ベストアンサー

http://www.rousai-ric.or.jp/frame/03frame/i0300.html

労災保険は法律に基づき国が行う強制加入の保険です。従業員(労働者)が業務上の理由で怪我をしたり、病気になったり、障害者になったり最悪死亡したりした場合には健康保険は使えず、雇用者(会社)がその人のお医者さん代や遺族の面倒を見なければいけません(労基法)が、巨額のお金が必要で会社が倒産するかもしれません。そこで、国が代わりに面倒を見るという制度です。保険料は全額雇用者が負担します。従って、従業員を1人でも雇うと、雇用者は加入の手続きをして保険料を収めなければいけません。これを怠ると法律違反で罰せられます。しかしもしこの手続きをしていなかったり雇用者が労災の使用を拒否しても、被災した労働者は、治療費(全額)や休業補償(休業日につき賃金の60%)や障害補償や遺族補償(この二つは年金か一時金)を受ける権利が法律によって保障されています。また、この制度は通勤上の怪我等の場合にも使えます(例えば昨年のJR福知山線の事故)。窓口は各所にある労働基準監督署です。なお、社長やその家族や一部の会社役員は対象外ですが別の制度で救済されます。この他にも労災保険制度には被災労働者救済のために各種の事業があります(例えば、被災者の子供の就学費用の援助等)。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● KairuaAruika
●23ポイント

http://www.kaito-sr.com/writing/20050606.htm

http://blog.mag2.com/m/log/0000125194/106878332?page=1

http://www.taiwa.ac.jp/syllabus/eiyou/3_044.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● p00437
●30ポイント

http://www.seiei.or.jp/idx10/zk100504.html

労災保険の仕組み

適用対象事業所

適用事業は、法律によって保険加入が義務づけられる「強制適用事業」と、保険加入をするかどうかが事業主の意志に任される「任意適用事業」とに分けられています。

給付の仕組み

労災保険は、業務災害による稼得能力の損失を回復・補償することを目的としており、業務災害発生時には、その回復のために必要な給付とリハビリテーションが行われます。また、回復できない損失については現金給付が支給されます。このような労災保険による災害補償では、業務災害による精神的障害や物質的損害は給付の対象となりません。

◎質問者からの返答

分かりやすいページのご紹介ありがとうございました。


4 ● KIKOlove
●22ポイント

大元の国のサイトです。

厚生労働省:労災保険制度

労働局によっては、解説のページを設けているところもあります。

厚生労働省:リンク集

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ