人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社員ですが、5月に自分の会社を作り、セカンドビジネスをしようと思っています。会社は副業を禁止していません。家賃やPC関連費など、自分の会社の経費として計上し、出費を抑えても法的に問題ないのでしょうか?

●質問者: tattsuji
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:pc ビジネス 会社 会社員 副業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

[1]「出費を抑えても」法的に問題はありません notapachi

●家賃:

1)新たに事務所を借りる:全額経費として計上できます。

2)自宅を兼用する:賃貸の場合、生活と事業の比率によって経費として認められます。

●PC:事業に使う目的で購入したのなら、経費として認められます。

●在職中の会社から受け取っている「給与」以外の事業所得があった場合は、毎年確定申告を行う必要があります。

その際、青色申告(事業者向け)を選択すると基礎控除額が増えるというメリットがあります。また、赤字が出た場合に翌年に繰り越すことができます。

青色申告は貸借対照表を作成する必要があるなどの手間がかかってしまうので「絶対的に有利」とはいえません。一度青色で申告すると、白色に戻せない、ということもありますが、検討する価値はあります。

●青色申告を行うためには、所轄の税務署に申請書を提出しなければなりません(所在地や代表者、連絡先などを記入するだけ)。

また、期限が決まっているので注意が必要です。

>▼新規開業の場合の提出期限:

>1月1日〜1月15日までに開業 → その年の3月15日まで

>1月16日以降に開業 → 開業日から2ヶ月以内

●がんばって下さいね〜

http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/CU20021105E/i...

(URLは「初めての青色申告ガイド【前編】 - [フリーランス]All About」)


[2]家賃 kamisama

借りている家の契約で「住居以外の使用を禁止」している場合、経費で落とした場合、追い出される可能性もあります。


[3]基本的に問題ないと思います。 rinorandino

オフィスが自宅の場合は家賃も経費で落とせます。

経費で落とせるものとしては、

以上は個人事業主の場合です。

http://www.kanesara.com/sidebusiness/41keihi.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ