人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

学校や施設等で使用できる、簡単なケガ、事故等の対応マニュアルのようなものを探しています。応急処置の知識のないボランティアでも使用できそうなわかりやすいものを探しています。例:
http://www.satohshoji.co.jp/k_kikikanri4.html
こちらのリンク先は、ちょっと単純すぎるので、もうちょっと詳しいもの(できればそれでいてむずかしすぎないもの)が理想です。

●質問者: naoday
●カテゴリ:学習・教育 趣味・スポーツ
✍キーワード:いもの ボランティア マニュアル リンク 事故
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● stnet
●20ポイント

http://www.niph.go.jp/soshiki/shogai/jikoboshi/public/index....

こちらの7章でドウでしょうか


2 ● Broadway
●20ポイント

ちょっと失礼します。

応急手当ですと、詳しい処では神戸市消防局編「救急車が来るまでに」をどうぞ。

さすが、阪神大震災を乗り切った消防局だけに、実用的です。先に御持ちのWeb頁と合わせて利用すると良いでしょうね。

総務省消防局の応急処置マニュアルも勉強になります。

事故対策の中心となる方が、各地の消防本部で開かれている応急手当講習等を受けて置くと、何かの時に色々役立つ事と思います。

必要に応じて危機管理マニュアルも、川崎市編「校内の安全に関する組織活動」[PDFファイル]等、色々参考にされて作られると良いでしょうね。

まずは御紹介まで。御役に立てれば幸いです。


3 ● sudayosiaki
●20ポイント

http://www.fdn119.jp/manual/

写真つきで解説しています。

http://www.jrc.or.jp/safety/index.html

事例が多く、イラスト付き。


4 ● nischiura2006
●20ポイント

http://www.selfdoctor.net/nurse/2000_12/nurse2000_12.html

ここなんかどうでしょう?たぶん既出の可能性が高いので一言。

事故が起こらないような準備・工夫も合わせてお考えになってはいかがでしょう?


5 ● impetigo
●20ポイント

http://www.ohrys.co.jp/aed/aed_1.htm

今は公的な場所に設置される事も多くなりました、将来学校では義務化されるでしょう

◎質問者からの返答

一括レスで失礼します。心肺蘇生法などについて、わかりやすいページをご紹介いただきありがとうございました。

あと、質問文の例のように、心肺蘇生ほど大げさなものでなく、擦り傷、内出血、打撲、突き指程度のケガの対処法を紹介したサイトはありませんか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ