人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人情報保護法はこの場合どのように私を守ってくれるのでしょうか?
(内容)
東証1部上場会社の部長の肩書きを持つ人物が同じく東証1部上場の私の会社の上司を通じて営業副部長を探しているので紹介して欲しいと依頼して来ました。 私の上司の判断で、私が推薦され、過去に一年間のうつ病休職の事実がある履歴書を提出しました。 しかし、半年後、先方から採用計画がないので履歴書を返すと言ってきました。先方の言い分は部長自身が履歴書を個人的に持ち続け会社内で閲覧していないということですが、採用を示唆して個人情報しながら採用計画はなかったというのは、不正な個人情報取得に思えてなりません。 このような場合、どのような処置をとれば良いかお教え下さい。

●質問者: tvcwxxyyzz
●カテゴリ:政治・社会 人生相談
✍キーワード:うつ病 一年 上司 上場 不正
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

[1]問題ないのでは l-lol-l

これを見る限りでは特に問題ないと思います。


[2]個人情報保護法の定義 seble

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/houritsu/index.html

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/kojin/gaiyou/index.html

個人情報保護法に限れば、今のところ個人が個人の情報を取り扱う事に関してまでは関与していません。

個人情報取り扱い業者に関して規制しているだけですし、その上、罰則の緩やかです。

個人の場合は、名誉毀損や詐欺などで処理できるかも?


[3]>1 同じく問題ないと思います。ただし… jo_30

保護法全文(参考)

ただし、もし仮にその会社が「本当は採用計画などなかったのに、あなたの個人情報を取得する目的で偽って履歴書を提出させた」ということなら、「利用目的の明示?適正な取得」という原則に違反することになるでしょう(二十条以降をご覧下さい)。

とはいえ、これについて国などの監査機関があるわけではありません

訴えるとすると、あなたが当該事業者を民事訴訟で訴えることになるでしょう。その場合、おそらく「『採用計画が無い』と言ったのは、『不採用』の婉曲的表現であり、採用計画は事実存在した」とでも主張されれば、それ以上どうしようもないという可能性が非常に高いと思います(採用計画がもし存在したとすれば、訴えの根拠自体がなくなります)。


[4]個人情報保護法を盾に争うのは難しいでしょう。 Xegnyph

1.人材登用の採否を審査するための情報収集として履歴書を求めることは事前に提示されていた。(情報取得の目的を明確に示している)

2.目的外の利用をしていると疑っているわけでは無い。

3.不要となった情報を不当に保持していない。(履歴書は返却されている)

4.本人合意の上での履歴書の提供である。

などなど、個人情報保護の観点からは違法な行為は読み取れません。

また、上場企業だとか担当者の肩書きや役職だとかは、個人情報保護とは何ら関係はありません。

また、一般の人材募集に対してではなく役職者の縁故での採用を狙って履歴書を渡したのですから、会社として公式な採用計画があったかどうかは関係ないでしょう。

「社内で閲覧していない」という点も、縁故採用という事情から無用な回覧を回避しているのですから、むしろ個人情報保護には細心の注意を払っていると考えられます。

「採用を示唆しておきながら…」とのことですが、それは個人情報保護の問題とは異なります。

明確に採用を約束していたのに一方的に反故にされたというのであれば契約違反を指摘することも考えられますが、「半年後に?」と結果待ちをしていることからもわかるように、あくまでも検討の結果で採否が決まるということも合意していたことが伺えます。

先方の会社に落ち度があるようには読み取れません。

「どのように私を守ってくれるのでしょうか?」とのことですが、あなたの権利は何も侵されていませんよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ