人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: studio15
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:ng イメージ カラオケ ジャガイモ スピーチ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

6 ● artie
●10ポイント

克服しようとするからダメなのでは。

「私のようなアガリ症でもこのような立場の人間になれるのです。

ですから皆さんもあまりきばらずに普通にやってみてください。」

とか、自分の短所(?) をねたにスピーチしてみてはいかがでしょう。

要するに、公の場で、かざらずありのままの自分をさらけ出してし

まうということです。

なんども使えるテーマではないですが、こういうのを数回やって

いれば、そのうちリラックスしてできるようになると思います。

あと、ネクタイを外すことですね。首がきついと緊張して声が出な

くなることがあります。

これらも普通の対策ならごめんなさいね..

◎質問者からの返答

1件目で既出のような。


7 ● chapuchapu2525
●1ポイント

私も新卒で入社したときにあがり症で大変でした。しかし、こう考えてみてはどうでしょうか?自分が成長していくために「よしっ、わざと緊張する場を自ら呼び込んで率先して経験して、いろんなことを克服していこう」という感じに考えてみてください。わざと自分を「緊張する場」に置くのです。私はそれでかなり克服しました。経験はもちろん大切だと思いますが、要は「考え方・気持ち」次第だと思います。

私の一意見として聞いてください。初めからあまり緊張しないラフな感じの新入社員と、初めから緊張してばかりのあがり症新入社員だったらあがり症の方のほうが伸びると私は考えています。まずはそのあがり症という壁を乗り越えれば、そこから自身が出てきてどんどん成長していくと思いますよ。こんな感じで前向きに考えていけば今後社会人として期待される人材になっていけるのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

ショック療法は不可です。


8 ● はまちゃんぺ
●1ポイント

私も以前波究極の上がりしょうでしたが下記の方法で少しましになりました。

?とにかくゆっくりしゃべる

上がり症のひとはスピーチなどで「うまくしゃべろう」という意識から知らないうちに早口でしゃべるようになってしまうそうです。ですから自分でも意識して一言一言極端にゆっくりしゃべってみてください。

?意識を分散させる

上がり症の人に有効なのは「脳の意識を分散させる」事だそうです。たとえばスピーチのときに左手はグーパーを繰り返すとか。スピーチのときにオーバー手振り身振りする人がいますがこれはあがり防止にも非常に有効だそうです。

◎質問者からの返答

普通の対策ですねえ。


6-8件表示/8件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ