人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「WEBサイトを訪れたユーザーは、3秒でそのサイトを見るか見ないか決めてしまう」
みたいな記事を昔どこかで見た気がします。
そのあたりの記事を知っている方、教えていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

●質問者: you-01
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:webサイト サイト ユーザー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● inosisibeyan
●17ポイント

http://slashdot.jp/askslashdot/article.pl?sid=06/04/14/03462...

現在上がっているニュースですが、同様の事を言っております。

◎質問者からの返答

さっそくの回答ありがとうございます。

今回の質問は検索エンジンに関する事ではないのですが、参考になりました。


2 ● konoha788
●17ポイント

http://portal-navi.com/book-accessup/index.html

著書でしたら、この黄色の本に

私も持ってます。

◎質問者からの返答

なるほど。書籍の中のものでしたか。

WEB上にもそのような記事があっても良いかと思いますが、もう少し探してみます。


3 ● stnet
●12ポイント

http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/4616700.stm(英語)

3秒ではなく50ミリ秒ですがこちらの記事のことかと

http://blog.goo.ne.jp/einichi/e/c656c6f9177e97042a4f504b40de...

http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/4616700.stm


4 ● aiaina
●14ポイント

こちらどうでしょう?

http://e-words.jp/w/8E7A792E383ABE383BCE383AB.html

今では大分回線も早くなったので、1秒ルールもあると本で読みました。


5 ● tmasao
●16ポイント

8秒ルールとは 【8 seconds rule】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典によれば、Web制作業界では「インターネット上のWebページはユーザがそのURLを訪れてから8秒以内に表示されなければなら」ず、さもないとユーザが立ち去ってしまうといった経験則がささやかれていたようです。

これが近年の回線高速化で3秒などになっている場合もあるとのことです。

根底には、著名なWebユーザビリティで著名なニールセンによるAlertbox: 求められるスピード(1997年3月1日)にあるような:

人間工学の調査からも、やはり反応時間は1秒以上の速さが求められることがわかっている。例えば、1970年代と1980年代にIBMが行った調査では、ファンクションキーを押して反応が返ってくるまでの時間が1秒未満になったとき、メインフレーム・ユーザの生産性が向上することがわかっている。

残念ながら、近いうちにウェブ上で1秒以下の反応時間が実現する見込みはない。となると、ユーザは、この先もダウンロードの遅さに悩まされることになるだろう。したがって、当面の反応時間の目標としては、ユーザのページのダウンロードが遅くとも10秒以内に終わることを目指すべきだ

といった考え方なのでしょう。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ