人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

回答についての意見をお聞かせください。
質問に到った経緯や前提が不明でかつ質問内容に対する質問者の知識が不足していると
思われるような場合、どういう回答をしますか?またした方がよいと思いますか?
一例ですが、パソコンの購入に関する質問で予算と希望の性能のみが記載されているが、
その予算で該当の性能のパソコンの購入は難しい、といったような場合です。
こうした場合、直接の回答はありませんが、実は用途がインターネットや表計算等で予算内
で購入できるパソコンでも充分というようなケースです。

●質問者: mikadeko
●カテゴリ:はてなの使い方
✍キーワード:インターネット パソコン 予算 希望 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●50ポイント

1.「ご要望の金額では、当該性能の機種の購入は困難でしょう。最低でも○○万円はかかります。ご要望の金額で購入できるパソコンでは、△△の機能が付けばいいほうです。」

→と言った内容ですかね。

2.不可能なら不可能であることを明確にし、どの程度なら可能かを回答して上げますね。

3.個人のデイトレードが増加したため、結構はてなの質問でも証券投資に関わる質問が増えましたが、証券投資を博打の一種と考えている人が多い。また、違法な行為が出来ないかを、平気で質問している。

→回答の最後にやめることをお勧めします、と書いてます。世の中柳の下に泥鰌だらけ、なんてことは無いですからね。


2 ● pxb12663
●30ポイント

質問者の意図が不明瞭な場合でも、「例えばこういうことであろう」と前提をして、そういう場合の回答をします。

前提条件が一致した場合は、そのまま回答になりますし、違う場合でも大体は質問者が「いやそうではなくて、??ということです」と返答してきます。後々の回答者も答えやすくなるのではないでしょうか?


3 ● double_ka
●15ポイント

その予算では該当の性能のパソコンの購入は難しいです。

用途がインターネットや表計算等でだけならば、こんなPCでも問題ないですよ

URL。みたいな


4 ● Guadagnini
●50ポイント

前提が不明、条件があいまいな質問の回答をした事があります。


1.どのような前提が不足しているのかを明らかにする

2.推測した前提を明記した上で、その条件なら○○です、と答える

3.次のご回答者様のために、(具体的な不足要素)を明らかにしたほうが有益な回答を得られますよ、と、(要らぬ)助言をする


という回答を致しております。ほとんどのご質問者様からは、こちらの要らぬおせっかいを好意的に受け止めて頂き、返答の形で不足要素を明らかにして頂けております。


以上、何かのお役に立てれば幸いです。


5 ● TomCat
●70ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1144509437#a511276

上記URLの質問に対する私の回答は、

質問者の問いに直接答えていない、

ちょうどこのご質問に当てはまるようなものでした。

こういう質問にどう対処すべきか。

迷いますよね。

自覚症状に基づいて予想される病名を問う質問は多々あります。

しかし多くの場合、私はそうした質問には

回答しないことにしています。

それは、医師でない立場の者が安易に答えるべきではないし、

明確な回答が出せない質問にいい加減な答えを出して

まがりなりにも対価を得てしまうというのはまずい、

と考えるからです。

ただ上記URLの質問に関しては、万一の神経系の異常を考えると、

どうしてもきちんとお医者さんに診てもらうことをお勧めしたかった、

私が回答する時点ではなかなか回答が付かず、

質問が終了した後にコメントを付けるより

回答として書いた方が確実に伝わると思った、

といった理由で、敢えて「禁を破って回答してしまった」

というわけです。

幸いこの質問に関してだけは、それでご質問者の方の

納得が得られました。一応、結果オーライでした。

・・・・でも、通常は、こういうことはするべきではないと思っています。

こういう回答の仕方で十分な納得が得られることは、

本当に稀なことだろうと思います。

質問者の納得が得られない回答は避けるべきです。

これが、はてなにおける回答の原則だと思います。

特に、

一例ですが、パソコンの購入に関する質問で予算と希望の性能のみが記載されているが、

その予算で該当の性能のパソコンの購入は難しい、といったような場合です。

こうした質問の場合、質問者も、それは通常無理だと分かっている、

だからわざわざ、はてなで聞いてみようと思い立った、

という可能性があります。

となれば、質問内容を十分に満たせる回答を必死で考えて回答するか、

あるいは自分の手には余ると回答をあきらめるか。

そのどちらかしかなくなります。

予算内で最も安価かつ高性能、拡張性の高いのPCを購入して、

後日のグレードアップで希望のスペックを満たす方法、

型落ち、あるいは中古を購入してそこに別途何かを追加する方法、

等々の様々な手法を考慮し、

実際に売られている機器の組み合わせで本当に実現できるかを検証し、

質問者も予想していなかったような妙案が出せるなら、

これはもう「いるか賞」ものでしょう。

でも、そうでないなら、中途半端な回答はすべきではありません。

なぜわざわざ、はてなで聞くのか。

それは不可能を可能にする知恵が得られるかもしれない

という期待からかもしれない。

だとすれば、その期待を裏切るような回答はすべきでない。

そう考えていかないとまずいと思います。

基本的に、回答者には、知識と知恵の両方が求められます。

知識だけでは常識的にそれは無理だとしか答えられない所に、

知恵を働かせて新たな可能性を提示できる機転がうまく働いた時にだけ、

こうした質問に回答が出来ると。

そうでなければ、他の人の機転に任せて自分は手を出さずにおこうと。

そう考えていくことが妥当かと思われます。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ