人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建築士の方に質問です。
1.地震の時に危ない建物とかは見て分かるものなんでしょうか?
2.建築士の仕事で一番苦労した経験、あまり人には言えないウラ話などを(語れる範囲でいいので)教えてください。
(低予算で(短期間で)ムリヤリ設計させられた、ここの構造はどう見ても危ない、など)

●質問者: KOBO
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:ウラ 予算 地震 建物 建築士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● tsubasa5519
●23ポイント

1.地震の時に危ない建物とかは見て分かるものなんでしょうか?

→構造専門でないのですが、外からのぱっとみではまぁまず、わからないでしょう。

2.建築士の仕事で一番苦労した経験、あまり人には言えないウラ話などを(語れる範囲でいいので)教えてください。

(低予算で(短期間で)ムリヤリ設計させられた、ここの構造はどう見ても危ない、など)

→はっきり言って、苦労ばかりです。

が特に、工期の問題というのが正直、切実なところです。

建築というのは、スパンがそれなりに長いもので

阻害要因がありとあらゆるところから、発生してきます。

それに対して当然、商品の引渡し日というのが設定されています。

予想外のアクシデントが発生すると、その分工期が圧縮されてしまうのですが、経営的な観点からすると工期を延長することもできず

(売上金額が1件落とすと大幅に減ってしまう)最終的に突貫工事ということになります。

コンプライアンスという観点は、今後どの会社でも重要視されるので、特に大手は信頼できると思いますが、設計工期、工事の工期を十分にとることが、必要なのではないでしょうか?

◎質問者からの返答

早速のご回答ありがとうございます。

やっぱりプロの方でも見た目じゃ分からないもんなんですか。ん?。

まず締め切りありきで行われてしまうんですね?。

「予想外のアクシデント」というのがどんなものがあったかも教えていただけると嬉しいです

(思い出すのも辛いのかもしれませんが…)

引き続き回答を待ちます?。


2 ● tsubasa5519
●23ポイント

近隣住人。

や○ざ。

市役所・消防署の無理難題。

融資。熟年離婚予定で奥さん以外保証人つかなくなったりとか。。

今はマンション、アパート系の設計業務なので、ちょっと違った設計をしてるヒトは、また面白い話があると思いますよ。

◎質問者からの返答

早くも具体例がww

893さんはちと辛いですね?。

熟年離婚予定というのも世知辛い世の中ですな。

ありがとうございました。


3 ● laq
●22ポイント

1.地震の時に危ない建物とかは見て分かるものなんでしょうか?

「危なそう」な建物なら、いくつかのパターンがあります。


○地震時に中に居ると危ない建物

・鉄筋コンクリートの建物で、コンクリートがぼろぼろで、さびた鉄筋が外からでも見えるもの

・木造の建物で一面(道路面など)に壁がなく、大きな窓や出入り口になっているもの

・古い木造の建物で、屋根が土と瓦で葺いてあるもの

・何度も増改築を繰り返している建物

一般的に「本体の構造が傷んでいるもの」と「壁が少なく屋根が重い建物」は危険といえます。構造が複雑な建物や、後からつぎはぎのように増改築を繰り返した建物も、同様に構造上の配慮がなされていない場合があります。


○地震時に近づくと危ない建物

・タイル貼りの建物で、タイルが浮いているもの

・事務所ビルなどで窓際にびっしり本棚などが並べてあるもの

・鉄製のサッシで、ガラスがコーキングで固定されているもの

・建築中の建物

外壁やガラスなどが飛散して落下する可能性のある建物は危険です。広告カンパンや建築中の建物の建材などにも注意が必要でしょう。


2.建築士の仕事で一番苦労した経験、あまり人には言えないウラ話などを(語れる範囲でいいので)教えてください。


建築士といっても仕事の内容は多岐にわたるので一般論になりますが、自分の設計ミスというのが一番対応に苦慮することになるでしょうね。

設計上のほんのちょっとしたミスが大きな損害につながりますから、施工費の数パーセント?十数パーセントで請け負っている設計事務所では、損害賠償を請求されるとかなり苦しいと思います。そうした場合に備える保険もありますが、加入していない事務所も多いようです。

いずれにしても仕事で一番難しいのは人間関係で、これはどの職業でも同じでしょう。建築士特有の特殊な困難さがあるとは思いません。


ウラ話といえば、建築士を名乗るNPO法人の方が、一般主婦向けのセミナーで「こういう悪徳リフォーム業者に気をつけろ」というような内容で「心配なら私が信用できる業者を紹介します」という話していたらしいのですが、実はNPO法人の方は紹介した会社に後でバックマージンを要求している、という噂を聞いたことはあります。

あくまでもウラ話、噂ですので真偽の程は不明です。

建設業界一般のウラ話ならこちらにたくさんありますが、九州圏内の方でないと話についていけないでしょう。

◎質問者からの返答

増改築繰り返すとやっぱりやばいんですね。

窓際の本棚も盲点でした。

九州の話はちょっとわかりません…_| ̄|○


4 ● no14
●22ポイント

1.

実際、見ても解らないというのが現状です。

建物を壊して構造体の中を見て、鉄筋の本数が足りないので危ない。とか金物が少ないので補強が必要とか、外装・内装を施した建物は外見から判断する事は非常にムツカシイ。

(木造・鉄骨造の場合、建物を構成する部位が見えれば判断する場合もあります。)

危ないと思われるものは3の方が書かれている通りです。

強いて言えば鉄筋コンクリート造の場合、壁にヒビワレが発生のしかた(方向や位置、長さや隙間のサイズ)等から危険な可能性があると判断する事はあります。

2.自分の意思がないお客様が困ります。

何度も何度もプラン変更、実際にはやらない方もいらっしゃいます。やっぱり対人関係でしょうか。

◎質問者からの返答

そんな輩がいるんですねぇ…

改めて頭が下がります。

ありがとうございました。

引き続き募集します。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ