人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【法定相続権範囲から兄弟を除外せよ】
兄弟に法定相続権を認めることにより、様々な弊害が生じています。

質問詳細については長いので
http://d.hatena.ne.jp/itarumurayama/20060418
をご覧下さい。

1.諸外国でも兄弟に法定相続権を認めているのですか?
外国の相続法の実例をご教示下さい。
2.そもそも兄弟に法定相続権が必要なのでしょうか?
兄弟を法定相続対象から外した方が、メリットが大きいと思います。

【メリット】
★国庫収入が増える。
★不公平感の除去
★社会的手間の削減
★財産の塩漬け状態の解消

フリートーク宜しくです。

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:フリートーク メリット 兄弟 収入 国庫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

[1]扶養義務との均衡 gustav5

1,フランスは兄弟姉妹に相続権があります。全てに優先して順位1位は子ですが、たしか子がいなければ2番めは兄弟姉妹で、子、兄弟姉妹がいないと尊属や配偶者になります。(遺言の自由はフランスではかなり認められています)

2、お手許に六法があったら民法の877条を御覧ください。兄弟姉妹には扶養義務があります。生活扶助義務にとどまるとされていますが、扶養義務を兄弟姉妹に賦している以上は相続権を兄弟姉妹にあたえてもそれほど不均衡とはおもいませんが。


[2]>1 フランスの子優先は興味深いですね itarumurayama

というか、配偶者が冷遇されすぎ。

扶養義務なんですが、はっきり言って兄弟間については空文条項、といってもいいのではないでしょうか?

扶養義務規定もろともに削除して差し支えないと思います。


[3]>2 遺言 gustav5

フランスにおいては遺言の自由が認められている、と書いたつもりですが。

扶養義務規定を削除しろとの意見ですが、肉体的・社会的事情等により弱者になったら路頭に迷えとでも?

扶養義務の内容を決定する基準については明確な規定はありません。しかしながら特定の者に過酷な負担とならぬよう配偶者のほかに直系血族や兄弟姉妹を想定してるとおもわれます。


[4]>3 日本でも遺言の自由はありますよね? itarumurayama

法定遺留分はありますが。

(兄弟には遺留分は存在しない)

まあ、遺言がほとんどなされていない実情、という問題はあります。


[5]>4 あえて申し添えますが gustav5

私の回答は、フランスにおいていわゆる相続法の分野で配偶者は明文上兄弟姉妹より優先順位は低いですが、遺言によって修正されている実情がある、という意味ですが。

日本において遺言の自由がないという趣旨ではありません。




いわゆる教室事例で恐縮ですが、質問者の方のおっしゃるとおりに兄弟姉妹に相続権を認めない場合に、両親等がいない兄弟で、兄が自動車事故被害者として死亡した場合、不法行為による損害賠償請求権を弟が請求できなくなりますよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ