人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

敷き物の歴史について調べています。

敷き物というと、座布団・絨毯など様々なものがあると思います。

日本では、古い時代よりずっと使用してきたのでしょうか?

歴史、うんちく、最新事情などどんな情報でも構いません。

よろしくお願いします。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:事情 座布団 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● hanamiyabi
●19ポイント

http://www.jin.ne.jp/platz/history.html

座布団の歴史です。

http://www.carpetandrug.net/persian02.html

絨毯の歴史です。


2 ● double_ka
●19ポイント

座布団は畳に由来していると言われていて、元来、畳は筵(むしろ)を 何枚か重ねて作られたものであり、寝具等に使われていたよう です。さらに時代が進むにつれて、畳の上に茵(しとね)〔薄畳 (うすじょう)を芯にして布で淵を貼り付けた正方形の敷 物のこと〕が敷かれるようになりました。それと寺社で使用され ていた「円座」も混用されて、現在の座布団に進化しました。現 在のように中綿の座布団が作られたのは、江戸時代の中期以降で、 一般家庭に普及したのは、大正時代に入ってからと言われています。

http://q.hatena.ne.jp/answer


3 ● double_ka
●18ポイント

座布団は本来正方形だと思っていませんか?実は、縦方向に長い 長方形が、本来の正しい形と言われています。それは正座したと きに膝を合わせた幅よりも、膝下の方が長くなるために、一般的 には幅よりも奥行きの方が、約一寸程度長く作られているそうで す。また座布団には、前(正面)がきちんと決まっていて、4辺 のうちで縫い目がない辺が、座布団の前になります。

http://q.hatena.ne.jp/answer


4 ● aiaina
●18ポイント

こちらは如何でしょうか?

http://www.carpet.or.jp/re.htm


5 ● hamao
●18ポイント

http://www.tatami-ya.co.jp/qa3.htm

敷物はすでに古墳時代に存在していたようですな

古事記では今でいう藁などの敷物を畳と表現していたようです

奈良時代までは板敷きの生活でしたので必需品だったようですな

皮畳などの表現から牛皮なども敷物として使われていたのでしょう


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ