人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

3月に広告宣伝費が発生しました。 (仕訳) 3/31 広告宣伝費 / 買掛金 4月にその代金の支払を致しました。(仕訳) 4/15 買掛金 / 現金 しかし、その後支払った一部が支払わなくてよい代金と分かり、返金してもらう事になりました。 5月15返金時の仕訳を教えて下さい。 まだ3月の伝票を追加出来るので何か適切な他の勘定科目に振替たいと思います。3月の経費を新年度の5月に入金になった時に 5/15 現金 / 広告宣伝費 ・・・と言う様に前期の経費戻しの仕訳をしたくないので。適切な科目と、その処理が適切な処理である理由も教えて下さい。宜しくお願い致します。

●質問者: sanma
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:3月 広告宣伝費 新年度 現金 買掛金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● riesyan
●35ポイント

http://www.get-boki.com/phrase/55/000315.html

単純に「雑益」でよいと思います。

決算時に現金過不足が・・・となっておりますが、無理矢理勘定科目にあてはめてしまうより雑益で収支を計上した方が計算書上もすっきり見えると思います


2 ● takarin473
●35ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1145525469#answer_form

まず広告宣伝費の支払い時の仕訳ですが、簿記上では買掛金ではなく、未払金で処理するのが正しいと思われます。前期に払いすぎた分を返還してもらった場合ですが、会計上、費用は次期以降繰り越せないので、貸方を広告宣伝費にするのはおかしいでしょう。

となると、どんな勘定科目にすればよいかと言えば、雑益(又は雑収益)にするのが妥当と思われます。

ちなみに、当方は簿記1級所持者です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ