人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

早起きをしたいと思って早く寝るようにしているのですが、どうしても二度寝、三度寝をしてしまいます。一回ベッドから出てもまた布団に入っていつもぎりぎりまで寝てしまいます。きっと低血圧なのだと思うのですが、早く起きても二度寝しないコツを教えてください。

●質問者: きよひろ
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:二度寝 早起き 血圧
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 19/19件

▽最新の回答へ

1 ● Broadway
●13ポイント

ちょっと失礼します。

丁度4日前から同じ様な御質問

http://q.hatena.ne.jp/1145151693

が出ています。

私も書いてます。

宜しければ、参考にしてみて下さいな。

まずは御紹介まで。御役に立てれば幸いです。


2 ● daiyokozuna
●13ポイント

体温を上げましょう。

真夏に寝苦しい事はあっても、真冬にはないでしょ?寒い、涼しい、汗が出ない・・・・・これらは眠りと非常に相性がいいんです。

ですから、反対に少し汗ばむくらいに軽い軽い運動、腕立てでもスクワットでもして、心拍数も少し上げて見てください。脳が起きるはずです。(起きた直後じゃないですよ、心臓に悪いですから。)脳が筋肉を収縮させると筋肉が熱を出し、また脳も興奮します。眠い状態とは正反対の状態です。

あとは早く寝るだけです。


3 ● owl
●13ポイント

私がやって効果的だった方法を 3つ。

  1. 目が覚めたら、ちょっと眩しいぐらいの光を連続して 30秒以上見続ける。朝の日の光がいちばんいいのだけど、蛍光灯の光でも可。必ず30秒以上、できれば 1分。覚醒物質が分泌されるそうです。
    http://plaza.rakuten.co.jp/corgigarden/diary/200601190000/
  2. 目覚ましが鳴ったら、すかさず止めないで、耳にくっつけて 10秒以上聞いて、それから止める。10秒止めずにこらえるのは実はかなりしんどい作業です。目覚ましって意外と無意識の動作で止めることができてしまいます。それを防ぐために、目が覚めきってから止める。
  3. ストレッチ。いろいろありますが私のお薦めは上半身、主に首と腕を念入りに。朝、頭が起きていないと思ったら、脳に血が行くまでもう 10分ぐらいはストレッチに費やすつもりで。2度寝よりは時間的にマシです。
    http://www.kenkoushukan.net/gym/stretch/lesson/

あと最近とみに思うのが、その日の用事なり行事なりが「自分にとってどうでもいい」とか「実は億劫である」とか「ほんとは恐いから行きたくない」などと、心のどこかでちょっとでも思っていると、如実に起きられません。昼間の諸々を、自分にとって心から重要なものにしていくことが、根本的な寝坊対策だったりするんじゃないかと、そんなふうに思ったりもします。

頑張ってください。


4 ● impetigo
●13ポイント

http://di-ib.net/ll11sed.htm

良く低血圧=早起きダメ!と言われていますが、全く根拠のない事らしいです(URL見つからず)結局「甘え」らしいのです。訓練、やる気でしょうね・・・早起きしなければ殺される!って言われた人は早起きしますよね。


5 ● SNOOPY
●13ポイント

こんなのも参考してみてね。

http://q.hatena.ne.jp/list?word=%E4%BA%8C%E5%BA%A6%E5%AF%9D

あれこれ試して、自分に合うのが見付かればいいですね。


1-5件表示/19件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ