人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「amazonのレビュアーたちのモチベーションは何ですか?」

購入意思決定の際に結構頼りにしているamazonのレビュー。
「ベスト○レビュアー」の方々は、大量の本を読み、レビューを上げていますよね。ですが、彼らがレビューを書く動機って、何なんでしょうか?

レビューを書く、他のユーザーから「参考になった」と評価をもらう、それだけではアフィリエイト収入は入らないようですし、何を目的に、何を糧に、彼らは書評を書いているのでしょう?

ご回答は推測でも結構ですが、妥当ではないと思われる回答にはポイントを差し上げられませんので、どうかあしからず。

●質問者: after_harmelin
●カテゴリ:インターネット 書籍・音楽・映画
✍キーワード:Amazon あしからず アフィリエイト ベスト ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● xxdaiadxx
●30ポイント

http://www.shijo24.com/000225.php

このページの

<購入後は逆にレコメンドしたくなる顧客心理について>

などにもあるように、単純に人間の心理的な問題じゃないでしょうか?

自分が見いだした価値を(勧める対象は、マイナーなモノの方が好ましい)

他人にも認めてもらいたい、というな心理はごく一般的にあると思います。

(もちろんマイナスの価値も含みます)

◎質問者からの返答

> 自分が見いだした価値を(勧める対象は、マイナーなモノの方が好ましい)

> 他人にも認めてもらいたい

ほっほぉ?。

そういう心理、あるかもしれませんね。

自分自身に置き換えても、マイナー好きとして、確かに本に限らず自分で面白いものを開拓し、ある種の「優越感」を持って他人に奨めるのが好きかもしれません・・・。

ご紹介いただいたサイト、該当箇所に限らず、面白い内容でいっぱいですね。

ではお礼ポイントは後ほど・・・。


2 ● sibazyun
●20ポイント

回答は「ベスト」ではないレビュワーについてでもよいのですね。

http://d.hatena.ne.jp/sibazyun/20060308/1141828246 ・・・自分が書かないと、他にレビューを書く人がいないから。

◎質問者からの返答

「ベスト」ではないレビュアーでもOKです。

引用と説明、ちょっと言葉足らずの印象もありますが、LINUXやwikiやはてなキーワードのように、社会参加、共創の欲求なり使命感なりを満たしている、という意味でしょうかね。確かにそれもあるのでしょう。

ついでに「参考になった」ボタンを誰かに、ましてや複数の人に押してもらった暁には、とても嬉しいんでしょうね(逆に「参考にならなかった」ばかり押されると、へこむかな?)。


3 ● pxb12663
●20ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/cm/top-reviewers-list...

ベストレビュアーという項目があります。

上位者にはID名の下に「No.*レビュアー」というタグが常に付きますので、単なる名誉ではないでしょうか。

自己顕示欲が彼らをそうさせるのでしょうね。

◎質問者からの返答

ええ、この項目が好きで、結構よく見てるんですよ。

リコメンドの内容よりも、ランキングの推移を(笑)。ランキング上位の人は、amazon内で評論家として一流の肩書きを勝ち取ってるわけですから、悪い気分はしないでしょうね。「アマチュアの美学」のように、タイトル獲得に何の実入りも伴わないからこそ、美しく、かけがえのないものになってるのかもしれませんね。

それにしても、ベストレビュアー100くらいまでの人は、読んでる本のジャンルの多様性、かみくだいた説明・おすすめの仕方とも、皆大したものだなぁと思います。

あ、偉くなると、「社会的影響力」を持てるという満足も伴いますね。


4 ● hamster009
●20ポイント

・amazonに頼まれた人が有料で書いている

・著者や出版社の人が書いている

・怒った読者が金返せの心境で書く

・わたしはこんな本が理解できるという自己陶酔

・読書日記を書いても誰も読んでくれないので、amazonに書いている

◎質問者からの返答

なるほど、高尚な動機によるものはありませんが、それだけに非常に無理のない、説得力のある推理ですね。

> ・読書日記を書いても誰も読んでくれないので、amazonに書いている

でもamazonでは、ユーザーがレビュアー個人に対して興味を向けられる機会、その人自身のプロフィールを知れる機会を、わざと散漫に、わざと制限しているように感じられます。こんなに軽い扱いを受けても一生懸命レビューを書いてるなんて、け、けなげっ・・・(涙)。


5 ● thomas7212
●30ポイント

・ババを引いてしまったときは、単なるうさばらし。

出版社にクレーム入れるよりダメージ与えられる気がするから。

・良書を見つけたときは、「この本のすばらしさを広めなさい」と本の神様の声が聞こえたから。

どちらも「自己満足」と言ってしまえばそれまでですが。

あとは、誰もレビューしてない本にレビューするのは「貸し出し券の最初に名前を書くような気分」です。

◎質問者からの返答

>出版社にクレーム入れるよりダメージ与えられる気がするから。

なるほど、上の人と似たケースですが、この方が分かりやすいです。

>良書を見つけたときは、「この本のすばらしさを広めなさい」と本の神様の声が聞こえたから。

いいものが売れ、よくないもので儲けようとする人は排除される市場の一翼を担う、という市民意識みたいなものでしょうかね。

>誰もレビューしてない本にレビューするのは「貸し出し券の最初に名前を書くような気分」

ではamazonの呼びかけ方は、まさにドンピシャですね。僕も「先物買い」のケが大いにあり、「人より早くいいものを知ることに価値を置き、はやってしまったものには興味がない」性質なので、貸し出し券の最初に名前を書けると、優越感で満たされます(笑)。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ