人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

音楽家が、拍手を受けているときに両手を目の前に持ち上げて組むジェスチャーをすることがあります。あれの意味は?

●質問者: Sampo
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:拍手 音楽家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● taji1800
●10ポイント

神に感謝しているのではないでしょうか・・・?

どういう状況かよくつかめないので、もう少し明確にその状況を表現していただきたいです。

◎質問者からの返答

両手を組むという表現があいまいでしたね。

右手と左手を握手させるように持ち上げて組むことです。

楽団員に対してすることもありますし、客席に対してすることもあります。


2 ● taji1800
●0ポイント

それでしたらやはり、コンサートなどが成功したことを、神に感謝している、と受け取っていいと思いますよ。

◎質問者からの返答

人に対してやっているのに神への感謝ですか・・・?

まず、そんなポーズで神に感謝する宗教を聞いたことは寡聞にしてありませんし。


3 ● owl
●40ポイント ベストアンサー

みなさんと握手(しているつもり)、の意味だと思いますが、確証はありません。私はそんなようなつもりでやっていました。

◎質問者からの返答

握手!なるほど。


4 ● gustav5
●40ポイント

拍手は賛辞になるので(拍手できないときは足踏みで音を出します)賛辞に応える答礼かとおもいます。三番目の解答の方が正しいとおもいます。

以下補足です。

仮に楽団員が足踏みしてたら指揮者はありがとうというサインをするべきで、コンサートマスタとはたぶん握手するはずですが管楽器とか打楽器とか全員と握手するわけにはいきませんから楽団員に対してはあのポーズがありがとうという握手の代わりのはずです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ