人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オンラインで出来ること、出来ないこと、オフライン(現実の世界)で出来ること、出来ないことはなんですか?特にオフラインでしか出来ないことって何だと思いますか?

●質問者: tomandtom
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:オフライン オンライン 現実
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● OIDO
●15ポイント

ユーモアってオンラインだと限られちゃう気がしますよね。

例えばビジネスの時にも通用するようなユーモアって非常に微妙なニュアンスのものが多いですから、

表情とか語気とか、そういう空気を大切にする要素がオンラインでは難しいのではないかと思います。

無駄な要素が無いのがオンラインですし。


2 ● ootatmt
●15ポイント

オフラインでしか出来ないことはスキンシップではないですか。


3 ● aiaina
●15ポイント

オンラインだからこそ、現実世界では言い出せない言葉や、心の中を出せるような気がします。

オフライン(リアルな世界)では、オンラインでは出来ない、お互いのスキンシップにより、生まれる、本当の信頼が築けるような気がします。

オンラインでは、どれだけ言葉を重ねあっても、意思が上手に伝わらなかったり、もどかしいことが多々ありますね。

上手に受け取ってもらえなかったり、言葉や文字の温度差を感じます。

そのぶん、オフラインでは、言葉なくしても、意思が通じ合ったり出来ると思います。


4 ● kamisama
●15ポイント

買い物の商品の配送・受け取りはオンラインではできないですね。

注文はオンラインでバリバリできますが。


5 ● YukiharuYabuki
●15ポイント

オンラインでできることは、時間と距離の超越。遠くに離れていても、コミュニケーション(会話だけでなく、データのやりとりを含む)が可能である。時間の超越は、時差ということもあるがデータの蓄積(メールなど)があれば、拘束されることなくデータのやりとりが可能。また自動的に媒体に記録が残る。


オフラインで会うということは、上記の良さを捨てることだが、大きな利点がある。オフラインで分からない、相手から得られる情報量が大きく異なる。具体的には相手とコミュニケーションするときに文字情報や映像だけでは、細かいニュアンスや、匂い、雰囲気などを送ることはできない。オフラインなら上記がわかるし、オンラインよりもコミュニケーションのバンド幅(単位時間の情報伝達量)が非常に大きい。

同じ感覚を共有するという意味において、オフラインでないと会食

(おなじ釜の飯を食う)を行うことはできない。場の雰囲気や味は、そこにいかないと100%の再現はできない。その味などを相互に意見を交換することは共有している前提が同じでないとできない。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ