人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

彫金などで使用する銀ロウの早ロウの成分と、その比率が知りたいです。あと、早ロウの融点は何度から何度ぐらいなのでしょうか?お教え願います。

●質問者: kenkenppa
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:融点
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●60ポイント ベストアンサー

http://www.ai-link.ne.jp/free/learning/kouza/15/answer/answe...

まずこちらがJIS規格による銀ロウの成分です。

一番上の「BAg-1」というのが最も融点の低い早ロウで、

となっています。

http://www.full-s.com/making/know.html

銀ロウの融点については、こちらのページに掲載されています。

一般に早ロウは620度が多いですね。

この場合、ロウ付けに適する温度は概ね620度?760度になります。

http://www.rakuten.co.jp/grass-road/470196/645010/

これなんかが典型的な620℃タイプの早ロウです。

◎質問者からの返答

私の知りたいポイントをズバリ答えて頂き、大変参考になりました。

ありがとうございました!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ