人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

親がひとりでやっている会社に籍を置き、独立することになりました。この際、親の会社の役員となるかもしくは従業員でいる方がいいのかそれぞれのメリット、デメリットがありましたら教えてください。

●質問者: pinos
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:デメリット メリット 会社 独立
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sisisi444
●26ポイント

http://allabout.co.jp/career/freelance/sitesearch.htm?start=...

URLは個人か法人か?、法人とは?といった内容ですが参考までに。

現在は有限会社ってことでいいのかな。

役員であれば肩書きという看板がつきます。経費なども使いやすいでしょう。

可能であればもう少し人数を増やして株式っててもあります。

逆にヒラのメリットは、賞与という形で利益操作ができます。(役員賞与は課税対象)

後々人を増やす(アルバイト含む)のであれば役員に、でも、自転車操業なら暫くはヒラ。って感じでしょうか。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。


2 ● Akira_Ron
●27ポイント

http://www.datadeta.co.jp/guest/00_data/07_horitsu/607060010...

取締役になると様々な法的な義務や責任が生じます。(詳しくは上のリンク)デメリットといえばデメリットかもしれません。

また、上記のリンク以外でも、雇用保険の対象外となるので、退職しても失業保険が貰えないケースがある、訓練助成金などが使えないケースがある、といったデメリットもあります。(毎月の雇用保険料を支払わなくともよいという点で、メリットと捉えられなくもありませんが)

なお、「親がひとりでやっている会社に籍を置き、独立することになりました」の意味がよく分かりませんが、仮に、親御さんの会社に在籍して、その会社の名前を使い、その会社の事業として何かを立ち上げるという意味であれば、「取締役」という肩書きが、社外での貴方の言葉の重みを増すというメリットがあるかもしれません。

仕事の上で貴方が成し遂げたいことを実現するために、外部の人により関心を持ってもらい、説得することが必要ならば、「取締役」という肩書きが、目標達成に役立つかもしれません(もちろん、仮に取締役という肩書きなしでも成し遂げるだけの力量が必要ですが。。。)

以上です。質問の前提を誤解していたらゴメンなさい。

◎質問者からの返答

雇用保険がもらえないのは大きなデメリットかもしれませんね。回答ありがとうございました。


3 ● ryotanak
●27ポイント

会社法が改正(改悪?)になって、同族会社の場合、役員の給与が経費として認められない場合があります。ここが今年から変わるの重要です。税務署の税務相談で聞いておいた方が良いでしょう。

役員よりも従業員にしておいた方が税務上メリットがある場合あります。

http://kimutax.livedoor.biz/archives/50294511.html

後、お父様の会社に属する場合、貴方の起こした事業で莫大な収益や特許権が発生した時には、お父様の会社の税務上の株価が高くなります。そうすると貴方がお父様の会社を引き継ぐために株式を相続すると相続税が高くなる事もあります。役員になる場合、ある程度の株を引き受けておくことも検討した方が良いでしょう。

◎質問者からの返答

会社法が改正の時期にあたり、よけいに悩んでいました。今のところ従業員の方がメリットが大きいようですね。回答ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ