人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

GData(Google Data API)の意味がいまいちわかりません。
http://www.onflow.jp/pukiwiki/index.php?Google%20Data%20API%B3%B5%CD%D7
を読んで理解しようと思っているのですが、
いまいちぴんときません。

RSSやAtomに関しては仕様のレベルでも理解しています。自分で作ることもできます。
SOAPやWEBサービスも使ったこともあります。
プログラムもそこそこします。

結局のところ、WEBから入力したデータを保存しておいたり、取得したりできるってことなんでしょうか?そうなるとプログラムを作ればオンラインストレージとして使えるもの?
例えば写真とかもバイナリに変換すれば登録できるってことなんでしょうか?

●質問者: iiiiiiiii
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:API atom Google RSS SOAP
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● fukken
●45ポイント

http://code.google.com/apis/gdata/overview.html

GDataAPIというのは、google Calendar APIやはてなAPIのように特定のサービスに使うためのAPIではなく、APIの仕様のことです。

APIというよりも、HTTPと同じような「プロトコル」と言った方がイメージが近いと思います。APIのプロトコル(規約)。実際、「The Google data APIs ("GData" for short) provide a simple standard protocol」と書いてあります。

標準化と言っていますが、「うちは今後全サービスをこんな感じに統一するからよろしく、真似した方がお互いのためだと思うけど、それはまあ任せるよ」という感じでしょうか。

従って、「何ができる」という議論は無意味です。HTTPでどんなサービスが受けられますか?と聞くのと同じ。実装者次第です。

まあ、少なくともgoogleは実装するはずなので、FrickrやBlogger、Writelyなどを使い、GData形式の問い合わせで写真、ブログ、文書などを保存/編集/削除/検索できるようになるとは思いますが。

…自分が派手に勘違いしてたらごめんなさい。

◎質問者からの返答

なるほど。そういうことだったんですね。


2 ● kenchan1
●25ポイント

http://code.google.com/apis/gdata/calendar.html

Google Data APIの初(?)の実装である Google Calendar Data APIを使ってみることで、実際に利用するイメージはつかめると思います。

Google Calendar Data APIでは、クエリによる予定の問い合わせ(何日から何日までの予定がほしい)や、予定の作成などができるようになっていますので、iiiiiiiiiさんがイメージしているようなオンラインストレージのようなサービスを実現することも簡単にできるということでしょう。

◎質問者からの返答

カレンダーは使っています。

カレンダーのAPIも知っています。

ただ、これがオンラインストレージにはならないのではないでしょうか

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ