人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【なぜニートが問題なんですか?】
http://career.gree.jp/interview/07/nishimura/03
西村博之氏はインタビューで
「別に働かなくて生活できるのならば、働く必要はないと思いますが。」
と発言されていますが、皆さんのご意見をお聞かせください。

●質問者: toydoll
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:インタビュー ニート 意見 西村博之
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 31/31件

▽最新の回答へ

[1]ひろゆきは「必要」について話している ich-izen

のです。人それぞれである「働く意味」について言っているわけではありません。


[2]じつは amifumi

学校の進路学習で習ったのですが、なんでも、正社員になり働いた人とニートの人なら生涯合計で2億円もの収入の開きにもなるそうです。第二に保険に入れないため、ニートの人が風邪をひいて病院いくと1万円かかるそうです。それで、結局仕事見つけようとして、生活保護を受けたり・・・になって。国も都合悪いし、当人たちにしてみてもかなり損だと思います。風邪ひいても、我慢しなけりゃならないときも出てくるのは僕はまっぴらごめんです。


[3]今は良いけど・・・ moonstones

今養ってくれている、両親等が亡くなったらどうするのか

非常に興味があります。

私の、嫁の兄はずーっとニートをやっています。

義父、義母も結構いい年です

年金を貰って僅かながら清掃のバイトして何とか養っているみたいです。

本来なら、もう隠居して、ゆったりした生活をしている年なのに

まだまだ馬車馬のように働かなければいけない

義父、義母を見ていてすごくかわいそうに思う。

そんな両親の姿を見てもなんとも感じないで

ニートを続けてる義兄には心に大きな問題を持っていると思います。

両親がなくなって

そのときにやっと重い腰を上げて働こうとしても

就職活動は難航すると思います。

いい年したブランクのある人を雇う会社はそんなに無いと思います。

問題はそこらへンじゃないでしょうか?


[4]個人がどう困ろうが Wutugu0276

極論を言えば国としてはそれは直接的な問題ではないと思います。

だいたい、職さえ選ばなければ仕事なんていくらでもありますから。

ただ、社会全体で見たときには大きな問題へとつながってきます。

まず、ニートの連中は働かないので保険料など払いません。

ただでさえ保険料未納者が増えて財政的に立ちいかなくなっている今、

さらに追い打ちをかけるような事態は大問題でしょう。

同様の理由で所得税による税収も減少し、ただでさえ火の車の政府財政は

さらに圧迫されることが容易に予想できます。

生活保護なんか申請されたらさらに追い打ちダウン攻撃というところでしょう。

また、ニートの増加は出生率低下にもつながると思います。

子育てをしようと思ったらバイト程度では相当厳しいでしょうから、

当然働かないニートが子供を作ろうと考えることは稀でしょう。

この出生率低下により前述した二つの収入に大打撃が与えられます。


ひろゆき氏は非常に能力のある人ですから、どちらかというと

アメリカ的な考え方になっていると思います。

それはそれで一つの考え方ですが、昔からの日本的な考え方については

全くの素人であるように見受けられます。

少なくともニート問題の本質は

「働きたくない人に働け」というような根の浅いものではあり得ません。


[5]日本人の義務 NoSense

社会の公民の時間に、日本人の三つの義務のなかに「勤労の義務」があったはずです。

私も個人的には「必要がなければ働かなくていい」とは思いますが、日本人の義務ですので働くべきだと考えます。

…生涯収入で2億円の差が生まれるんですね。そんなにも!初めて知りました。


[6]人間だって地球の動物である。 okamuramame

働こうが働くまいが次の世代に生命や知識、財産といった基本的なものを伝えようとするのが人間を含む地球の動物の本能ではないでしょうか?その意味でニートといわれる人々はその本能から少し外れてしまう傾向が強い気がします。働かないでそれらを伝達出来る境遇の人の数はとても少ないはずです。それこそ親から莫大な財産と知識を受け継いだ人だけでしょう。自分がそうでないと思うならどんどん働いて結婚して子供をもうけ、全力で独立しうる人間に育てましょう。それってとても楽しい行為だと思います。


[7]「問題」を定義しないと fukken

そもそも、ニートを何故問題と意識しているのか、「誰にとって」の問題なのかによって答えは変わってくると思います。

本人

本人が「働かなくては!」と思ってはいるのに一歩を踏み出せない、という形態のニートが非常に多く、それが一番問題視されています。

ニート本人が働かなくて良いと本気で思っているのなら、少なくとも本人にとっての問題はありませんね。

親や周囲が問題とするのが金銭的な理由からならば、収入さえあれば問題ない、という理屈になります。

金銭的に自立している「ニート」は案外います(株式取引やアフィリエイトで生計を立てているetc.)。

ニートが自活しているのに、周囲が世間体や固定観念、社会参加などの問題で労働を薦める事に関しては、ニート問題と言うより単なる価値観の相違です。

年金・保険

年金制度や保険制度は、突然支払いが減る事を前提として作られていません。

言ってしまえば保険/年金制度は自転車操業状態にあるので、支払わない者に給付するしないに関わらず、支払いが行なわれなくなるとその時点で破綻します。

企業に属さず、農業を営むでもなく、自営業でもなく、個人で生計を立てられるという社会の変質に制度が追いついていないのが原因だと思いますが。

国力、世界経済

大きな話になりますが。お金は沸いて出るわけではないので、国民の多くがニートになり、生産活動に従事しないと、それはGDPに響いてくると思います。

長期的に見て日本経済が傾くと日本国民全員が困るので、何か生産的な活動はして欲しいですね。

アフィリエイトやデイトレは、それで収入が得られる限り生産活動なのでしょう。価値生産ができていないなら、供給過剰で相場が暴落し生計が立たないはずですから。

これらから税金を取りっぱぐれてるのは政府の怠慢なので何とかして欲しいところ。


[8]それなりの生活レベルで甘んじられれば・・・という前提つきでは? bananakirai

ひろゆき氏の発言の引用

例えば40歳で突然仕事をしなければいけない状況になれば、コンビニのバイトでも良いじゃないですか。そこで外資系企業のファンドマネージャーになりたいというのであれば、それは当然無理ですよね。お金が必要なのであれば、必要な範囲で出来ることをやればいいだけでしょう。

それはコンビニのバイトでも可能ではないですか? 東京23区内で高い家賃を支払いながら生きようとすれば確かに無理でしょうけど、郊外に行けば月額3万円の家賃で悠々自適に過ごせますよ。生活保護を申請すれば、国からお金がもらえますしね

・・・というように、働かなければそれなりの生活だし、金が欲しければコンビニバイトがあるとか、

そういう条件付きでのことのような話に感じます。

求職活動して働いていればニートの定義から外れますよね。

ニートって親とかの援助ありきで、なくなればホームレスと紙一重かもしれないです。

あと、恋人に養っててもらってだったらヒモと紙一重だし。

今の日本社会は税金で運営されているようなもので、その上、税金が足りないとお役人さんとか政治家は思ってるみたい?

ニート=生産的ではない人=非納税者って感じで、世の中に「ニートは良くない」って考えを植えつけてるけど

前にテレビでいろんなニートを紹介していて、その中の一人が

殆ど家から出ない生活してる人が株売買で月に何十万と稼いでました。

こういうのもニートっていうなら、とりあえずひきこもりよりはましかななんて思いました。


でも私は無理かな。

会社員してれば将来の補償が確約されてるわけじゃないけど

買い物したいし、旅行行きたいし、美味しいもの食べたいし。

ニートできる環境ないし。

ニートって、その時はすごく恵まれた環境にいるけど、親とかの手がなくなって

初めて有り難い環境にいたって気付くんだろうなと思う。

気付いた時には潰しの利かない年になってるから

そういう意味で問題生じるかもしれないけど。


[9]>1 労働意欲がないことが問題なのだ。 taknt

意欲はあるけど、お金があるから、働かなくてもいいというのは 違うよな。


[10]働かない自由はあるよね gettoblaster

憲法に勤労の義務ってありますけど、そしたら、専業主婦もリタイヤシニアも同じように糾弾されるべきではないですか?若いから、独身だからというだけで、ニートが良くないと言われるのは間違っていると思います。働きたい人は働けばいいし、働きたくない人は働かなくてもいい自由はあるのではないでしょうか。

社会保障の問題も、ニートであっても資産で払ったり、親が払ってくれればそれでよくて、ニートであることよりも未納だけが問題なような。

それに、アフィリエイトや相場で稼いでいる人は、個人事業者であってニートの定義にあてはまらないのではないかと思います。

ニートがみんな求職始めたら失業率は7%に.....


[11]>10 一生安泰ならいいんでないかしら konoha788

親とかを悩ませたりしていなければ、

誰かに迷惑かけていなければ

昔の坊ちゃんってそういう人いたような。。。

お嬢さんなんて「働いてはダメ」なとこあったし。


[12]その人その人の生き方、人生観というか人生設計の問題でしょう tejigon

基本的に西村氏のスタンスはあっていると思います。

一回こっきりの自分の人生をどのように活きたいかの問題だと思います。

けど、「昔から、お金持ちの御曹司は働かずとも良い暮らしができたわけじゃないですか」と西村氏はいってますが、それは単に「良い暮らし」ができただけのことで、べつに「良い人生」「実りある人生」「楽しい生き方」をさしているわけではないですよね。遊ぶだけで他に何もすることがない人って結構たくさんいますよ。

西村氏自身、人一倍強烈な人生観をもってがむしゃらにチャレンジし続けたからこそ「2ちゃんねる」が成功したんじゃないですか。

仕事だけが人生じゃない、遊ぶだけも人生じゃない。

サラリーマンだけが仕事じゃない、選択肢、可能性はいくらでもあります。

もっと自分を大切にして、想像力をいっぱいふくらませて自分の人生楽しみましょう。


[13]その人その人の生き方、人生観というか人生設計の問題でしょう tejigon

基本的に西村氏のスタンスはあっていると思います。

一回こっきりの自分の人生をどのように活きたいかの問題だと思います。

けど、「昔から、お金持ちの御曹司は働かずとも良い暮らしができたわけじゃないですか」と西村氏はいってますが、それは単に「良い暮らし」ができただけのことで、べつに「良い人生」「実りある人生」「楽しい生き方」をさしているわけではないですよね。遊ぶだけで他に何もすることがない人って結構たくさんいますよ。

西村氏自身、人一倍強烈な人生観をもってがむしゃらにチャレンジし続けたからこそ「2ちゃんねる」が成功したんじゃないですか。

仕事だけが人生じゃない、遊ぶだけも人生じゃない。

サラリーマンだけが仕事じゃない、選択肢、可能性はいくらでもあります。

もっと自分を大切にして、想像力をいっぱいふくらませて自分の人生楽しみましょう。


[14]>5 憲法ですね NAPORIN

ただ、「働く」にもいろいろと定義があると思います。

憲法のもと動く国からみれば「働く」=「(所得)税を納める」 でしょう。でも固定資産税とか相続税のほうが一度にいっぱいあがってくるので実は働かなくてもお金さえ出してくれればいいと思ってるかもしれませんね。

常識からみれば「日中外にいって確実にお金もって帰ってくる」が働くということなのでしょうが、

自営業の人、資格取得勉強中の人、病気療養中の人、それを介護する人、育児中の人、家でネットトレードする人、単にギャンブルばっかりしてお金がなくなると戻ってくる人、年金生活者、利子生活者などと、今までもいろいろな人生があったわけです。(まあ、お金が入ってくる人や勉強中の人は「ニート」のもともとの定義にはあてはまりませんが、これらを複数兼ねていたら区別つきますか?ギャンブルは稼いでいれば非ニート?ギャンブルでもっと稼ぐ勉強は昔から遊ぶいいわけにつかわれていました)

つまり「働く」の定義に開きがでてきていて、

今は家にいても働けるし、

外にいても働いていない場合があるわけです。

働いていてもお金がもらえなかったり、

働かないのにお金があって税金も多額に払っている場合もあります。

私の個人的な考えでは、ニートというくくりは本来、

「稼ぐ・教育・勉強中以外」という行動面のくくりのはずが、

日本ではお金の少ないだけで切ろうとする

無職フリーターひっくるめた言い方です。

こういうマスコミの定義もせずつかわれて

のらりくらり逃げ回るような用語は使うべきでないと思います。

西村氏のいう「必要がなければ」には「お金に困らなければ」と

いうことでしょうけれど、もっと広く「だれもが「サラリーマン」として一生働くきまりなぞないのだ」といいたいです。


[15]ニート問題あれこれ ier135

とりとめもなくなってしまったけどとりあえず載せる。

文句が来たら書き直します。

ニート問題の根本には

・働くのが怖い

という気持ちがあるニートが結構多いのです。

ニートの方にインタビューすると必ずぽろっとこぼれるのが

「働くのがこわい」

「自分の居場所がないのではないか」

という言葉が聞こえてきます。

その気持ちが完全にわからないと言う方は少ないでしょう。

特にブランクの長い方には社会は残酷だと思います。

「即戦力」が重視されて「人を育てられる企業」というのはあまりなくなってきているそうですから(聞いた話ですが)。

ぶっちゃけマスコミのニートの定義は間違っていることが多いのでなんともいえません。

日本のニートの定義は「勉強してるわけじゃなく働いているわけでもなく訓練を受けていないわけでもない」

ということではありませんし。

ニートの何が問題かというと「働かない→税金払わない」がメインテーマなわけですけれど、

今の税制の穴となっている部分でものすごい金額が動いているところというのは確実に存在します。

ぶっちゃけニート一人働かせるよりもそこからしぼりとったほうがお金になります。

EU圏のように「ぜいたく品に重い課税をする」ということも出来るわけですし。

あと「ニートを養っている両親の問題」もありますね。

大概親御さんは「この子は心が繊細な子だからしょうがない」と思ってらっしゃいます。

それはそれで幸せなんじゃないでしょうか。

自分の子供が病んでしまってそれを助けてあげられるのですから。

・・・・・・なんの解決にもなっていませんが、実際そうであることがあるのです。

本気で解決しようと思うのであればカウンセラーなどに頼ることはいくらでも可能なはずなのに

自力で解決できないのに自力で解決しようとしている。


あと、家庭の事情のケースもありますね。

母も父も働くのや人と関わるのが大好きで、家事をやる人がいなくて家事をしているうちに

世間でいうニートになってしまった人のインタビューがいくつかありました。

専業主婦とどう違うんだろうという気分で読み終わったのをよく覚えています。


[16]だれにも迷惑をかけれなければ kuriochiko

誰にも(国家も含む)迷惑をかけることがなければ、「「別に働かなくて生活できるのならば、働く必要はないと思いますが」の発言は許容できます。

まぁ、それが本人にとって幸せかは別問題ですが。

ただし生物として人間として、子孫(自分の子供以外でも他人の子供に自分の知っている知識や知恵や技術等)を残し繁栄させるように望むべきが、本来の人間の姿ではないでしょうか。

今、取りざたされいるニートは、親などに寄生していると聞いています。すると親が死んだ後、その財産で生きていき、他人や国家に迷惑をかけなければ良いですが、お金がなくなって国等の援助が必要になったら困ります。一生懸命働いて生きている庶民の税金が投入されるのですから。また、寄生を許している親も親だと思います。

国がニート対策に税金を投入していますが、現在働かなくてその生活に満足している人々が、国のサポートで働きだすようになるでしょうか疑問です。


[17]税収の問題 marinelake

国は所得や消費からの税収によってなりたっています。

道路や橋、図書館などの社会基盤はみなさんが労働して税金を稼がないと維持できません。

もう一つは年金の問題、これも今の労働者の掛け金と税金でまかなわれますの若者は労働しないと困るのです。

今の日本はローマの末期のように豊かさの中で享楽し、その豊かさがすでに失われているにもかかわらず、怠惰と浪費と止めることができないという、国家の末期的症状です。


[18]個人的な見解 masatoshi-y

ニートはよく無いといわれています。

私もそう思います。それは人間の本能が平和であったり、このような日本の環境が人間の能力を低減しているように思います。人間は、闘争心というものが潜在的にあるものだと思います。しかし、これが皆無である人がニートであると思います。

高度経済成長の負の副産物と考えている詰め込み教育はゆとり教育というものを生み出し、その副産物が、闘争心を無くす教育になっていると思います。そので生まれてきたものがニートであると思います。「闘争心」は人間にはなくてはならないものであり、競争することを悪とするような、風土を生み出してしまったマスコミ等のメディアも良くないと思います。

日本の金持ちの偉い人が決めた政策がニートのような負の遺産を生み出したのだと思います。


[19]>18 あの ier135

読解力不足かもしれませんが。

ゆとり教育世代って今の高校二年生とか高校三年生ですよ。

いま働かなくて問題になっている世代って20代や30代の人々ではないんでしょうか。


[20]>19 ゆとり教育は。 nori090

僕が高校生になった時にゆとり教育?いわゆる土曜休みは始まりました。今20なので周りはまだ大学生さんが多いと思われます。


[21]>1 禿同 nori090

自分にとって必要であるならばやるが、特に必要なければやらない。意味なんて考えてどうすんの?と言わんばかりなよぅ。そう僕は受け取ってしまいます。合理的と言うのでしょうかね。


[22]>20 授業内容の話。 ier135

あたしの高校は私立だったから土曜は半ドンで授業あったな。

授業内容はいまの高校三年生か大学一年ぐらいからゆとりだと思う。

リスニングも確かそのときの教育内容の変更で増えた記憶があるし。


[23]働くことと報酬を得ること fmht7

は別問題だと思う。

切り離して考え、ほんとうに自分が意義の感じることに力を注ぎ、感謝されることは快感を生む。


[24]不可能じゃ・・・ godless

そんなこと不可能じゃないですか?

だって人間は生ある限り食い続けるし、今は住むところにもお金かかる訳だから

ニート=働かない=金は減る一方

な訳だから誰にも迷惑かけてない訳では無いはずなんです。

別にそのまま生きていけるならそれでも良いけど、その迷惑かけてる人がいなくなったら、生きていけなくなるって事になります。

ずっと一生このままなんて事は絶対にあり得ないですから。

その瞬間がいずれ誰しにも訪れるので、いつかはみんな働き出すんじゃないですか。


[25]働くことで社会が成り立つのに、働かないから「社会問題」なのだね Joe_Cool

学校行って勉強するのも、将来働くことを予定してやってることだから、これもやんないってのも「社会問題」なのだね


[26]働かなくても、生活できることに問題がある imagaichiban

税金が、払えるかどうか、心配なことが高級な話になる。

国民全体が、何をしても生活ができるような国にすることが目標になることではないのか。

其処から発することは、あらゆることに興味を持ち、社会的活動をさせることが、本来の国民の先鋭に立つ者の、勤めである。

その先を保つべき者が、自らの<日本円>をかせぐことに奔走していることが、最も問題にすべきことである。


[27]自己完結できれば、それでよろしいですが。 taka27a

働かない人が増えると、まずは社会全体の生産性が落ちます。よその国との競争力が下がります。そしてもちろん、納税額が少なくなり、使えるお金が減ると公共サービスの質は落ちることになります。

個人としてOKか?といわれれば、健康なうちはOKなのかもしれません。常勤、非常勤の選択は、社会保険、健康保険を払えるのであればどちらでもいいのではないでしょうか。でも、人は必ず病気になるものですし、必ずいつかは床について死ぬものです。


[28]仕事をするのは。。 sakura19749

仕事をするのは何もお金だけの為ではありません。

ニートが一生遊んで暮らせるだけのお金を持ってたとしても、心が健全でいられるかどうかはわかりません。

人間暇な時間が増えると物事をマイナスに考えたりしてしまうものです。

お金があるなら働かなくていいという考えの人と、仕事をしたいけれど怖くてひきこもっているニートとは基本的に考え方が違います(一部働くのが面倒だと働かないニートもいるらしいですが、働きたいけど怖いという思いが強いニートが多いようです。)


[29]全くその通りだと思う mikawajima

自分は働かなきゃ生きていけない境遇にあるから、なるべく好きなことを仕事にしてやってるけど、例えば宝くじみたいなのがドンと当たったりして働かなくても良くなったら、自分は好きなことを趣味としてやるだけで働かないと思う。

働くなんて嫌で当り前だと思う。

自分より楽をしている人がいることを許せない人が多いんじゃないの?


[30]>16 生活保護の制度の存続も問われる話かと。 naochin

西村氏が大きく勘違いしていることがある。

一つは、いざというときにもアルバイトさえしようとしないのが、ニートであると言うこと。

二つは、生活保護について考え違いをしていること。

生活保護を申請すれば国からお金がもらえると書いているが、その原資はけっきょく国民の税金によってまかなわれることを理解していない。

仕事ができない状況で生活保護をうけるのは仕方がない話だと思うが、就業する能力があるのに就業しない人間には生活保護を受ける権利は無いと個人的には思います。


[31]お金があるなら farusan

一生遊んでいけるだけのお金があるならいいと思う。

もちろん、犯罪には関係なく「宝くじが当たる」「仕事で成功して金が貯まった」など

働くことが好きな人は、少数で自分の趣味や自由に暮したい人が多いと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ