人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プロの人にマッサージしてもらったら、腰の痛みをふだん感じてないのに、もむと、すごくはっていているので、ある意味とても怖いといわれました。
(実際、マッサージされるとすごく痛くてたまらなかったです。)つまり、ぎっくり腰になる可能性大ということなのかな?ということで、ふだんの体操、ストレッチとかいいのがあったら教えてください。

●質問者: mii1216
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:ぎっくり腰 ストレッチ プロ マッサージ 体操
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●23ポイント

背筋、腹筋を鍛えるのが良いと聞きますね。

ただ、もし、エクササイズ中に痛みを訴えるのであれば、中止してくださいね。

http://www.myakushin.info/sports/stretch/stretch7.html

http://www.h3.dion.ne.jp/~niko2do/NStext/page004.html

http://takeda-kenko.jp/kirakira/vol10/youtsu02.html


2 ● aoun
●22ポイント

腰痛というのをイメージで説明しますと、

腰付近の背骨は、背骨ですが、部品と部品が繋がった棒状のものですね?。その背骨のパーツとパーツの接合部は、軟骨でコーティングされています。

生活態度や、年齢、日ごろの姿勢の正しさの如何によって、

軟骨が弱くなったり、痛んだり、根本的に弱体化したりします。

すると、軟骨が弱ってしまい、歪んだ状態のようになります。

これが腰痛ですね。

腰を動かせば軟骨が痛いのです。

これを防ぐためには、

?日ごろから姿勢をよくし、腰付近の背骨に誤った重量負荷を掛けない。すると軟骨が痛まない。

?軟骨が強くなるような栄養を長年に掛けて摂取する。

?腰の背骨に、誤った重量負荷を掛けないように、腰周辺の筋肉(腹筋背筋)を大きくすれば、背骨に重量が掛かって姿勢を支えるのではなく、筋肉で支えることが出来ます。


腰周りをもんだときの”痛い”につきましては、

東洋医学的な見地も結構なのですが、むしろ、

筋肉の生育状況・衰退状況として捉えると、

爾後腰痛になるリスクを大幅に低減できるはずだと思います。

腰痛や膝痛がある人のトレーニング


今健康体ならば、いまのうちに、ウエイトトレーニングで

おなか周りと、腰周りの筋肉だけを、強くしておいて、

次に、エアロビクスで重量負荷要素になる体脂肪を低減させましょう。


3 ● konoha788
●22ポイント

http://tamagoya.ne.jp/mm/maniacs/07.htm

http://blog.livedoor.jp/ikiradio/archives/50268098.html

私は半身浴しながら、足をマッサージする習慣をつけたら

腰の痛みが激減しました。

マッサージ系のお店に行かなくなりました。

安上がり。。。

半身浴するだけども効果あるようですから、マッサージする時間は

10分くらいでいいかも。20分自分でマッサージは疲れますよね。


4 ● whitecat
●23ポイント

http://www.painclinical.com

都内で、整形外科の最新の関節の治療をしている、治療院を営む者です。腰痛と聞きますとつい心が騒いでしまいまして出て来てしまいました。

まず、申し上げたいことは筋肉レベルを押して痛いと言う時は、既に関節レベルの異常があると言うことに他なりません。では、どの関節が?と言うことなのですが、背骨では無いのです。

骨盤を構成する「仙腸関節」と言う仙骨の両サイドにある関節に問題があるのです。この関節が動きに遊びがなくなりロックしてしまった状態になりますと実に、腰痛の90%以上が発生します。それを突き止めた最新の医学でもあるのです。ギック腰の原因は、まさに仙腸関節が捻挫した状態でもあります。是非、上記の私の個人のHPをご参照下さい。治療をしてから、ストレッチなどなさってくださいね。順序を間違えますと、大変なことになりますので。

ご参考になれば幸に思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ