人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

また法律っぽい質問です。
ある遺伝子が入ったDNA(プラスミド)をA氏からもらいました。
その時、別段何も契約は交わさなかったとします。
その後、その遺伝子を増やして、B氏、C氏にあげました。
そしたら、A氏が怒りました。

この場合、この行為は違法行為にあたりますか?
A氏に訴えられた場合、民事で負けることはどのくらいあり得ると思いますか?
(さっきの質問じゃ、裁判官や微細な状況によるということも書かれていたので)
私見を聞かせて下さい。

ちなみに、その場合、その遺伝子が新規/既知で違いがありますか?

*ちなみに、この質問も、あくまで興味で質問してるだけで、僕が誰かを訴えたり訴えられそうになってるわけじゃないので、アドバイス的な物は要らないです。

●質問者: match7
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:DNA アドバイス プラス 契約 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● l-lol-l
●17ポイント

何も契約がないのであれば(口約束も契約ですよ)、問題ないでしょう。

その物質がトレードシークレットである場合には、それを第三者にわたせば訴えられる可能性がありますが、その場合は、秘密であり、第三者への譲渡を禁止する旨の通告が必要です。

その人から民事で訴えられるとすれば、

・その物質が特許で保護されている場合には、訴えられる可能性があり、正当な主張であれば負ける可能性が高いです。

特に遺伝子そのものが特許であれば、証拠は明白です。製造方法が特許であれば、その製造方法をつかったかどうかでひと悶着あるでしょう。

あとはネタになりますが、

・薬事法にひっかかった

・古物免許がなかった(古物か?)

・利益を申告しなかったので脱税

・あとで、秘密だよっといったと言ってないことを言われる。(これを防ぐには、自由に使っていいよと言質を得る(録音する。紙に書く)しかないです。

◎質問者からの返答

>・あとで、秘密だよっといったと言ってないことを言われる。(これを防ぐには、自由に使っていいよと言質を得る(録音する。紙に書く)しかないです。

これ、怖いですね。

この場合って、言ってないor自由にしていいよと言ったことをこっちが立証しなければならないんですか?立証できなければ、言ったと推定されちゃう?


2 ● l-lol-l
●16ポイント

これ、怖いですね。

この場合って、言ってないor自由にしていいよと言ったことをこっちが立証しなければならないんですか?立証できなければ、言ったと推定されちゃう?

立証責任は訴えたほうにあります。んで証拠はないんで、問題はないと思いますが、そんな裁判になると、時間はとられるし、訴えられること自体で信用なくすし、いいことはないです。

ただ、社会人としては、もらったものを流用していいかどうか、流用した場合におこる反発(法律に基づいたものもありますが、多くはその業界にはびこる慣習です)なども勘案し、必要なら配っても問題ないよという念書をもらうところまで考えるべきでしょう。

もちろん、法律的に問題ないからこそーーーとやって、ビッグにのしあがるという選択肢も当然あります。

つまりは、遺伝子をやりとりする価値はよくわかりませんが、それに価値があるのであれば、A氏に断るべきだろうし、ないのであれば、A氏が勘違い野郎だろうし、価値があるけど知らせないのは、配った人に常識がないか、わかってやってる確信犯でしょう。

ここからわかることは、常識的に対応すれば問題ないということです。

◎質問者からの返答

いやはや、常識的な対応というのはごもっとものことで、よく存じて居ます。法律上的にはどうなのかな?と思って。

しかし、研究者というやつは、

教授とかそういう連中は、

社会人といえば社会人ではあるはずですが、

一般常識は通じない非社会人である人が大部分ですよー。(l-lol-lさんが理系大学院を経験した方なら分かるかもしれませんが)


3 ● sami624
●17ポイント

http://www.houko.com/00/01/S34/121.HTM#s4

(通常実施権)第78条 特許権者は、その特許権について他人に通常実施権を許諾することができる。2 通常実施権者は、この法律の規定により又は設定行為で定めた範囲内において、業としてその特許発明の実施をする権利を有する。

http://www.exbuzzwords.com/main/keyword.asp?main_key=985

通常実施権とは、対象となる特許発明を特許法の規定、または設定行為で定めた範囲内において実施することができる権利のこと。

排他性はなく、複数の者に対して与えることができる。

→特許法からすると特許とされるものについては、特許権者から通常実施権を付与されないと、特許物の複製もできないため、譲渡されたものが特許対象物であった場合、通常実施権を付与されないと違法行為と解される可能性が高いですね。

◎質問者からの返答

特許ではない話です!

単なる、既知の(もしくは新規の)、誰の特許にもかからない、物です、物。


4 ● jo_30
●33ポイント

一番の回答にあるとおり、それが「特許法で保護されている遺伝子」などであれば、発明者の「実施権」に抵触しますので、違法です。

3条 この法律で発明について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。

一 物(プログラム等を含む。以下同じ。)の発明にあつては、その物の生産、使用、譲渡等…(以下略)

(特許法)

生産、もしくは生産の申し出をしただけで「実施」権の侵害にあたりますので、これは違法です。訴えられれば確実に負けます。


つまり、遺伝子自体が未知か既知かというよりこれはその遺伝子が「特許法で保護されているか否か」という問題です。具体的に言えばA氏がその登録申請をしているか否かですね。特許として登録してあるものであれば、たとえば口約束で「これあげるよ」と言われたところで、勝手に「生産」すれば訴えられることはあり得ます。書面で生産に関する契約をする必要があるでしょう。逆に、登録がなされていないものであれば(たとえば未登録・新発見の遺伝子を、「あげるよ」と言われて貰った、それを勝手に増やして人にあげた場合)、「もらったものをどうしようが勝手」ですから訴えられる謂われはありません。まあ法律的にはともかく人間的にそれはどうなのよとは思いますが、その場合法律的には「あげる、って言う方もどうなのよ」ってことなんでしょうね。


ちなみに、この質問が一見ややこしく思えるのは、遺伝子が物であると同時に「情報」でもある、という点があるからだと思います。これが純粋な「情報」(たとえば『著作物』)であり「著作権法」の規定を受けるものである場合には、そもそも著作物についてはその「コピー(複製物)」という物自体を譲渡することはできても、著作物そのものの権利(つまりアイデアとか内容そのものやそれに関わる権利)は『譲渡できない』と解されているので、「あげるよ」と言われてもそれはその物(コピー)自体にしか及ばない…つまりそこから更にコピーを製造したり、ましてそれ(新たなコピー)をさらに「他人に譲渡」することは権利侵害という風に考えられるわけです。たとえばデビューしていないバンドのテープを貰ったとして、「勝手にそれを他の人に複製」したり、まして「コピーして店先に並べて売った」などした場合、明らかにそれは著作権法に違反するわけです。これを考えると、遺伝子におけるA氏の権利も一見守られるべきだというように感じられるわけですが、残念ながら遺伝子に関してはかかる著作権法の保護が及ばないので、無理です。(知財所有権に関して言うと、著作権法が保護する対象としているのは『表現』です。遺伝子は同じ知財所有権を規定する法でも、特許法が対象とする『自然法則を利用した技術的思想』に該当します。)


では純粋な「情報」…たとえばこれが「プログラム」であればどうなのか、ということについて参考になりそうな興味深い論文がありましたので、お示しします。この論文では、たとえばそれが「プログラム」ならば、特許法的にはセーフに見えてもこういった行為は著作権法をあてはめてアウトと考えるべきであろうという結論を出しています。

◎質問者からの返答

ああ、これは特許は無関係と思って下さい。

特許は無関係ならば、何も契約して無い自体で、訴えること自体無理なわけですか。

「暗黙の了解」とか、

「以前にもらった時はきちんと駄目押しされたが、今回は特に何も言われなかった

(相手は今回も前回と同じ意図で渡した。ただ改めて口契約さえもしなかった)」

ってやつだったとしてもダメですか?

この質問は、特許法とかよりは、民法とか、よく知らないけど、法律的にはどうなるのかな?と思っての質問です。

前にも書いたけど、特許は全然関係無いとして下さい。


5 ● なぽりん
●11ポイント

発明を損得でカウントするときに特許制度を通すのは必須です。

Aさんが怒ったということは、特許化か、少なくとも論文化して自分の業績に役立てたかったのでしょう。

B,Cさんが最初からAさんに対して敵対的な立場だと知られているようなら当然怒るでしょうし、そうでなくても自分が最初にやったことだという認識があるテリトリーについて勝手に他人を立ち入らせたと思えば怒るでしょうね。

新規・既知はそれこそ、A氏の特許・論文化の進行具合にかかります。

新規なら特許にも論文にもする途中だったのかもしれませんから、損害賠償レベルの話です(身内の学生なら、教授の指導もよくなかったということでそこまで要求されないでしょうが、知的財産権概論の受講を強制されるくらいは仕方ないですね)。

既知なら市販で売ってるものを手間をはぶくだけのためにあげたのだといえばいいのです。その際、今回のミソ(製造方法の特徴など)については秘密になるよう手がかりも消してわたしておきましたーといえば100点ですね。

◎質問者からの返答

Aさんが怒る状況で、研究上で最も多いのは、

特許は取らないまでも(もしくは公知の遺伝情報を基にしたベクターであっても構築は容易ではないため)、

競合相手や、潜在的競合相手に出回るのを恐れての場合が最も多いと思います。

(これが企業の場合は、特許化とかも多いとは思いますが)

そして、損害賠償レベルの話、というのは特に前契約の無い場合でも、不法行為として訴えられ得るということなのでしょうか?

僕は法律家じゃないので、民法とか全然詳しくないのですが、

1. 悪意や重過失があれば不法行為になる?

それとも、

2. 前契約が無かったら、悪意や重過失があっても不法行為にならない?

それとも、

3. 過失・悪意に関係無しに、前契約無しでは訴えられえない??

NAPORINさんの意見は2ってことで書いてるわけですよね?

そして、NAPORINさんの流れだと、

新規では損害を与えたとみなされても、既知では損害を与えたとはみなされない、

ということでしょうか?

遺伝情報の入ったプラスミドというのは、その配列情報は公知であったとしても、特許で言うところの容易に想達…いや想達は出来るだろうけど、容易に実現出来るようなものじゃないことがままあるわけです。製造方法の特徴というよりは、特許にはならない(再現性の無い)勘とか熟練とか運の世界ですかね。

ただ、CDとかと同じように、一旦プラスミドに入れた遺伝情報というのはプラスミドごとコピーするのはすごく簡単なわけです。

だから、研究者の気持ちとしては、

ライバル研究者が競争で一気に進んじゃうのが嫌なわけで、

(おまけに、別段契約が無く、損害賠償できないということはそこに過失も不正も無いとなると、

その配布された人は、そこからまた自由に配布できてしまう!)

恐ろしく困ったことになりえるわけですよ。

だからこそ、契約を結ぶべきではあるんですが、

ついうっかり、

(例えば、前は受け渡し前に契約をしたが、今回はわざわざそんなことをするのを忘れてた…あくまで研究者なので契約第一には考えてないので…)

契約等の取り決めをせずに、渡してしまって、他人にコピーを配布されてから分かった場合は、どうなるのか?と思って聞いたわけです。

と、詳しく書いてみましたが、

本当は、自分では、1さんのように、

この場合は、既知でも未知でも、訴えられることは無いんじゃないのかな?

(逆に訴えられ得るとしたら、既知でも未知でも訴えられ得るんじゃないのかな?)

と思ってしてみました。

もうちょっと募集しますので、

今までのやり取りの流れの上での回答達を募集します。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ