人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

mixiやgreeなどのSNS内で個人間のトラブルが発生し、一方がもう一方に誹謗中傷のメールを執拗に送りつけ、精神的苦痛を負わせたとして何らかの処置が行われたという具体的な事例を紹介してください。
このようなケースで運営会社から仲裁が行われた、アカウント停止などの処置がなされた、訴訟へ発展した、など程度によりどのような処置がされているのかを知りたいです。

●質問者: namara893
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:gree mixi SNS アカウント トラブル
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina

エイベックス社長さんのお話は有名ですね


http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/h-yamazaki/eid/194971/

http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/h-yamazaki/eid/194441/

◎質問者からの返答

回答拝見しました。ありがとうございます。

が、質問の内容と中身が異なるようです。


2 ● Baku7770

WEBのツボ SOHOのツボ メールマガジン

PowerPoint ?v???[???e?[?V???? - ?v???o?C?_??C?@???@?????T??

http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/yubikita...

プロバイダ責任法(私はこちらの方を使っていますが、法の精神から鑑みてここにあるようにプロバイダ責任制限法の方がいいですね)制定前と制定後で違います。

私も法の制定直前に某県警に呼ばれて間もなくプロバイダ責任法を制定したいのでと意見を求められました。他のプロバイダの方々が仰ったのは、面倒臭いという意見が殆どを占めていたと記憶しています。実際に訴訟となるともっと面倒臭いのに。

どちらにしろ、仲裁なんてことはプロバイダは絶対行いません。アカウントを削除するか、IPアドレスなどを公開して本人同士で決着をつけさせるかのいずれかです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

できましたら最終行の詳細について根拠を知りたいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ