人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゆとり教育では「新しい学力」とか「生きる力」なるものが提唱されましたが、その実現のためにどのような努力がなされたのかと、成果を具体的に検証したデータを探しています。
「学力低下」のデータを探しているのではないことにご注意下さい。

●質問者: blanc_dans_noir
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ゆとり教育 データ 努力 学力 学力低下
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hamster009
●27ポイント

バカに教育行政をまかせてはだめだ。

http://www.ahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

質問をきちんと読んだ上で主旨に沿った回答をお願いします。


2 ● aiaina
●27ポイント

http://www.7hj.jp/yutori/

具体的には、皆様もご存知の「学校5日制」の完全導入や「総合的な学習の時間」の導入などが行われました

と出ています

◎質問者からの返答

ありがとうございます。質問後半の、「新しい学力」や「生きる力」の向上を具体的に検証したデータ(「新しい学力」テストのようなもの)は無いでしょうか?


3 ● sokyo
●26ポイント

こんばんは。

http://www.pref.gunma.jp/kyoi/05/ikiru17/top.htm

難しいですね。

やや抽象的ですが、ここのページはいかがでしょうか?

「生きる力」を育むための方策が大体分かるかと思います。

Google「生きる力 年 向上」をキーワードに検索しました。

このキーワードでほかにもいくつか役に立ちそうなページが見つかります。

http://www.nier.go.jp/homepage/kyoutsuu/kyoutsu2/kiyou132-045.pd...

「生きる力」はその性質上、成果が目に見えにくいものかと思います。

そこでその中でも特に数字に表しやすそうな、メディアリテラシーに照準を当て、

Google「生きる力 年 向上 データ メディアリテラシー」を

キーワードに検索し、上記のページ(pdfです)を見つけました。

実験群と統制群との比較で、成果を洗い出そうとする試みです。

例えば「生きる力」には思いやりが例としてあげられます。

ですが、ゆとり教育のもとでコドモの思いやりが向上した、

なんてデータが出てきたら、それはかなり眉唾ものだと思います。

このように、「生きる力」は結果が第三者の目に見えにくいものだと思っています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>、「生きる力」は結果が第三者の目に見えにくいもの

同感です。

目標到達度を測る具体的な指標が設定しにくい

→どう指導したらいいのか分からない

→結局単なる手抜き教育に・・・

というのがゆとり教育の問題点ではないかと考えています。

眼に見える数字だけ追いかけるのも考えものだとは思いますが、難しいですね・・・

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ