人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

バイオや、化学の生産で、セル生産的に小さな装置で、生産し、大規模にするのは並列で複数設置するだけというのは、なんというのでしょうか? 超小型なマイクロリアクターなどはあるのですが、実験室レベルでやっているのをちょっとまとめてというのレベル(卓上型か?)というのはあまり聞きません。
少し詳しくは、http://zanjibar.cocolog-nifty.com/fine/2006/05/post_ea02.html
に書いています。
バイオもしくは化学での関連情報あったらお願いします。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:アクター セル バイオ マイクロ レベル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sunafukinkin
●35ポイント

http://www.screen.co.jp/press/NR041028.pdf

URLはPDFです。大日本スクリーンが作っているそうです。

でも、まだまだお手製の装置で使い勝手を模索している段階では

ないかと思われます。

◎質問者からの返答

お手製のちょっとよいからくり的なのがあって、少しまとめれば、大量生産にもなるようなのがあるといいなと思うのですが、ないんでしょうかね。分野しぼればありそうな気がします。


2 ● sunafukinkin
●35ポイント

マイクロリアクターで有名なのはCPC社とIMM社です。

CPCのcytosはスケール的にも使いやすそうです。

ただ、気軽に買えるような値段ではないので手が出にくいかもしれません。

構造は簡単にいうとマイクロ流路(キャピラリーなど)にポンプをつないで

流路を恒温に保てばいいので、HPLCのシステムがあれば何とかなりそうですね。

複数のポンプでT字の混合ユニットを介して送液できる仕組みをつくれば

良いのではないでしょうか。

http://www.cpc-net.com/cytosms.shtml

http://www.eurotec.co.jp/008imm/008imm.htm

◎質問者からの返答

>気軽に買えるような値段ではないので手が出にくいかもしれません。

気軽に買えて、そこそこつかえるのがいいですねえ。

ちょっと点数あげましたので、またいいのがあったらお教えください。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ