人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本語のビジネスレターについての質問です。
A社とB社が合併して、C社になりました。そのC社に対する手紙でA社を登場させる時に、「貴社の前身であるA社が」っていう言い方をしようかとも思うのですが、ここで迷うのが、?「貴社の前身」と言ってしまってよいのか??「A社様」という言い方をすべきなのか(会社名に「様」をつけるべきか)がよくわかりません。教えて下さい。

●質問者: draftand
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:ビジネス 会社 合併 手紙 日本語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●35ポイント

一般的に会社に「様」をつけるという表現は見かけませんし、合併の経緯うんぬん…という背景もあるのかもしれないので、ここはすっきり「(御社の前身に当たる)A社(現C社)が…」でよいと思います。

http://www.jusnet.co.jp/business/


2 ● rosaryn
●35ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200604/2006040400079.htm

2は上記のように「様」はおかしいですね。A社が〜でOKです

1は特に問題なとは思いますが「御社の前身にあたるA社」「合併前のA社」でもいいと思いますので好みを選ばれたらいいかと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ