人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

GW中に東名高速を走っているときにとても気になったことがあります。
石灰のような白い粉が路肩に落ちているのです。
コップかバケツで無造作にばら撒いたような感じで、1キロ以内にひとつはみたような気がします。
アレがなんだかわかる方いますか?

上り車線、下り車線の両方で見ました。

●質問者: dakyo-an
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:GW ひとつ キロ バケツ 東名高速
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●15ポイント

場所がわからないので何ともいえないのですが、除雪剤(塩化カルシウム)ではないのでしょうか?でも、この季節に雪なんて…

見当外れならすいません。

http://www32.ocn.ne.jp/~syura/yuki/yukidoke2.htm

◎質問者からの返答

雪はなかったので違うかもしれませんが、このようなものがあるのですね。


2 ● keii-i
●15ポイント

この時期、凍結防止剤がまかれているとは考え難いので

オイル吸収剤ではないでしょうか?

http://www.osumi.or.jp/filton/culeston/a-8.htm


部分的に、ところどころにあったのだとしたら、GW中には各地で自動車事故

が頻発したらしいので、そのためだと思われます。

◎質問者からの返答

確かに私が走行中も前方で事故があったようですね。4台の玉突き事故が…ニュースになっていないので、けが人はいなかったのでしょう。渋滞にはなりましたが…


3 ● aoun
●15ポイント

事業内容:道路の管理:東日本高速道路株式会社

”車が衝突した際に割れたフロントガラス等が粉のように散らばっている”、または、”散らばっているものが光の反射で白っぽく見えた”のではないでしょうか?

私もしばしば、事故直後の現場では、まるで白い粉のようなガラス粉を見たように思います。

この時期、高速道路の事故では、水で流すとか、箒で掃くとか、綿密にまでは清掃できなかったものが残っていた可能性があると思います。渋滞回避ですね。高速道は管理者がいて監視も行われていますので。


大きめのガラス片がタイヤに食い込むのも何ですから、飽く迄も暇な時に気が向いたら、ですが、一度タイヤを目視簡略点検しておいた方が良いかもしれませんね。

◎質問者からの返答

渋滞中、助手席から間近でみたのですが粉でした。

うーん、写真を取れればよかったのですが、その余裕はさすがになかったので残念です。

あ、あと、その粉は踏んでいません。

路肩走行はしていませんから(笑)


4 ● kzbeatz
●15ポイント

http://www2j.biglobe.ne.jp/~ebato/koshutonbun.html

発炎筒の燃えカスなのではないかと思いますよ

◎質問者からの返答

おお、粉の落ち方としては近かったです!!


5 ● palmyeti
●15ポイント

http://www.naspa.or.jp/5hatuentou.htm

白い灰の大きさが、180ccの缶コーヒーよりも小さいものであれば、発煙筒の燃えかすではないでしょうか?

高速道路上で、発煙筒を焚く場合として、下記のものが考えられると思います。

・前方に渋滞がある時(事故、自然)

・スピード違反等で、パトーカーが後続車に知らせる時。

など。

◎質問者からの返答

中には缶コーヒーより大きいものもありました。数十回はみましたが、中にはバケツをひっくりかえしたようなものもありました。

発炎筒説、くずれる?


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ