人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

みなさんは人生の決断をどのようなポイントで下していますか?誰か決断の仕方を教えてください。私はほんとに優柔不断で、なかなか決断を下せなくって困っています。今は転職すべきかどうか本当に迷ってます。私は34歳の独身女性、外資系で経済担当の日本語記者をしているのですが、外資系で働くことにもう限界を感じています。ほんとは日系のマスコミで記者をしたいんです。でも、なかなか日系の会社には受からない。その代わり、職種が微妙に違う(IRコンサルタント)会社からのお誘いを受けているんです。お給料は同じくらい。記者の仕事は続けたいけれど、年齢的なことも考えると、転職はもう今しかないか、と。人生の決断が下せないんです。皆さんはどんなポイントで人生の決断を下してますか?

●質問者: robertcapa
●カテゴリ:就職・転職 人生相談
✍キーワード:IR コンサルタント ポイント マスコミ 人生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 33/33件

▽最新の回答へ

1 ● newradio
●12ポイント

今の生活や仕事が楽しいかということが大事だと思います。

もし満足できていなければ何かを変えなくては変わらないと思います。

現在の状況というのは少なくともここ2.3年の生活の結果だと思います。そして今の生活をどう送るか今どんな決断をするかによって2.3年後自分自身が満足してるかが決まってくると思います。

転職した時、しなかった時の自分を想像してみることで正直な答えが出でくると思います。

僕も優柔不断なんですけど、何か決断を下すときは損得や仮定の想定を考えるより自分が何をしたいか、どうありたいかを考えて、好きなことと楽しいことを優先しています。

人生を振り返ったときに、お金のために大変な仕事をしていて、好きなことができなかったなんていやですもんね。

年齢のことで決断を焦らなくていいと思います。これからはいろいろな働き方ができるように社会が変わってくると思います。迷いがなくなったときに決断すればいいと思います。

◎質問者からの返答

顔も知らない他人なのに、こんなに親身になって回答してくださって本当にありがとうございました。夜も寝られないほど悩んでいて、ここしばらくうつ病で会社を休んでいました。一言一言に救われる思いです。夜遅くにもかかわらず、すぐ返事してくださいまして、本当に感謝しています。深くお礼申し上げます。初めて質問したので、緊張したのですが、こうしてアドバイスいただけて助かります。


2 ● ayaka0808
●12ポイント

自分は20歳で結婚していますが、子供が産まれるというのに椎間板ヘルニアになり今まで勤めていた会社をやめました。判断と言えるかどうかわかりませんが、自分が何をしたいかと転職して人生が楽しめるかだと思います。子供みたいな考えかもしれませんが仕事の中でも遊びでも楽しめる環境であればいいと思います。

◎質問者からの返答

ずいぶん早く結婚されたんですね。それだけでもうらやましいです。私も「あのとき結婚を決意していたら…」と思う別れをこれまで経験してきただけに、別れの代償として仕事くらいは満足したいという強い思いがずっとあって、なかなかそれが実現できずに悶々としています。転職先で人生が楽しめるかどうかは入社してみないと本当に分かりませんが、ayaka0808さんのおっしゃる通りだと思います。記者は続けたいけど、もう少し考えてみて、アドバイスを参考にさせていただきたいと思います。遅くにご回答本当にありがとうございます。心からお礼申し上げます。


3 ● TomCat
●12ポイント

私なら、

  1. この先の自分の人生にとって
  2. 何が喜びであるかを考え、
  3. 得られた答えが最善であると確信する時

に決断します。

  1. 見つめるのは「今」でもなく、「今まで」でもなく、
    あくまで「未来」、「将来」。
  2. 価値基準は賃金でも待遇でも仕事の内容でもなく、
    あくまで「喜び」や「やり甲斐」。
  3. 得るべきは「ベター」な答えではなく「ベスト」な答え。

ということです。

特に「ベストな答え」というのは大切です。

ベター程度の判断なら、たいていの場合、

現状維持が安全だと思います。

さて、これをご質問の内容に当てはめて考えてみます。

まず、今の仕事に限界を感じているのなら、

それを「今」というスポット的な捉え方ではなく、

向こう5年くらいに拡大して考えてみるといいのではないかと思います。

5年先に、「今」を乗り越えて楽しく働いている自分が見える気がするのなら、

記者という仕事に就けていることを大切にすべきかもしれません。

5年先の自分が見えてこないのなら、それは辞め時でしょう。

これで「決断ポイント1」です。

さて、仕事の喜びについて考えてみます。

やっぱり記者という仕事が好きだ、

今の困難な部分がみんななくなるとしたら私はここにとどまりたい、

と考えるなら、まず仕事をこなす土台の「職場作り」から

関わっていくことを考慮すべきかもしれません。

しかし、無理をして単一の職種にこだわる必要はない、

と考えられるなら、これで「決断ポイント2」です。

最後に、決断ポイントが2貯まったとして、

その決断に打算は無いか、

新しい仕事に過剰な思い込みの期待がないか、

といったことをよく考えて、

さらに転職後の自分の5年後の姿を想像して

生き生きとしている姿が目に浮かんでくるかどうか。

そこを、第三者的に客観的に見つめてみましょう。

冷静に、冷静に。

そこで、仮にこれがもし他人の相談だったとするならば、

私は自信を持って決断を勧めるよ、と思えるなら、

それがおそらく最善の判断でしょう。

自分のことになってしまうと、どうしても石橋を叩いてしまう。

叩いて叩いて、崩れるまで無理矢理叩いてしまう。

たいてい、人ってそういうものです。

「もしこれが他人の相談であったなら」。

そう考えていくことで、単なる観念的な恐れに過ぎない部分は

取り除いて考えていくことが可能になります。

ここまで考えて、転職が最善と結論づけられるのなら、

もうボーナス点付き決断ポイント10。

パーッと決めちゃっていいと思いますよ。

5年後の輝く自分が予感できるのなら、

それに賭けてみるのが吉だと思います。

転職するにせよ、今の仕事にとどまるにせよ、

今後のご健闘をお祈りしています o(^-^)o゙

◎質問者からの返答

すごい。ここまで順を追って丁寧にご回答下さって、本当にありがとうございます。「5年後の自分を想像してみる」など数々の決断のヒント、参考にして自分に当てはめてみますね。IRコンサルタントという仕事がどんなものなのかが正直分からず、現役の方にお伺いしたのですが、やっぱりこれっていう感触はやってみないとなんともいえない。あとはもう直感みたいなところに頼ることになるのかもしれませんね。ありがとうございます。


4 ● よたか
●12ポイント

どんなポイントで決定するのかという質問なので、自分の事として書きます。

どうも悩んで出した結果はいまいちよくない事がおおいので、直感で決定している事が多いです。結婚も、会社も、転職も、起業も、雇用も直感でした。

でも、決定すべきときはいつもそれとなくヒントがあるような気もします。

ちょっとダークな仕事を引き受けようかどうしようか考えてるときに、「ズルしないで」とゲーム中に娘にいわれて断る事にしたり、仕事のアイデアに詰まっているときに何気にテレビにヒントがあったり、そんなことが意外とおおいなぁ。

まぁまぁ仕事している分は返ってきている感じなので間違ってはないと思います。


あと、困難に出会ったら「乗り越えられない困難は与えられない」と自分に言い聞かせるのもコツかも知れません…。

◎質問者からの返答

私も直感で決められることもあるのですが、今回に限ってはどうしても踏ん切りがつかない…。決定すべきときのヒントも、結局は自分で見つけなくてはいけないということも重々分かっているのですが。

今、フジテレビの月9ドラマ「トップキャスター」がやっていて、私はテレビのキャスターではないですが、同じニュースを扱う人間としてついつい見てしまっています。何か決断のヒントにならないかな、と思っているのですが…。主人公である天海祐希さんの姿やセリフに初心を思い出したりして、涙を流すこともあるのですが、一方で「所詮ドラマだろ。現実はそううまくはいかないんだ」という斜に構えた見方もしてしまって…。


5 ● YukiKam
●12ポイント

「別れの代償として仕事くらいは・・・」

という一文を拝見しました。自分も人生の決断として、お付き合いしていた方と家庭の事情での別れをした事があり、本当に辛い経験でした。でも後悔はしていません。その相手の方ならきっと自分以上の人を見つけて自分と一緒に過ごす以上に幸せになってくれるだろう・・・と思っての自らの決断でした。

robertcapaさんご自身にとって、本当に大切な物は何かという事をしっかり見つめて決断をされれば、後々に後悔のない答えを出せるのではないかと思います。

ご健闘をお祈りします。

◎質問者からの返答

暖かいお言葉、ありがとうございます。自分を幸せにしてくれるのは「仕事」ではなく「人」なんだ、ということを私は別れを経て、実感しています。今度、どちらかを選ぶことがあれば、絶対人を選ぶと思っています。ただ、まだそういう人にめぐり合っておらず、生活するために仕事をしていかなければならない今は、どうせするならやりたいことをしたいと思っているんです。好きな仕事をベストな環境でできている人なんてそうそうおらず、ほとんどの人が我慢しながらなんらかの悩みを抱えながら、生活のために仕事しているのは分かっていますが、こればっかりは他人がどうだということではなく、自分で最終的には結論を出さなければならない。だから、こうして悩めること自体もありがたいと思って真摯な気持ちで答えを出したいと思っています。


1-5件表示/33件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ